• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 機械設備資材・工法

不動産および建設・建築業向けに開発された360度カメラ。
 
RICOH THETA X
 
使いやすい2.25型の大型タッチパネルモニターを搭載し、撮影前のプレビュー表示や、撮影設定、撮影画像の閲覧など、撮影から閲覧までを本体のみで直感的に操作できる。
スマートフォンを介さずに操作できるため、外出先や現場などでの撮影効率が大幅に向上する。
 
また、同シリーズで初めてバッテリー・メモリーカードの交換に対応しており、長時間の撮影も安心・確実に行うことができる。
建設業向けには、同社の施工管理向け360度画像共有サービス「RICOH360 Projects」と連携。
現場の状況を遠隔地からリアルタイムに把握できるタイムラプス/ライブ映像機能や、現場の巡視時の撮影画像を自動で図面上に整理する建設業向けオートマッピングが利用できる。
 
RICOH THETA X2
 
■お問い合わせ
株式会社リコー
https://jp.ricoh.com/

このページの先頭へ




空調機内およびフィルタ等に付着する病原性微生物対策および臭気対策を目的とした、空調機内に設置可能なオゾン清浄装置。
 
06新日本空調
 
株式会社オーク製作所「pureO(ピュアオー)」技術の採用によりNOxフリーなオゾンを発生し、これに同社の空調制御技術を組み合わせることで低濃度オゾンの安定供給を実現。
空間サイズに合わせて出力制御でき、大空間に対しても複数台設置により対応可能である。
 
 
■お問い合わせ
新日本空調株式会社
https://www.snk.co.jp/

このページの先頭へ




建物外壁補修の課題解消を目指して開発された、大気中への粉じん発生量を大幅にカットできるコンクリート穿孔ドリル。
 
07JfpA
 
ビルやマンション等の外壁補修工事では粉じんの発生が避けられないが、施工中はベランダに洗濯物を干せないなど、生活環境に少なからず影響を及ぼす。
また、近年問題視されているアスベスト含有物の工事については、特に注意する必要がある。
同社では2016年より環境にやさしいコンクリート穿孔ドリルの開発に着手し、1つ1つの部品を1から見直した結果、約6年の歳月をかけて施工中の粉じんを約99.95%カットすることのできる本製品を開発。
これにより粉じんの発生を気にすることなく、環境に配慮した外壁補修が実現する。
また、施工音は屋外で約70dB(室内約55dB)とセミの鳴き声程度で、さらに消費電力は477W、CO2排出量も1日当たり約1.34kg削減を達成している。
本製品は、現在関東および九州を中心として代理店展開を行っているが、今後は取り扱いエリアを随時拡大することを予定している。
 
07JfpB 07JfpC
 
 
■お問い合わせ
Jfp株式会社
https://www.jfp-web.co.jp/

このページの先頭へ




「コンパクトながら高効率」をデザインコンセプトとしたビル用マルチエアコン。
このほど4シリーズが新開発された。
 
06日立ジョンソンコントロールズ空調
 
一般地用のビル用マルチエアコンで寒冷地でのニーズに応える運転範囲を実現(TG・TGXシリーズ)するなど、従来機種と比較して効率と機能が向上。
また、 最大配管長を相当長225mまで延長するなど、施工性も大幅に拡大している。
 
 
■お問い合わせ
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社
https://www.jci-hitachi.com/jp/

このページの先頭へ




日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社(本社:東京都港区、CEO:秋山勝司)は、従来機種のコンパクトながら高効率というデザインコンセプトを踏襲しつつ、省エネ性と機能をさらに向上させたビル用マルチエアコン「FLEXMULTI(フレックスマルチ)」の新シリーズ、高APFプレミアムモデル「冷暖切換型高効率TGシリーズ」「冷暖同時型高効率TGXシリーズ」、省スペースモデル「冷暖切換型高効率TSシリーズ」「冷暖同時型高効率TSXシリーズ」を開発。
 
2022年4月28日に出荷を開始すると同時に、昨今高まるZEB(ネット・ゼロ・エネルギービル)の需要に向けた高COP(消費エネルギー効率)モデルである「冷暖切換型高効率TZシリーズ」「冷暖同時型高効率TZXシリーズ」も受注生産を開始した。
 
高効率ビル用マルチエアコン新シリーズ
 
■概要
新シリーズは従来機種と比較すると、より効率と機能が向上した。
 
近距離通信はNFC機能を搭載し、製品サービスカバーを開けることなく室外ユニットの運転状況や試運転データなどの入手が可能となった。
さらに、最大配管長を相当長225mまで延長するなど、施工性も大幅に拡大。
また従来通り、exiidaとのコネクティッドによる、遠隔監視や予兆診断なども可能である。
 
 
■特長
 
TG・TGXシリーズ
・高APFプレミアムモデル
・省エネ性の向上
・一般地用のビル用マルチエアコンで寒冷地でのニーズに応える運転範囲を実現
・外気温度は-7℃まで定格暖房能力を発揮(一部機種は-4℃まで)
・運転範囲は-25℃まで対応可能
・外気温の高い場合でも冷房能力を確保
 
TS・TSXシリーズ
・省スペースモデル
・これまで670型(24馬力)までであった単体ユニットを730型(26馬力)まで拡大
・従来機種よりさらに設置スペースの低減を実現
・消費エネルギー効率(COP)を向上させた高COPタイプ「冷暖切換型TZシリーズ」「冷暖同時型TZXシリーズ」を揃えている
 
 
■主な機能
 
・冷暖スマート切り換え機能
空調負荷に応じて、冷房運転/暖房運転を切り替えるなど、運転要求を投票制にしてより要求の多い運転を実行する機能
 
・系統別交互除霜
連絡配線(H-Link II)に接続された2台の室外ユニットのうち、1台が除霜中の場合、除霜運転が終了するまで除霜運転を行わず、2台の室外ユニットが同時に除霜運転となることを防止。
同一フロアに2系統の空調システムがある場合に、室温低下を抑制することができる。
 
・スムースドライブ制御2.0の踏襲
圧縮機のOn・Offを抑制するスムースドライブ制御2.0を採用
低負荷運転時の圧縮機発停ロスを防止する
 
 
■施工性、サービス性
 
・施工制約の緩和
最大配管長相当長:225m 配管総延長:1000m
室内室外接続容量比50~200%(高効率TGシリーズ)
 
※制約事項あり
 
 
■製品ラインアップ
 
ラインアップ
 
・高効率TZ(X)シリーズは受注生産品
 
 
■問い合わせ先
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社
https://www.jci-hitachi.com/jp/

このページの先頭へ




現在、運輸・旅客業界では、運転者に対して酒気帯びの有無を確認することが義務化されているが、一般企業(白ナンバー)においても、同様の確認を課すことが決まった。
 
ALC Face ST-2000
 
■概要
営業車を5台以上所有している事業所では、安全運転管理者の選任が義務付けられているが、その責務として「アルコール検知器により酒気帯びの有無を確認する」というものであり、2022年10月より義務化となる。
 
「ALC Face ST-2000」は、誰もが簡単に操作できる高精度センサー搭載の呼気アルコール検知器。
測定中に顔写真撮影が行われるため、本人確認が可能。また、測定結果はプリントアウトされるため、測定結果の保存も容易である。
本体は無駄な装飾が省かれ、機能美に徹したシンプルなデザインとなっている。
なお、本製品はアルコール検知器協議会の「認定機器(外部検定)」として登録済み(認定番号:JB100001-27)である。
 
■製品の特長
・誰にでも使える直感的な操作性
・測定中の顔写真を撮影
・顔写真+測定結果を自動プリントアウトする
 
ALC Face ST-2000 2
 
 
■お問い合わせ
サンコーテクノ株式会社
https://st-alc.com/

このページの先頭へ




炭化水素系ガスを見える化し、発見困難なガス漏れ箇所の特定や煩雑なデータの記録管理を支援する、同社の「ガス監視ソリューション」
 
ハンディ型 ガス漏えい 検査システム
 
本製品はその検査機能を1台に収めたコンパクトモデルで、重さ約2.5kgと業界最小・最軽量を実現している。
パソコン等に接続することなく検査を行えるほか、持ち運びも容易で、日常点検や災害時の初期スクリーニングの効率化に役立つ。
 
 
■お問い合わせ
コニカミノルタ株式会社
https://www.konicaminolta.com/jp-ja/

このページの先頭へ




TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:清田 徳明)は、『パブリックレストルーム設備管理サポートシステム』を2021年6月より発売する。
 

 
■概要
同システムでは利用者の困りごとを解消する「空き状況表示サービス」と、施設管理者の困りごとを解消する「設備管理サポートサービス」を提供する。「空き状況表示サービス」では利用者がトイレの混雑状況をサイネージやスマートフォンで確認することができる。
また、「設備管理サポートサービス」は器具とインターネットをつなぎ、リアルタイムでの不具合に対するアラートや、蓄積データを活用した、効率的な維持管理サポートを実現する。
 
■システムの詳細
1.空き状況表示サービス(株式会社バカンの提供)
「空き状況表示サービス」は、利用者がリアルタイムで表示されたトイレ空間の混雑状況をスマートフォンやサイネージで利用者が知ることができる。これまではトイレが混んでいるかどうか行かないと分からなかったが、同サービスにより、スマートフォンやサイネージを確認して空いているトイレを探すことができる。
 
2. 設備管理サポートサービス
「設備管理サポートサービス」は、施設管理者がリアルタイムで器具の状況をパソコンやスマートフォンの管理画面から確認でき、施設管理者の効率的な維持管理をサポートする。
例えば、これまでは管理する複数のトイレに対し、それぞれ現地に行って何十台もトイレの設定を変更する必要があった。しかし、同サービスによって管理画面から操作するだけで、現地に行かずに遠隔で一括設定変更ができ、大幅な作業時間・コスト削減につながる。時間、対象範囲など、細かな設定変更で省エネ・電気代削減も可能。
その他にも長時間利用されているブースをお知らせする「長時間利用アラート」や水石けんのタンク残量を知らせる「補充アラート」、器具のエラー内容を遠隔で確認できる「故障アラート」※、予期せぬ器具の設定変更を知らせる、「設定差異アラート」といった機能を利用できる。
また、器具使用回数などの累積データを活用することで、トイレの利用状況を見える化し、傾向を把握して効率的な管理保全計画につなげていくことができる。「利用実績レポート」を通じて、利用実績に基づいた現場ごとの清掃・補充計画、警備員見回り運用検討、データに基づいた長期保全計画の見直しに役立てることができる。
 
 

※すべての故障を検知できるわけではない。検知できる故障は各器具が自動判別可能な一部となる。
 
 
 

■問い合わせ先
TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

このページの先頭へ




株式会社アステック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:内山 繁)は、株式会社ショウエイ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 辻 永) と、温泉関連宿泊施設向け『温泉対応ONE STOPソリューション』を提供すべく、提携した。 ショウエイ循環ろ過装置等はアステック全浴槽・浴室に対応可能であり、さらに、今後、業務提携記念コラボ商品 新シリーズ「CyclePlus」も順次発表予定。
 

 
■概要
ウィズコロナ時代の現在、温泉ホテル・旅館宿泊施設では、コロナ対策、安心安全・衛生的・低メンテナンスの「温泉大浴場」「温泉客室風呂」「温泉貸切家族風呂」のソリューションが不可欠となっている。
現在、不特定多数の接触を避ける「お部屋時間」が好まれ、「客室露天風呂」「貸切家族風呂」が大変な人気になっている。
アステックは、長年にわたり、浴槽・浴室製造施工の実績があり、特に漏水対策・軽量化・工期短縮を実現したステンレス内装仕様浴槽の「選美槽」(えらびそう)が好評で、多くの温泉宿泊施設に提供してきた。
ショウエイも、長年、温泉対応技法を取り入れた循環ろ過装置等を提供しており、両社とも温泉泉質による劣化を最小減に抑え、温泉ホテル・旅館に多くの事例・実績がある。
さらにショウエイは、保守メンテナンスが重要な循環ろ過装置等についていつでも安全・清潔に利用できるよう点検・修理体制が充実、年間メンテナンス契約など充実したプログラムも提供する。
今回、温泉対応に定評のあるアステックとショウエイの提携により、リニューアル予定の多くの温泉ホテル・温泉旅館・リゾート宿泊施設向けに、「温泉対応ONE STOPソリューション」を提案する。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社アステック
https://www.ustech-jp.com/

このページの先頭へ




株式会社アステック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:内山 繁)は、温泉泉質対応工法を標準装備、ラグジュアリー浴槽「選美槽」(えらびそう)シリーズの新企画商品として、ヒノキと御影石の自然素材を基本とした『選美槽SPA LINE』を発売した。
 

 
■特長
「選美槽」は、浴槽の顔となる框(かまち=縁)には心地よい香りと美しい木目を持つヒノキ、浴槽内部は漏水対策のステンレス構造とし、耐圧強度にも優れ、低吸収率の御影石など、自然天然素材を採用している。
 
1.自然素材使用で「和」デザインを基本としたオーダー自由設計
2.高耐久性ステンレスの内装化による漏水対策と軽量化
3.工場での事前工程による現場施工時の工期短縮
4.自然素材と高精細を追求する「和デザインと機能美」
 
今回新仕様として発売の『選美槽 SPA LINE』は、「選美槽」の特長、漏水対策、軽量化、工期短縮に加え、「温泉対応ACR工法」を標準採用とし、温泉ホテル・旅館リニューアルに最適な「温泉客室露天風呂」「温泉貸切風呂」仕様となる。
 
 
■「温泉対応ACR工法」とは
ユーザーからの「温泉成分表」を基準に「温泉対応ACR工法」で以下の劣化軽減処理をする。
 
1. 温泉・鉱泉に強い開発部材の活用
「選美槽」用の同社オリジナルの一般泉用高機能専用排水栓をベースに温泉対応樹脂仕様「抗腐食 菌イラーズ」を開発し、採用。
 
2. 内部ステンレス鋼に特殊Fコーティング
「選美槽」内部に常に使用されるステンレスには特殊Fコーティングを同社工場にて施工。
 
3.特殊P部材の選定、使用
温泉に強いといわれる特殊P部材を選定し使用。配管 及び ねじ釘・螺子・捻子・ビス・スクリュー・螺子釘・ヴィス・捩子・螺旋など。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社アステック
https://www.ustech-jp.com/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード