• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 上下水道工 > 下水道管渠更生工 SPR-SE工法|日本SPR工法協会

 


  • 施工状況

  • 断面構造



 

概要

「SPR-SE工法」は、既設管きょ内にスチール部材が組み込まれた硬質塩化ビニル製の帯状材料(プロファイル)をスパイラル状に嵌合しながら更生管を製管し、その後既設管きょと更生管の間隙に間詰め材を充填して自立管を構築する更生工法。自立管製管工法として唯一、水を流しながら施工できるという利点がある。
 
自立管+製管工法として、(公財)日本下水道新技術機構の建設技術審査証明を取得している。
 
 

特長

1.非開削で水を流しながら施工可能。
2.鉄筋コンクリート管、強化プラスチック複合管、コルゲート管など、あらゆる管種に適用可能。
3.大口径管きょ(更生管径Φ1500まで)にも対応できる。
4.自立管を構築するため、既設管の老朽化が著しく、残存強度が把握できない場合でも対応できる。
5.時間制限や降雨などにより、任意に施工を中断することができる。
 
 

基本仕様




 

プロファイル(帯状材料)の構造

耐食性、耐摩耗性に優れた硬質塩化ビニル製のプロファイルと、自立強度のあるスチール部材から構成されている。
 



 

製管方式

●牽引式

①プロファイルに巻き癖を付ける。
②マンホール内に設置した牽引式製管機で製管する。
③製管した更生管をウインチで引き込む。




 
●自走式

①プロファイルに巻き癖を付ける。
②管内の自走式製管機にプロファイルを供給する。
③製管機が製管しながら自走していく。




 


電子カタログPDF

SPR-SE工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

日本SPR工法協会
TEL : 03-5209-0130     FAX : 03-5209-0131
http://www.spr.gr.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧