• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 外構・造園

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、テラスやバルコニーに設置し、家にいる時間を楽しむアウトドア空間や、快適な洗濯物干し空間として利用できる囲い商品『ソラリア』の納まりバリエーションを拡充した。
高い基本性能・省施工に加え、現場対応力を強化することでさまざまなニーズに対応する。
 

 
■概要
より充実した窓辺の囲い空間とするために、新築・リフォーム両方に対応する囲い商品『ソラリア』は、新たな専用部材を設定し、さまざまな納まり・設置方法に対応する。
テラス囲いでは、独立施工の新規追加により、住宅に負担をかけない設置が可能になる。
また、タイル仕上げにも対応可能な高土間納まりを追加する。
バルコニー囲いでは、さまざまなバルコニー形状や使い勝手に対応できるよう、3種類の納まりバリエーションを追加。
囲い商品『ソラリア』の特長である、雨や風に対する水密へのこだわり、省施工性はそのままに、庭やバルコニーでの豊かな生活空間の提案をさらに強化していく。
 
 
 
■特長
・『ソラリア』テラス囲い 独立(※1
テラス囲いは、住宅外壁に設置する商品のため、住宅に負担をかけるのではないか、施工後に漏水してしまうのではないかという不安の声があった。そこで、住宅に荷重を伝えない独自のフレーム構造(日本特許出願中)を採用し、独立でのテラス囲いの設置を可能にした。
躯体下地位置が分からない場合でも設置ができ、さらに外壁漏水リスクも抑えることで、施工技能者の取り付けに対する不安も払拭する。
 
1)住宅に負担をかけない構造
テラス囲い本体を自立した柱と桁のフレームに取り付け、住宅に荷重を伝えない。
 
2)住宅基礎との干渉に配慮した構造
柱(独立用)を、住宅基礎との干渉回避に配慮した位置に配置している。また、必要柱かぶり厚を確保した安心設計である。
 
3)雨仕舞に配慮した構造
上面と側面のカバー材(※2)は、柱と桁を分離するなどさまざまな工夫を施し、囲い内部への雨水浸入リスクを低減する。長く安心して使用できる仕様である。
 
 
・「ソラリア」テラス囲い高土間
専用見切り材により、テラス内外をまたぐことなく、囲い内を立ち上げる納まりが可能になった。
段差のある納まりにより囲い内外の出入りがスムーズ。テラス囲いを取り付ける際に土間も同時に施工する新設土間向けと、後からテラス囲いを取り付ける既設土間向けのどちらにも対応可能。
また、タイル仕上げもできるため、ワンランク上のアウトドアリビング空間の提案が可能である。
 
・「ソラリア」バルコニー囲い躯体式 分割囲い・部分囲い・壁面奥行き違い(※3)
都市部の狭小地では、2階に洗濯物干し場としてバルコニーを設置しているケースが多く、2階バルコニー空間を有効活用できる納まりバリエーションを充実させ、提案力を強化する。
また、「ソラリア」バルコニー囲いには、YKK AP独自の風を採り込めるエアールーバーを標準設定している。
囲い内部の空気を循環させることにより、洗濯物が乾きやすく、結露もしにくい環境を作る。
換気はしながらも、雨水や虫が入りにくい構造にしており、取り外し可能で掃除のできる網戸も標準設定となっている。
 

※1 テラス囲い木調ガーデンルームタイプには対応できない。
※2 カバー材は偏芯プラグによる外壁内部までの固定となり、防水層までは到達しない。
※3 分割囲い・部分囲いはバルコニー囲い躯体式TypeIのみの対応となる。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社フルタイムシステム(本社:東京都千代田区 代表:原 幸一郎)は、UV-LEDライトを活用した宅配ボックスのオプションユニット「フルタイムクリーン」を業界で初めてマンション用に開発した。
ボックス内にUV-LEDライトをつけることで、他の利用者が使用した後でも安心感が得られるという。
 

 
■概要
新型コロナウイルス禍の中、マンションでの共用部分に対する「接触感染」に関する不安の声が挙がっている。
そのような状況を背景に、UV-LEDライトを活用した宅配ボックスのオプションユニット「フルタイムクリーン」を開発した。
マンション向け宅配ボックス(フルタイムロッカー)のオプションとして提供する。
 
■問い合わせ先
株式会社フルタイムシステム
https://www.fts.co.jp/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、ブロック塀からフェンスへの置換が注目される中、アルミ製フェンスの主力商品である「ルシアス」「シンプレオ」シリーズの自立建て用スクリーンフェンスやブロック建て用フェンスに、高さと目隠し機能を確保したサイズやデザイン・カラーのバリエーションを拡充し、発売した。
 

 
■概要
目隠しフェンスには、敷地条件や建物に合わせた高さや施工方法に加え、建物や他のアイテムとのデザインコーディネイトが求められる。
また、地震でブロック塀が倒壊した事例により、ブロック塀からフェンスへの置換や、安心・安全な設置方法も注目されている。
このような状況を受けてYKK APでは、高さを確保しながらも軽量なアルミ製高尺フェンスに新デザインを拡充する。
まず、地面(地中に設ける独立基礎)に柱を建てる自立建て用スクリーンフェンスに「シンプレオ」シリーズを新たに設定し、目隠しに効果的な横基調タイプ2デザインを追加。
「ルシアス」シリーズと合わせて全9デザインから選択できる。
施工面でも偏心基礎部品を新たに設定。
隣地や境界線に近い位置にフェンスを設置する場合でも、柱を基礎端部に偏心して建てることができるため敷地を有効に活用できる。
一方、ブロックの上に建てる高尺フェンスでは、木目調が人気の「ルシアス フェンス」とコストパフォーマンスに優れた「シンプレオ フェンス」に高さ1400mm、1600mm対応デザインを追加。
コンクリートブロックを高く積みあげることなく高さを確保できる。
  
■特長
1.自立建て用スクリーンフェンス
・横基調目隠しタイプを2デザイン追加、カラー拡充
「ルシアス」シリーズのみの展開としていたスクリーンフェンスを「シンプレオ」シリーズにも設定。
目隠しと通気を兼ね備えたルーバーデザインや、製品色も5色から選択可能。
また「ルシアス」シリーズでは、これまで「ステン色×木調色」のみの展開だったが、「ブラック色×木調色」の色を追加した。
 
・土地の有効活用に寄与する偏芯基礎部品を設定
従来、独立基礎の中心に支柱を建てるため、隣地との境界線からセットバックした形でフェンスを設置しなければならない。
そこで、支柱を基礎端部から最小85mmの位置まで偏芯して建てられる独自の偏芯基礎部材を、「スクリーンフェンス」シリーズに新たに設定した。
 

2.ブロック建て用高尺フェンス
・「ブロック2段積み+高さ1400mm、1600mmフェンス」で高さを確保して目隠し
フェンス単独で高尺のサイズを設定することで、コンクリートブロック積みを最小としながら目隠しが可能となった。
高さ1400mm、1600mm設定はこれまで2デザインでしたが、3デザインを追加した。
フェンスを上下に重ねて施工する多段施工に比べて、中間部の胴縁分割ラインが入らないためデザイン性が向上し、施工面においても複数のフェンスを固定する工程が減り施工時間の短縮につながった。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、高い耐風圧性能と、フラットですっきりとした意匠、そして高品質な施工を実現した次世代カーポート『エフルージュ FIRSTファースト』シリーズを発売した。
 

 
■概要
近年、住宅の外観は、水平・垂直ラインで構成されたキュービックなデザインが多く、カーポートもフラットな屋根で構成されたデザインが拡大傾向にある。
そこで、カーポート「エフルージュ」の柱を両側に配置したタイプについて、『エフルージュ FIRST』として付加価値をさらに高め、リニューアル投入。
すっきりとした意匠で「建物と外構のトータルコーディネイト」を促進。
耐風圧強度(自社基準)は、風速42m/秒を設定し※1、幅広い地域で安心して使える基本性能を備えた。
また、施工面では、シーリングレス技術導入などにより省施工・施工時間短縮と完成品質の向上を目指した仕様とし、職人不足にも配慮している。
 

■特長
・抜群の敷地対応力
①新サイズ幅30、36追加
フラットな意匠はそのままに、安心感がある両側支持タイプの1台駐車用の幅30(3013?)の「エフルージュ ワン FIRST」を新規設定。
また、「エフルージュツインFIRST」にコンパクトサイズの幅36(3608?)を設定し、さまざまな敷地に柔軟に対応する。
 
②横並列カバーによる並列駐車対応
床面積50m2以下のカーポートをおのおの独立して設置し、隣合う屋根部をカバーで覆う構造である。
今まで対応できなかった車4台以上の並列駐車提案が可能になった。
 
③偏芯基礎部品の対応、たて樋1本化
『エフルージュ FIRST』シリーズは、全商品が偏芯基礎部品に対応しており、柱のかぶり厚が低減され、敷地の有効活用が可能。
また、従来2本だったたて樋を大型化(Φ60)することで1本化し※2、排水計画を簡易化している。
 
 

■高い施工品質
①シーリングレス化の推進
既存商品は、止水性の確保のため、現地で部品にシーリングを実施していたが、「エフルージュ FIRST」シリーズは、部品にあらかじめ止水剤が塗布されており、枠にそのまま取り付けることで止水が可能である(日本特許出願中)。
この新技術を導入したことにより、ワン、ツイン、ツインプラス、トリプルのタイプは、現地でのシーリングが不要※3となり、施工技術に左右されず、高品質な施工が可能になった。
 
②屋根組立をさらに簡単に
屋根勾配を4°固定にすることで、垂木を取り付ける部品の点数が削減された。
また、母屋は、中空AT材を工場で取り付けて出荷するため、緩衝材の現地貼り付けが不要になった。
これらの技術により「エフルージュ ツインFIRST」の場合、施工時間が約70分(3割程度)削減された。※4
 
■意匠性を極めたオプション
柱梁部を木調に彩る木調アタッチメント、夜間の車庫空間を華やかに演出するダウンライト、ポストや宅配ボックスと組み合わせ可能な機能柱は、取付ねじが目立たない構造とした。
また、木調アタッチメントとダウンライトは、連結部のキャップの幅を極力抑えることで、意匠性を向上させた。
 
※1:耐風圧強度の数値は目安であり商品保証値ではない。
「エフルージュ EX FIRST」「エフルージュ ツインEX FIRST」は風速38m/秒相当の設定。
※2:幅71、79 のたて樋は2本になる。
※3:本体のみの施工時になり、オプション、別売品は除く。
※4:サイズ51-54Hの基礎施工を除く自社施工時間試算による。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、照明・表札・インターホン・ポストなど門まわりに必要なアイテムを集約させた機能ポール『モデアⅡ』を発売した。
 

  
■概要
2006年に発売した従来品「モデア」の意匠性を見直し、近年の市場トレンドに合わせてデザインを刷新するとともに、従来の「照明内蔵タイプ」に加えて「照明なしタイプ」を設定した。
さらに、職人が1台ずつ手加工を施した特別カラー仕様も数量限定で発売する。
 
■特長
1.ノイズを抑えたシンプルなデザイン
従来品「モデア」の継ぎ目のない前面Rパネルはそのままに、ラインやドットポイントなどのアクセントを抑えたシンプルなデザインに刷新。モダンスタイルのオープン外構と美しく調和する。
   
2.ニーズに合わせて選べる2タイプ
本体は、従来の「明内蔵タイプ」に加え「照明なしタイプ」を設定。
本体に表札やインターホンなどの必要なアイテムを組み合わせることで、ニーズに合わせた外構スタイルを演出する。
 
3.「モデアⅡ」専用の「き文字表札」
ノイズレスにこだわった「モデアⅡ」専用の「抜き文字表札」をラインアップ。
照明部に取り付けることで、点灯時に文字部分が優しく浮かび上がる。
 
4.HEMS(※1)インターホンを内蔵可能
HEMS対応インターホン「WQD872B」(パナソニック製)を「モデアⅡ」の本体内部に取り付けが可能。
幅広で独特なカメラ形状のインターホンをすっきりと納めることができる。
HEMS対応インターホンの内蔵が可能な機能ポールとしては、業界唯一となる。
 
※1. HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメントシステム)」の略。
家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム。家電や電気設備とつなぎ、電気やガスなどの使用量をモニター画面などでの「見える化」や家電機器の「自動制御」が可能。
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、ガーデンルーム「ハピーナ」をベースに、業界初の「腰壁ハイHタイプ」などを加えて進化した『ハピーナリラ』を発売する。
 

  
■概要
『ハピーナリラ』は近隣周辺の視線を気にせず、日中はもちろん日が暮れたナイトシーンまで、豊富なバリエーションにより、ユーザーの要望に合わせたリラックス空間を提案することが可能である。
 
■特長
1.「腰壁ハイHタイプ」で気になる視線をカット
・腰壁の高さを従来の「1000mm」から業界初の高さ「1500mm」をラインアップし、視線を気にしないプライベート空間を実現
  
2. 断熱材入り「天井材」でより快適な空間に
・業界として初めてガーデンルームに断熱パネル入りの「天井材」をラインアップし、夏の暑さを抑えてより快適空間を実現
  
3.ナイトシーンを演出する各種「照明」をラインアップ
・日が暮れてからもリラックス空間を楽しめるよう、腰壁ハイH用ライン照明など各種「照明」をオプションでラインアップ
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、屋根部分にトラス構造(※1)を採用したカーポートとなった「M.シェード(※2)」を進化させた『M.シェードⅡ』を発売した。
 

 
■特長
1.トラス屋根の魅力を最大限に生かす新構造「上吊りタイプ(※3)」発売 <上吊り>
・屋根下のフレームレスにより、トラス屋根の美しさを最大限に引き出し、大開口を実現
  
2.従来からの「梁置きタイプ(※4)」をよりスマートなデザインに <梁置き>
・より美しい空間を作り出すため、フレームのデザインや雨樋などディテールまで追求
  
3.最大間口12mでファサード全体をトラスの魅力でコーディネート <梁置き>
・最大間口10mから12mへの延長でプランニングの自由度向上&プレミアム空間の実現
  
4.こだわりのオプションによる美しさの追求 <上吊り・梁置き>
・より美しい空間を作り出すため、側面パネル(梁置きタイプ)やダウンライトなどを設定
 
 
 

※1.「トラス構造」:三角形を単位として繋ぎ合わせた骨組構造の一種。
※2.「M.シェード」:カーポートの屋根に3次元アルミプレートトラス構造(特許済)を用いることで、軽量かつ高強度でありながら個性的で美しいフォルムを実現。
※3.「上吊りタイプ」:フレーム上部から屋根を吊り下げるタイプの構造。
※4.「梁置きタイプ」:フレーム(梁)の上に屋根を置くタイプの構造。
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役代表執行役社長:瀬戸 欣哉)は、ガーデンルームの新商品として、スタイルに合わせて自由に使い方を変えられる『ガーデンルームGF』を、エクシオールブランドより2020年4月1日より発売する。
 

 
■概要
『ガーデンルームGF』は、エンドユーザーのライフスタイルや敷地条件に合わせ、手頃な価格で、好みの仕様へ自由にカスタマイズすることができる。
開口部は、オーソドックスな開閉の引き違い戸の「テラスサッシ」タイプ、開放感とともに庭との一体感を感じる「折戸」タイプ、足元が隠れる「腰壁+高窓」タイプなど豊富なラインアップから選べる。
また、カラーバリエーションとしてアルミ形材色(3色)と、木に近い素材感にこだわった木目調のラッピング色(4色)の計7色を用意し、多彩なコーディネートを楽しむことができる。
床材には、室内の床材とコーディネートできる人工木デッキ「樹ら楽ステージ」を用いることで、部屋とのつながりのある空間を演出する。
さらに、オプションとして、日差しのカットや目隠しに最適な外付日よけ「スタイルシェード」や、夜のくつろぎに最適なLED照明、洗濯物干しなどをそれぞれの暮らしに合わせて選べるほか、カウンターテーブルや収納棚の取り付けなど、DIYで自分好みのスペースへ自由にアレンジすることもできる。
施工面においても屋根構造や腰壁、開口部などの省施工化により、工期の短縮を実現している。
なお今回、LIXILのガーデンルームシリーズ「ジーマ」「暖蘭物語」「ココマ」にも、トレンドの新色を追加し、充実のカラーラインアップで好みのスタイルに合わせて選べる。
特に「ジーマ」では、マットな質感のディープグレー色を追加し、上質で落ち着いた雰囲気を演出する。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
www.lixil.com/jp

このページの先頭へ




株式会社コーユー(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:山本 剛司)は、防鳥ワイヤーシステム「ハトワイヤー」の新金具『ワンタッチスプリング』を発売した。
 

 

■概要
近年鳥の飛来による糞被害、鳴き声等の騒音被害は増加しておりさまざまなな対策方法がとられている。
中でも人目につきやすい場所や美観を考慮する場所では目立たないワイヤー式の鳥害対策商品が使用されている。
「ハトワイヤー」はステンレスワイヤーを2段張りにすることにより防鳥効果を高めながら美観と耐久性にも優れ、公共施設等で使用されてきた。
この度、従来のワイヤー設置作業に比べ作業時間の大幅な短縮を実現する『ワンタッチスプリング』を発売した。
 
■特長
1.面倒なカシメ作業が不要
ワイヤー式の鳩よけではワイヤーをスプリングにつなげる必要がある。従来はワイヤーの先端を丸い輪にするために、スリーブとかしめ用工具が必要不可欠だった。しかし、ワンタッチスプリングではこれらが一切不要となった。
 
2.ワイヤーを差し込むだけ。組付けがスピーディー
スプリングとワイヤーの組付けはワンタッチスプリングにワイヤーを差し込むだけで完了。
 
3.設置後もワイヤーのテンション調整が可能
従来のスリーブを使用した施工ではカシメ作業後のワイヤーテンション調整は不可能だった。ワンタッチスプリングでは施工後いつでもテンション調整が可能。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社コーユー
http://www.ko-yu.co.jp

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、カーポート「スカイリード」シリーズのラインアップを拡充し、強風や積雪に耐える強さを備えた『スカイリードZ』を発売した。
 

 
■概要
近年、集中豪雨や台風など自然災害の影響により、一般地域においても、風や雪に強い商品が求められている。
従来の積雪地域向けカーポートの屋根材には、強度と耐食性に優れたスチール折板等が多く用いられているが、『スカイリードZ』は、耐積雪・耐風圧のみならず、採光・デザイン性を備えたオール採光屋根パネル仕様として、一般地域から積雪地域まで、日本全国幅広いエリアでの提案が可能である。
 
■特長
1.強風や積雪に耐える強さを実現
強風時における屋根パネルの吹き上げや本体の揺れを抑える構造で、耐風圧強度V=46m/sを実現。
また、積雪量に応じて選べる、積雪50cm・100cm・150cm対応の3仕様を用意している。
 
2.明るくオープンな屋根
垂木と垂木の間に取り付ける中桟をなくし、耐衝撃強度が高く紫外線の低減に優れた透過性のある屋根パネルを採用。
空まで視界が広がるような明るくオープンなカースペースを実現する。
 
3.スタイリッシュな屋根デザイン
屋根枠はスマートな「スタンダードタイプ」と厚みを持たせ高級感のある「デラックスタイプ」から選べる。
また梁(フレーム)には凹凸を付けてデザイン性を高めている。
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード