• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

検索結果一覧

「落石防護柵」(7社) の製品をまとめて資料請求できます。

まとめて資料請求カートへ追加

「落石防護柵」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

落石防護柵|建設資材データベース

14件中 1-14件を表示

『耐雪型落石防護柵』

耐雪型落石防護柵の詳細

株式会社日本パーツセンター

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.503

『落石防護柵〈平成29年基準品〉』

落石防護柵〈平成29年基準品〉の詳細

朝日スチール工業株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.502

山岳地域等での比較的小規模な落石対策の防護柵。強度、材料、加工の諸元において強度、安定感、景観が配慮された製品。

『落石防護柵〈平成29年基準品〉』

落石防護柵〈平成29年基準品〉の詳細

JFE建材株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.502

『落石防護柵〈平成29年基準品〉』

落石防護柵〈平成29年基準品〉の詳細

株式会社日本パーツセンター

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.502

『落石防護柵 ロックガード』

落石防護柵 ロックガードの詳細

東京製綱株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.503

支柱を強化することにより、主に金網とワイヤロープとで落石エネルギーを吸収。そのため、可能吸収エネルギーが増大している。また、標準支柱間隔を6mと広くし、その中央に基礎に固定されない補助中間支柱...

『落石防護柵 ロックガード』

落石防護柵 ロックガードの詳細

日鉄神鋼建材株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.503

『落石防護柵〈平成29年基準品〉』

落石防護柵〈平成29年基準品〉の詳細

東京製綱株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.502

『落石防護柵〈平成29年基準品〉』

落石防護柵〈平成29年基準品〉の詳細

日鉄神鋼建材株式会社

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料2024年7月号 p.502

落石防護柵『簡易アングルフェンス』

簡易アングルフェンスの詳細

松尾工業株式会社

カテゴリ:落石防護柵

「簡易アングルフェンス」は、一般の落石防護柵に比べ、非常に簡易な防護柵である。簡易なため低価格で施工期間も短いが、落石防止効果は高く、小規模な落石対策に有効である。急斜面やコンクリート構造物等...

『ストロンガー工法 下部接続部材』

ストロンガー工法 下部接続部材の詳細

株式会社ビーセーフ

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料公表価格版2024年7月号 p.132

ストロンガー工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後...

『ストロンガー工法 緩衝金具』

ストロンガー工法 緩衝金具の詳細

株式会社ビーセーフ

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料公表価格版2024年7月号 p.132

ストロンガー工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後...

『ストロンガー工法 上部拘束バー』

ストロンガー工法 上部拘束バーの詳細

株式会社ビーセーフ

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料公表価格版2024年7月号 p.132

ストロンガー工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後...

『ストロンガー工法 上部接続部材』

ストロンガー工法 上部接続部材の詳細

株式会社ビーセーフ

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料公表価格版2024年7月号 p.132

ストロンガー工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後...

『ストロンガー工法 ワイヤ金網』

ストロンガー工法 ワイヤ金網の詳細

株式会社ビーセーフ

カテゴリ:落石防護柵
掲載誌:積算資料公表価格版2024年7月号 p.132

ストロンガー工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後...

1