• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 外構・造園

株式会社コーユー(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:山本 剛司)は、太陽光パネル鳥害対策フェンスシステム『バードブロッカー』の新金具『フック金具』を発売した。
 

 
■概要
近年一般家庭のソーラーパネルの普及により、屋根とソーラーパネルの間の隙間から鳥が侵入する被害が急増している。
鳥が侵入するとソーラーパネルの下に営巣して住みつき、フン害・騒音・パネルの故障・発電効率の低下につながる恐れがある。
『バードブロッカー』は専用取付金具を使用することで瓦屋根などの凹凸がある場所にもかんたんにフェンスを取り付けることができ、隙間からの鳥の侵入を防ぐ新しいフェンスシステムである。
フェンスは適度な硬さで、切ったり曲げたりの現場合わせが容易。
今回、従来の金具に比べフェンスの取付が簡単でスピーディ、低コストでの施工が実現できる『フック金具』を新しく発売する。
 

■特長
1.スピード施工でコストダウン
フェンスにフック金具を差し込み、フックを太陽光パネルのフレームに引っ掛けたら、ストッパーを押し込んでフェンスを固定するという簡単な施工。
従来と比べてスピーディでコストを抑えることが可能。
 
※太陽光パネルのフレームがコの字形状であればフック金具が使用可能。
 
2.あらゆる現場に対応
フック金具は、太陽光パネルがコの字形状であればどんな場所にも対応可能。フェンスに35〜39cmピッチで使用する。材質はオールステンレス製(SUS304)で耐久性も優れている。
 
3.太陽光パネルの保証を維持
一般的に太陽光パネルの部材に穴を開けるとメーカー保証の対象外になってしまう。バードブロッカーは穴を空けないため、太陽光パネルの保証を維持することができる。
※保証については各メーカーによって規定が異なる。必ず各規定を確認。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社コーユー
https://www.ko-yu.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏)は、手軽に設置できる後付け用宅配ボックス『COMBO-Light(コンボライト)』を10月21日より発売する。
 

 
■概要
『COMBO-Light』は独自の捺印機能などのコンボシリーズの基本的な特長はそのままで、低価格(※1)を実現した。
さらに、ユーザー自身で簡単に設置できる接着施工(※2)により、既築住宅への後付け設置が手軽に行える。
また、過去の実証実験では「荷物が大きくて入らなかった」「すでに荷物が入っていた」などの理由により、宅配ボックス設置後でも再配達が発生するという課題も判明した。
そうした課題を踏まえ、より大容量のラージタイプを新たにラインナップした。
また、本体を連結して使用できるため、外出中に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取りが可能である。
 
■特長
1.高い耐久性、独自の捺印機能などのコンボシリーズの特長を低価格(※1)で実現
素材の見直しなどにより、独自の捺印機能などのコンボシリーズの基本的な特長はそのままで、低価格(※1)を実現した。耐衝撃性と耐荷重性に優れるビールケースの構造を応用して開発した本体を、頑丈かつ耐候性に優れる樹脂で覆う2重構造で、高い耐久性を実現している。
さらに、6種のカラー展開で玄関の雰囲気に合わせて選択できる。
 
2.接着施工(※2)によりユーザー自身で簡単に取り付けが可能
従来のアンカーを打ち込む施工方法に加え、新たにユーザー自身で簡単に設置ができる接着施工(※2)を採用しており、既築住宅への後付け設置が手軽に行える。
電動工具を使用せずにしっかりと固定でき、盗難や強風などによる転倒を防ぐ。
 
3.より大きな荷物も受け取れるラージタイプと、2台繋げて使用できる本体連結機能
過去の実証実験では「荷物が大きくて入らなかった」「すでに荷物が入っていた」などの理由により、宅配ボックス設置後でも再配達が発生するという課題も判明した。
そうした課題を踏まえ、より大容量のラージタイプを新たに品ぞろえ。
また、本体を連結して使用できるため、外出中に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取りが可能。
 
 

※1:「COMBO-Light」ミドルタイプの希望小売価格において。戸建て住宅用宅配ボックス「COMBO」ミドルタイプ(希望小売価格:83,500円〜)と比較して。
 
※2:従来のアンカー施工も可能。接着施工、アンカー施工には別売りの据え置き施工用ベース(税抜き価格:9,500円)が必要。
 
 
 

■問い合わせ先
パナソニック株式会社
https://news.panasonic.com/jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉) は、デザインはもちろん、素材、製法、性能にこだわり、身近にある自然を感じながらゆったりとした上質なひと時をつくる『ガーデンファニチャー』を、エクシオールブランドより10月1日から全国で発売する。
 

 
■概要
ミラノサローネ等をはじめとする家具・インテリアの国際展示会でも人気となっているガーデンファニチャーは、近年、国内でもカフェやグランピング施設など非住宅を中心に採用が増加傾向にあり、日常を忘れ自然とつながる、ゆったりとした上質な時間を演出できる商品として注目を集めている。
今回発売する『ガーデンファニチャー』は、高品質な天然ラタンが豊富で、ラタン家具の製造にも定評あるインドネシアの職人技を現代に受け継ぎ、人工ラタンを新たな素材として、職人の手仕事により、一つ一つ丁寧に作り上げている。
高密度樹脂の人工ラタンは、見た目の素材感、美しさはもちろん、肌触り、クッション性など、高いクオリティを有している。
デザインは、日本の生活、日本の暮らしの感性を大切にし、ゆったりした設えに、ネイチャーカラーを中心とした、やさしい色合いの落ち着いたデザインを採用している。
リビングやダイニング、リゾートシーンなど、好みに合わせて選べる。
なお、商品に保護カバーを同梱しており、使わない時は保護カバーをかけて保管できる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、夏場の強く降り注ぐ日射を遮り、体感温度※1 を最大6℃下げて※2快適なテラスや室内空間をもたらす、オーニング『パラソリア』を2019年9月2日にリニューアル発売する。
 
パラソリア
 

■概要
従来商品からテント生地カラーを11色から38色に大幅に増やした。
また、Aタイプ(住宅用)とBタイプ(住宅・店舗用)をラインアップし、Aタイプは建物条件に合わせてユーザーが勾配角度を変更できる機能を追加することで、より効果的に日射を遮ることができるようになった。
 

■商品特長
 
●A・Bタイプ共通特長

・テント生地
従来商品でも設定していた「防汚テント」(11色)に加え、コットンのような風合いと鮮やかな発色によりデザイン性に優れた「ファブリック調テント」(8色)や、コストパフォーマンスに優れ防水性や耐候性の高い「ポリエステル製テント」(19色)の全38色をラインアップ。
オプションで、前枠に取り付けるフリルも4デザイン設定し、外観コーディネイトの幅が広がる。
 
・駆動方式
従来商品の手動と電動に、電動・手動併用式とリモコン式を加え、4種類から選べる。
 
・施工性
熟練工の高齢化などによる職人不足に配慮し、本体・前枠・アームを組み立てた状態で工場出荷。
現地での組立、調整が不要で、工程も3ステップにして省施工化を進めている。
 

●Aタイプ(住宅用)特長

・角度調整システム
通常の開閉操作に加え、日々変化する日射角度に対応して、勾配角度を15〜35°まで自由に変えることができ、日差しを効果的に遮る。
全駆動タイプに角度調整用回転リングが付いており、ユーザーが左右別々に回転させて任意の角度に調整ができる。
水平にするために前枠裏には、標準で水平器が付いているため、簡単に水平にすることが可能。
 

・ボックスデザイン
シャープさを出しながら柔らかな曲線で、幅広い住宅に合わせやすいデザイン。
 

・前枠の木目調対応可能
前枠部分は木調ラミネート4色を追加し全7色。
エクステリア商品共通の木調色のため、住宅全体をコーディネイト可能である。
 

●Bタイプ(住宅・店舗用)特長
幅(W):1,770〜7,530mm、出幅(D):1,159〜2,854 mmの大型サイズに対応可能なため、住宅にも店舗にも対応可能である。
 
 

※1:体感温度とは、人の肌が感じる温度の感覚を表したものである。
人は、気温だけでなく、湿度、風、日射や地表面の放射熱から影響を受け、「暑い」「涼しい」と感じる。
※2:一般社団法人日本オーニング協会、一般社団法人環境情報科学センター(暑熱試験2016/09より)
−6℃はオーニング効果の実証試験測定値であり、保証値ではない。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




フクビ化学工業株式会社(本社:福井県福井市、代表取締役社長:八木 誠一郎)は、バルコニー向けデッキとして、『プラスッドソライエデッキAS(接着工法)』を発売した。
 
プラスッドソライエデッキ
 
■概要
これまで住宅の外構空間用として販売してきたソライエデッキに、バルコニー向けの新仕様を追加した。
床材としてソライエデッキの床板をそのまま使用し、下地には3種類の高さ調整式の支持脚による防水下地に対応した接着工法とし、根太材として現場での加工性のよい「アルミ根太」などを使用する、施工性に配慮した工法となっている。
 
■特長
・支持脚の接着工法による施工で、バルコニー等の防水下地をビスなどで貫通せずに施工が可能。
・バルコニーの低床に対応。マルチポストの場合床高65〜345㎜に対応。
・高さ調整式の支持脚とアルミ根太などによる簡単施工。
 
 
 

■問い合わせ先
フクビ化学工業株式会社
https://www.fukuvi.co.jp

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングとの自然なつながりとテラスならではの開放感を演出する独立タイプの『LIXILテラスSC』を2019年6月3日より全国で販売開始する。
また、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な独立タイプの『LIXILテラスVB』も同時発売する。
 
LIXILテラスSC
 
■製品の概要
『LIXILテラスSC』は、業界初となるアルミ押出材屋根の採用により、リビングの快適な居心地とやわらかい日差しに満たされる開放感を併せ持つ「軒」のような空間を演出する。
屋根と柱だけで構成されたシンプルで美しいデザインは、さまざまな住宅に美しく調和する。
また、雨樋を屋根・柱に内蔵することで、機能性はそのままに見た目の凸凹をなくし、細部にまで徹底的にノイズレスデザインにこだわった。
さらに住宅の外観になじむ金属光沢を抑えたマットな質感で、落ち着きのある佇まいを演出する。
屋根材と柱を異なるカラーで組み合わせることで単色のボリューム感が低減でき、ツートン・コーディネートも可能となっている。
屋根にアルミを採用することで、夏は直射日光をしっかりカットし暑さをやわらげ、冬は低く柔らかい光を取り込むことで心地よい空間が実現できる。
また、すべてアルミ部材で構成されているため、防火・準防火地域にも設置可能である。
同時発売の『LIXILテラスVB』は、敷地条件や用途に応じて柱移動が可能な中柱タイプのテラスである。
柱は間口・出幅方向のどちらへも移動でき、柱が住宅に近いことから、視界を遮りにくく、開放感のあるテラス空間が生まれる。また、屋根材は熱線カット率に応じて3種類より選択できる。
 
『LIXILテラスSC』『LIXILテラスVB』ともに、躯体にねじ止めしない独立構造により、住宅の外壁を傷つけることなくテラス屋根を設置することが可能である。
 
 
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショー(本社:和歌山県海南市、代表取締役社長:高岡伸夫)は、住まいと調和したファサードの演出が可能な電動開閉式のガレージドア『アートスライディングガレージドア』を発売した。
 
『アートスライディングガレージドア
 
■製品の概要
同製品は上部に負荷がかからない横引きタイプのガレージドアで、左右いずれかの側面にガレージドア部分を収納させる仕組みとなっている。よって、従来の引き戸や折り戸よりも有効開口を広く取ることができる。
また、フレームとガレージドアは豊富なカラーバリエーションを組み合わせることで、さまざまな住まいのテイストに調和する空間をデザインすることが可能である。
そして「ホームヤードルーフシステム」や「エバーアートウッド、「エバーアートボード」とのコーディネートにより、車庫まわりから門まわりに至るフロントヤードの一体デザインを可能とし、重厚かつ高級感のあるファサード空間を演出する。
 
 

■問い合わせ先
株式会社タカショー
http://takasho.co.jp

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、不在時でも荷物の受け取りが可能な宅配ボックスのバリエーションを拡充するとともに、従来のポストより大きな投函口を持つ『メール便対応ポストSMA型』を発売する。
 
メール便対応ポストSMA型
 
■製品の特長
 
●宅配ボックスのバリエーション拡充
 
1.宅配ボックス「フレムス」にタイプ追加
 
・「埋め込みタイプ」を発売
従来品のポール建てタイプに加え、埋め込みタイプを新たにラインアップ。
埋め込みタイプの宅配ボックスのサイズは、ミドルとスリムタイプの2種類から選べる。
 
・「左勝手」「後出し仕様」を追加
荷物の取り出し口の仕様に「左勝手」を追加。
また、「前入れ後出し仕様」を追加したことで、利便性が向上した。
 

●機能ポール「フレムス」にカラー追加
 
宅配ボックスとポストや表札、インターホンなどのアイテムを自由に組み合わせできる機能ポール「フレムス」のカラーバリエーションに「ブラック」を追加。
 

『メール便ポストSMA型』(新発売)
 
1.メール便の受け取りが可能

大開口の投函口を採用しており、ネットショッピングなどで広く利用されているメール便規格サイズを幅広くカバーする。
(最大投函可能サイズ:360mm×260mm×35mm)
※「上入れ前出し」を採用しており、限られた敷地への設置も可能。
 

2.盗難防止性能を向上
投函口に6分割のフラップを装備し、投函物の不正抜き取り防止効果を向上した。
また、簡易ダイヤル錠も標準装備している。
 
3.壁付けタイプ、ポール建てタイプをラインアップ
設置環境に合わせて壁付けタイプ、ポール建てタイプの選択が可能。
同社の従来品の機能ポール5種類との組み合わせが可能。
※対象商品:機能ポール「エスポ」「コレット」「ファノーバ」「クルポ」「ジアル」
 
 
■発売日

・宅配ボックス「フレムス」バリエーション拡充 平成31年3月1日
・メール便ポスト「SMA型」発売 平成31年3月27日
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、2015年に発売した身障者駐車スペース向け上屋「ウェルハート」のラインアップを拡充し、積雪地域でも設置可能な『耐積雪量150cm仕様』を発売する。
 
耐積雪量150cm仕様
 
 
■特長
1.耐風圧強度と耐積雪荷重を確保
・積雪地域型『耐積雪量150cm仕様』を追加
従来の一般地域型「耐積雪量30cm仕様」に加え、積雪地域でも設置可能な『耐積雪量150cm仕様』を新たにラインアップする。
『耐積雪量150cm仕様』には、雪止めを標準装備し、屋根下への雪の落下軽減を考慮している。
 

・耐風圧強度を確保
風の強い地域など日本全国幅広いエリアにて使用できる。
基準風速Vo=38m/sの耐風圧強度
 
 

2.従来の高さ2500mmに加え、新たに高さ3000mmを追加
『耐積雪量150cm仕様』(積雪地域型)、「耐積雪量30cm仕様」(一般地域型)に高さ3000mmを追加することにより、通路シェルター(屋根)との組み合わせ、間口方向への複数連結などより柔軟な納まりが可能になった。
※間口、奥行サイズについては、従来品の「耐積雪量30cm仕様」(一般地域型)と「耐積雪量150cm仕様」(一般地域型)ともに同じサイズ展開。
 
 

3.「バリアフリー新法」および「道路移動等円滑化基準」に準拠
バリアフリー新法および道路移動等円滑化基準(国交省令第116号)により、身障者用駐車スペースの有効幅は3.5m以上とし、その駐車スペースには屋根を設けることが基準化されている。
また、東京都の福祉環境整備基準により、3.5mのスペースのうち1.4mを乗り降り用スペースとすることが基準化されていることから、身障者の方が雪や雨に濡れずに安全かつ円滑に乗降できるための規格サイズを用意。
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、カースペースやガーデンスペースを立体的な空間に間取るエクシオールブランドの『プラスG』シリーズに、新色「ブラック」を追加し発売した。
 
プラスGシリーズ
 

『プラスG』シリーズは、庭を間取るという新しい発想のもと、室内で暮らす安心感と、戸外で過ごす開放感の2つの心地よさを両立させ、新しいライフスタイルを実現する。間取りの骨組みをつくる「Gフレーム」、間仕切りなどに用いる「Gスクリーン」、屋根としての役割を持つ「Gルーフ」、さらに門まわりや車庫まわりの多彩なエクステリア商品と組み合わせることで、敷地全体を自由自在にデザインする。
 

今回追加する新色「ブラック」は、木調の温かさとブラックのソリッド感により高級感や重厚感を演出するほか、空間を引き締めるアクセントとしてモダンな印象を高める。また、ブラック色のサッシや、「スマート宅配ポスト」、「カーポートSCワイド」、「フェンスAA/開き門扉AA(2018年11月発売)」などの新商品ともコーディネートすることで、住宅をより一層シンプルでモダンな空間に演出する。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード