• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築工事 > 解体・改修、その他工事 > 耐震・免震・制震工事 SR-CF工法|SR-CF工法研究会
NETIS登録番号:(旧)KT-010053-V

 

  • 酒匂川左岸流域処理場ポンプ場梁補強CFアンカー取付け
    酒匂川左岸流域処理場ポンプ場梁補強CFアンカー取付け

  • 東京メトロ南千住駅舎梁補強仕上前
    東京メトロ南千住駅舎梁補強仕上前



 

概要

本工法は、炭素繊維シートを用いて、既存建築物の独立柱、垂壁・腰壁付柱、袖壁付柱、耐震壁、スラブ付梁等の耐震部材を補強する工法である。
CFアンカー(炭素繊維ストランドを束ねたもので、この束ねたストランドの端部を扇状に広げて炭素繊維シートに接着する)を併用することにより、炭素繊維シート補強のメリットである施工性、安全性、静粛性はそのままに、壁付柱やスラブ付梁・耐震壁にも、独立柱と同様に高い補強効果が得られる。
本工法の「既存建築物の耐震改修設計施工指針」は、数多くの実験データに基づいて作成されており、(一財)日本建築防災協会の技術評価を更新取得(建防災発第18065号/2018年4月)している。
また、(一財)土木研究センターから炭素繊維シート端部の定着材料として「CFアンカー」の建設技術審査証明を更新取得(建技審証第0603号/2011年11月)しており、建築物だけでなく橋脚・橋梁、水処理施設等のコンクリート構造物の補強分野にも適用されている。
 

特長

資材が軽量で大がかりな機材、および火気や溶接が不要で、かつ、騒音、振動が少なく鋼板補強やコンクリート巻き立てなどの工法に比べ短工期で施工が可能。
 
・ CFアンカーを用いるため、従来、補強が難しかった既存建築物の壁付柱や梁、壁の補強にも斫作業がない、また、アングルやあと施工アンカーなども必要とせず、すべて炭素繊維で補強可能なため、施工が容易。
 
・ 建物の耐震性能(耐力、変形性能)を向上させることができ、その評価方法及び耐火性能の評価方法が確立している。2柱式I型断面の橋脚ウエブ部補強、箱型桁橋梁の桁部補強等に採用されている。
 
使用材料/ SR-CF 工法研究会が規定する評価試験に合格した材料とする。
施工可能企業/施工品質確保の観点からSR-CF 工法研究会会員で繊維補修補強協会が付与する有資格者が在籍し、研究会が実施する設計施工講習会受講者の指導による施工に限定。
 

施工実績

施工地区/全国
実績件数/(官)12 00件以上(2019年1 月末現在)
     ( 橋梁関係、上下水道処理施設、建築物)
     (民)11 00件以上(2019年1 月末現在)
     (建築物・土木構造物)
 

適用条件・範囲

[適用条件]
 自然条件/ 気温が5℃以上、結露・漏水がないこと。
 作業条件/ 作業スペースは補強したい部材周りに1m幅以上確保できること。
 
[適用範囲] 
適用可能な範囲/補強対象となる建物は、建築年代や用途により鉄筋の種別(丸鋼、異形鉄筋)や構造形式(RC造、SRC造)などさまざま。SR-CF 工法では、各種構造に対応した補強設計が確立されている。また、補強する既存建築物部材のコンクリート強度は11.8N/㎟以上(設計式は9N/m?まで適用できることを実験により確認済)、橋梁などの土木構造物の場合のコンクリート強度は21N/㎟以上。
 

 
 
 


電子カタログPDF

SR-CF工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

SR−CF工法研究会
TEL : 03-5623-5558     FAX : 03-5623-5551
http://www.sr-cf.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧