建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 道路・橋梁・トンネル資材 > 歩道用横断防止柵|朝日歩道用防護柵|朝日スチール工業株式会社

 

  • ガードパイプPZ-L4-11C

  • 視界良好型ガードフェンス(つぶしパイプ)PZ-KT1100



 

概 要

車社会といわれる現在、人と車の共存は長年にわたる大きな問題であった。特に都市開発が急速に進行し、それに伴う道路環境の拡大化により歩道の在り方は「ただ人が歩く道」という域にとどまらず、より一層の安全性が求められるのに加え、都市景観の一部を構成する上での見た目の良さも要求されるようになってきた。朝日スチール工業の歩道用防護柵はそうしたニーズに応える、安全性、景観性ともにすぐれた製品が揃っている。
 
 

特 長

1.安全性へのこだわり
歩道用防護柵に求められる機能で最も重要なものが、安全性である。防護柵の設置基準・同解説に準拠した各製品は、数値的な強度だけではなく、突起部の排除やボルト・ナットの処理など、人が歩くときに触れることを考慮した、ディテールにまでこだわった配慮が随所に見られる。
 
2.多種多様なラインナップ
圧迫感を極力抑え、明るく開放的なデザインはあらゆる環境にマッチする上、歩く人にとっても優しい存在として機能する。従来のベーシックなガードパイプに加えて、各種用途に適応したタイプを数多く用意。景観性を重視した街路柵シリーズには、トップビームやスレッドビームなど個性的なラインナップが揃っている他、顧客のニーズに柔軟に対応するオーダーメードもユニークな存在である。
その他にも、各フェンスをガードフェンスとして規格アップしたものや橋梁(高欄)用防護柵など、あらゆるニーズに応えるべくデザイン・設計された機能性・景観性にすぐれた豊富な製品が用意されている。
 
3.さらなる進化を目指して
機能性と景観性のさらなる進化を目指して、朝日スチール工業の探求は続いている。例えば反射塗装やLEDを施し、夜間の視認性を高める反射キャップや自発光キャップ、丸格子柵の斜視界を良くして視認性を向上させたガードフェンス視界良好型(つぶしパイプ)など、朝日ならではの技術が進化を生み出している。
 

オーダーメード景観柵  H1100




 
 


電子カタログPDF

ガードパイプPZ-L4-11C の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

朝日スチール工業株式会社
TEL : 087-833-5151     FAX : 087-835-9831
https://www.asahi-fence.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧