• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

電子カタログ

「Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法|メンテナンスフリー型 ステンレス鋼製排水溝|四つ葉産業株式会社 [販売元・施工]/株式会社橋梁サポートエンジ [製造元]」の資料請求はこちらから

Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法|メンテナンスフリー型 ステンレス鋼製排水溝|四つ葉産業株式会社 [販売元・施工]/株式会社橋梁サポートエンジ [製造元]

NETIS登録番号:KT-160064-VE
Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法 リニューアル前

1.リニューアル前

Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法 撤去材(腐食損傷状況)

2.撤去材(腐食損傷状況)

Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法 リニューアル後

3.リニューアル後

概要

「Gブロックドレイン」は従来の鋼製排水溝が抱える問題点であるメンテナンスの難しさと腐食に対する改良、また浸入水によるダメージから床版を保護する止水対策を行った新型鋼製排水溝である。
自己修復機能を有する二相ステンレス鋼(SUS821L1)を使用することでメッキ等の表面処理が不要となり、また透水部にはステンレス畳編フィルターやゴムチップフィルターを内蔵することでゴミ等による目詰まりを低減しメンテナンスフリーを実現している。

 
 

特長

  1. 二相ステンレス(SUS821L1)採用による腐食防止
    従来品(SS400+各種メッキ処理・ナイロンコーティング)は小さな擦り傷等から腐食錆が発生し、全体の腐食が進む。
    また海岸部や凍結防止材を散布する場所では塩分により腐食が進むが、ステンレス鋼を使用する同製品は腐食の心配がなく、従来品に比べ耐用年数が長く、ライフサイクルコストでも有利である。

    二相ステンレス(SUS821L1)採用による腐食防止

    経済比較・ライフサイクルコストの状況

  2. 二相ステンレスによる高強度と軽量化を実現
    ステンレス鋼を用いることでSS400鋼材と比較して強度が1.6倍と高くなり、薄板化による約30%の軽量化を実現。
    軽量のため施工性に優れ、工期短縮等によるコスト縮減効果が期待できる。
  3. 透水性フィルターを採用
    ステンレス畳編フィルター(車道部)やゴムチップフィルター(歩道部)により、ゴミや枯れ葉などによる目詰まりを防止。
    機能低下を起こさず、メンテナンスフリーを実現。
  4. 床版保護(鋼製排水溝底面への浸入水防止対策)
     

    (対策A)背面の浸入水
    (対策A)背面の浸入水
    背面の浸入水を導水プレートで受け、
    導水孔より鋼製排水溝内へ導くことで
    床版への浸水を遮断する。
    (対策B)内部からの漏水
    (対策B)内部からの漏水
    鋼製排水溝内部からの漏水を継手部の
    専用止水構造により遮断し、
    床版を保護する。
  5. 鋼製排水溝リニューアル工法
     

    施工手順(既設排水溝の取替え)
    施工場所:国道18号貫ノ木跨道橋(国土交通省長野国道事務所)
 

「Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法|メンテナンスフリー型 ステンレス鋼製排水溝|四つ葉産業株式会社 [販売元・施工]/株式会社橋梁サポートエンジ [製造元]」の資料請求はこちらから

四つ葉産業株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 176-0003 東京都練馬区羽沢1-7-7-401 TEL 03-5912-2880 FAX 03-5912-2881
HP https://www.yotsuba-mta.jp/

最終更新日:2023-12-14

「Gブロックドレイン S-plus リニューアル工法|メンテナンスフリー型 ステンレス鋼製排水溝|四つ葉産業株式会社 [販売元・施工]/株式会社橋梁サポートエンジ [製造元]」

「道路・橋梁・トンネル資材」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加