• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 機械設備資材・工法

アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、アキレスジョイント『APシリーズ』の耐候性を強化リニューアルし、『AP-RSシリーズ』を販売する。
AP-RSシリーズ
 
■製品の概要
耐候性に優れた合成ゴム(※1)を本体に使用することにより、屋内配管はもちろん、橋梁、雨どい、マンション配管など屋外配管にも幅広く使用することが可能になった。
塩ビ製より耐熱性に優れる合成ゴム製のため、熱湯(60〜100℃以下)が瞬間的に流れても問題なく、給湯器や食洗器の下部などキッチン排水用にも適している。
「AP-10040RS」は、これまでの『APシリーズ』ではラインアップされていなかった大口径タイプで、VP・VU100φに対応している。
最大曲度90度・最大許容芯ズレ8cmまで対応し、ジャバラ部分を伸縮させることで全長を330〜436mmまで調整できる。
 

※1 クロロスルホン化ポリエチレンゴム:耐候性・耐摩耗性・耐薬品性・耐熱性・耐油性に優れる。
 
 

■問い合わせ先
アキレス株式会社
https://www.achilles.jp/

このページの先頭へ




アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤 守)は、アキレスジョイント『APシリーズ』の耐候性を強化リニューアルし、『AP-RSシリーズ』として全国販売する。
 
アキレスジョイント「AP-RSシリーズ」
 

■製品概要
耐候性に優れた合成ゴム(CSM※1)を本体に使用することにより、屋内配管はもちろん、橋梁、雨どい、マンション配管など屋外配管にも幅広く使用することが可能になった。
塩ビ製より耐熱性に優れる合成ゴム製のため、熱湯(60℃〜100℃以下)が瞬間的に流れても問題なく、給湯器や食洗器の下部などキッチン排水用にも適している。
「AP-10040RS」は、これまでの『APシリーズ』ではラインアップされていなかった大口径タイプで、VP・VU100φに対応している。
最大曲度90度・最大許容芯ズレ8cmまで対応し、ジャバラ部分を伸縮させることで全長を330mm〜436mmまで調整できる。
 

※1 クロロスルホン化ポリエチレンゴム:耐候性・耐摩耗性・耐薬品性・耐熱性・耐油性に優れる。
 
 

■問い合わせ先
アキレス株式会社
https://www.achilles.jp

このページの先頭へ




アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤 守)は、マンション・ホテルなどの衛生陶器配管に使用される耐火二層管の継手として、「建築基準法 不燃材料認定」を取得(認定番号:NM-4676)※1したアキレスジョイント『ANS-Cタイプ』を、全国販売する。
 
アキレスジョイント「ANS-Cタイプ」
 
■製品概要
厚さ0.3mmのステンレス(SUS304)を使用※2している。
ステンレスは鉄に比べ高温での強度が高く、800℃の高温でも耐力、引張強度において高い残存値を示し、優れた耐火性能を有する。「建築基準法 不燃材料認定」(認定番号:NM-4676)を取得し、耐火二層管と衛生陶器(便器)との接続用継手として使用ができる。
優れた耐火性能や強度に加え、硬度を持ちながら曲げることが可能であり施工性も高めた。
また、ステンレスの内外面にはアクリル塗装を施し耐腐食性、防錆性を向上した。
 

※1ソケット部は含まない
※2ソケット部は塩ビ管
 
 

■問い合わせ先
アキレス株式会社
https://www.achilles.jp

このページの先頭へ




(株)エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は、幼児向け一人用手洗いカウンター『ピヨキューブ』を発売した。
 
ピヨキューブ
 

■製品概要
同製品は人工大理石を使用したアイランド式で4方向から手洗いが可能な一人用手洗いカウンターである。
幅、奥行、高さが全て500mmのキューブ型で、洗面ボウルはたまご形状のボウルを採用し、子どもがすすんで手洗いをしたくなるデザインとなった。
カラーはボウル色2色、カウンター色77色の豊富な組み合わせから、空間のイメージにあった手洗いカウンターを製作できる。
また、カウンター4方向全ての足元につま先が入るスペースを設けることで、幼い子どもでも水栓やボウルに近づいて手を洗うことができる。
コーナー部分や足もとはR形状としているため、ぶつかったときの怪我のリスクを軽減している。
材質が全て人工大理石のため、汚れが染み込みにくく、手入れも簡単。
そのため、日常のメンテナンスは水拭きとキッチン用洗剤を浸した布で拭くのみで清潔に保つことができる。
 
 

■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




P&Dジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役社長:豊岡 隆麿)は、配管との一体化により完璧な止水対策が可能な土壌汚染対策保険加入製品『UPPタンクプロテクター』を発売した。
 
『UPPタンクプロテクター』
 
■製品の概要
『UPPタンクプロテクター』は、配管と同じポリエチレン樹脂でできているため、電気融着による接続により、配管との一体化を実現。
これにより、完璧な止水対策が可能となるうえ、作業工期の短縮によるコスト削減にも貢献。
また、同製品は、UPPシステム配管とのセット導入で土壌汚染対策保険が自動的に付加されるため、より高い安心を提供する事が可能となった。
 
■問い合わせ先
P&Dジャパン株式会社
TEL:045-664-5080
http://www.pdjapan.co.jp

このページの先頭へ




株式会社マキタ(本社:愛知県安城市、取締役社長:後藤宗利)は、交流電源機と同等のパワーを有する40mm充電式ハンマドリル『HR400D』を発売した。
 
「HR400D」
 
■製品の概要
18Vリチウムイオンバッテリ2本で使用でき、充電式でありながら同社交流電源機と同等のコンクリート穴あけ能力を有する。
1充電あたり約30本のコンクリート穴あけ作業量を誇るとともに、打撃エネルギーは8.0ジュールを実現。
独自の低振動機構AVT(Anti Vibration Technology)を搭載。
別売のワイヤレスユニットで同社集塵機(無線連動対応)との接続と無線連動集塵が可能。
 
■問い合わせ先
株式会社マキタ
http://www.makita.co.jp/

このページの先頭へ




リオン株式会社(本社:東京都国分寺市、代表取締役社長 清水 健一)は、超小型で押し当てるだけで測定できるポケッタブル振動計『VM-63C』を発売した。
 
VM-63C
 
■製品の概要
主に回転機械を中心とした産業機械の保守管理、点検における振動計測用の小型振動計。
本体は加速度ピックアップ(振動を感知して電気信号に変換するセンサの一種)とデジタル表示器を一体化しているためケーブルが不要。
また、押し当てるだけで測定でき、片手でボタン1つの操作が可能。
本体デザインは握りやすさにもこだわっており、現場測定での使いやすさを追求。
 
■問い合わせ先
リオン株式会社
TEL:042-359-7887
http://www.rion.co.jp/

このページの先頭へ




リオン株式会社(本社:東京都国分寺市、代表取締役社長 清水 健一)は、消費電力を約50%削減するとともに小型化、軽量化を実現した精密騒音計『NA-39A』を開発した。
 
NA-39A
 
■製品の概要
航空機騒音に加え、一般環境音、工場騒音など屋外で問題となる騒音を長期間連続して監視するシステムにおいて使用可能である。
同社従来品(NA-37)と比べ、消費電力を約50%削減し、体積比約1/3と小型化を実現。
重さも1.5kg軽量となっており、設置作業の簡素化や移動測定の負担を軽減。
標準で1/3オクターブバンド実時間分析機能を搭載し、音源の識別性能を向上。
 
■問い合わせ先
リオン株式会社
TEL:042-359-7887
http://www.rion.co.jp/

このページの先頭へ




日本住環境株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:林 容)は、省エネ・安定性・安心感にこだわった排気柄集中喚起システム『ルフロ400』を発売した。
 
ルフロ400
 
■製品の概要
住宅内の汚れた空気を入れ替える、第3種の排気型集中換気システム。
ドレンキャップ採用により、本体(LFB-400DC-V)内に水分が発生しても排出し、浴室換気も可能になった。
本体は蓋の開閉が回すだけなので年1回のファン清掃のみ。
 
■問い合わせ先
日本住環境株式会社
TEL:03-5289-3302
http://www.njkk.co.jp/

このページの先頭へ




日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:秋津勝彦 )は、カメラヘッドとコントローラを脱着できる新発想のサーモグラフィカメラ『Thermo FLEX F50』を発売した。
さまざまな計測スタイルをとれるので、使い方次第で多彩なシーンで活躍させることができる。
 
「Thermo FLEX F50」
 
■製品の概要
InfReCシリーズの新モデルとして、カメラヘッドとコントローラを脱着できるサーモグラフィカメラ。
「フリースタイル」をコンセプトに、カメラヘッドとコントローラが回転・分離できるため、全方位で安全かつ楽な作業姿勢で、計測が可能である。
カメラヘッドは、広角70°または35°の2種類のレンズバリエーションがあり、
配管や設備の裏側などを広範囲に映し出すことが可能。
 
■問い合わせ先
日本アビオニクス株式会社
TEL:03-5436-1371
http://www.avio.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード