建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 共通資材 > 鋼材・非鉄金属資材・スクラップ > 機械式鉄筋定着加工費|後施工プレート定着型せん断補強鉄筋 ポストヘッドバー®(Post-Head-bar®)|ポストヘッドバー工法研究会
NETIS登録番号:(旧)KT-090022-VE(令和元年度準推奨技術)

 

  • 施工状況(下水処理場における削孔状況)
    施工状況(下水処理場における削孔状況)
  • ポストヘッドバーの挿入状況
    ポストヘッドバーの挿入状況

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

概 要

これまで困難とされていた既設構造物せん断補強を、容易かつ経済的に施工できる耐震補強工法である。
 
片面からしか施工できない条件でも、優れた施工性と力学的性能により、構造物の耐震性能を向上させる。
 
・建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)建技審証:第0522号(一財)土木研究センター (有効期限:2025年12月20日)
本建設技術審査証明は、大成建設(株)、成和リニューアルワークス(株)に交付されたものである。
・土木学会:2009年度技術開発賞受賞
 
 

特 長

1.摩擦圧接したプレートの突起により補強筋先端の定着性が向上。
2.ポストヘッドバーが構造物と一体で挙動することでせん断破壊に対する安全性が向上。
3.既設の地中コンクリート構造物においても、内空側からの施工による耐震補強を実現。
4.狭い空間や夜間作業など、制約のある補強工事にも適用可能。
 
ポストヘッドバー
 
 

削孔状況

大型機械によらない削孔方法を使用しているため、アクセスが可能な箇所であれば施工できるため、制約が多い補強工事にも適用可能。
 
①既設鉄筋を切断しない
②削孔中に粉塵を発生させない
③狭い空間でも施工が可能
④削孔速度が速い  などのメリットがある。
 
 

適用範囲


 
 

施工実績

施工中案件を含めて953件の工事に適用され、1,603,000本以上が施工されている。
 
施工実績
 
 


電子カタログPDF

ポストヘッドバー の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

ポストヘッドバー工法研究会
TEL : 03-3568-8566     FAX : 03-3568-8567
http://phb-koho.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧