• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 外構・造園 > 形材フェンス「ハイブリッドT・T」発売

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:平能 正三)は、ミニマルなデザインの形材フェンス「ハイブリッドT・T(ティー・ティー)」を発売した。
 
形材フェンス「ハイブリッドT・T」発売
 
■形材フェンス「ハイブリッドT・T」
アルミ製笠木とスチール製メッシュパネルの異種材料を組み合わせたハイブリッドな形材フェンス。
ミニマルでスタイリッシュなT型の笠木デザインや豊富なカラーバリエーションを取り揃えている。
 
近年のコロナ禍で「おうち時間」が増加したことにより、ガーデニングを魅せる開放的な外構や外からの視界を遮る安心感のある外構などイエナカ生活を充実させるファサードエクステリアに注目が集まっている。
そこで今回、形材フェンス「ハイブリッドT・T」の発売により、メッシュパネルによる程よい開放感と安心感を両立するセミクローズ外構を提案できるようになった。
 
 
■商品の特長
 
1.ミニマルでスタイリッシュなデザイン
 
・支柱の柱キャップを兼ねたT型デザイン
形材フェンス「ハイブリッドT・T」の笠木は、支柱の柱キャップを兼ねたT型のデザインである。
笠木に柱キャップの役割も兼ね備えることで、支柱まわりに凹凸の少ないミニマルな意匠を実現。
また、下桟も笠木と合わせてミニマルなデザインを追求することで、シンプルな見た目が住宅のスタイルを選ばないファサードを演出することができる。
 
支柱の柱キャップを兼ねたT型デザイン ミニマルでスタイリッシュなデザイン
 
 
・4000mmの笠木で繋ぎ目の少ないすっきりした納まり
笠木は幅2種類、高さ4種類の豊富なサイズをラインアップ。
4000mmのロングタイプは、メッシュパネル2枚を使用し笠木の継ぎ目を少なくすることで、すっきりとした意匠を実現する。
 
4000mmの笠木で繋ぎ目の少ないすっきりした納まり
 
 
・シンプルなメッシュパネルでセミクローズ外構を実現
パネルはスチール製のシンプルなマス格子デザイン。
シンプルなメッシュパネルを採用することで敷地への侵入を防ぎ、防犯性を高めながら程よい抜け感を実現した。
 
シンプルなメッシュパネルでセミクローズ外構を実現
 
 
2.豊富なカラーバリエーション
植栽と調和する木目デザインの「トラッドパイン」「オレンジチェリー」をブラックで縁取ったツートンカラーの木調色をラインアップ。
笠木は形材色3色と木調色2色を設定、メッシュパネル(支柱)は3色を設定しており、好みに合わせて笠木とメッシュパネルの色を組み合わせ・15通りのカラーバリエーションから選ぶことができる。
 
豊富なカラーバリエーション
 
 
3.高い耐風圧性能を実現
近年、大型化する台風などの自然災害により、耐風圧強度の高い商品へのニーズが高まっている。
そこで形材フェンス「ハイブリッドT・T」は、強風への備えにもお応えする高い耐風圧強度:風速42m/秒相当を標準装備している。
 
高い耐風圧性能を実現
 
 
■商品の仕様
 
仕様
 
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード