建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設ソフト、IT関連 > その他

株式会社コモドソリューションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上杉 秀樹)は、一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川 裕己)監修による熱中症計を利用したIoTサービス『熱中症対策サポーター』2017年度シーズンの申し込みを受け付けている。
本サービスによる「職場環境の見える化」で、熱中症による労働災害の防止をサポートする。
 
熱中症危険度を遠隔監視する建設業向けIoTサービス『熱中症対策サポーター』
 
■サービスの概要
本サービスは、日本気象協会監修による熱中症計(センサー端末)、熱中症計とBluetooth(R)を接続するスマートフォン及びスマホアプリ、クラウド上のセンターシステム、監視のためのパソコンおよびディスプレイによって構成されている。
主な特長は下記の通り。
 
(1) 作業員に熱中症計を配布し、安全管理者が建設現場の熱中症危険度を監視
熱中症危険度の高い場所で作業する作業員に熱中症計を配布し、職場の温湿度データを収集。
作業員の職場環境を熱中症危険度の一覧で表示することにより、安全管理者が各職場を監視することが可能。
 
(2) 熱中症危険度をわかりやすく可視化
ひとめで危険度がわかるよう、一覧で各職場の環境が表示される。
 
(3) 複数の職場環境を一括監視
一つの現場でもセンサーをもつ作業員をエリア毎や職種毎に複数配置することで、さまざまな職場環境を一括監視できる。
 
(4) 複数の現場を本社で一括監視
各現場に一つずつセンサーをもつ作業員を配置することで、複数の現場環境を本社で一括監視できる。
 
(5) 熱中症危険度の高い場所にいる作業員に、休憩を促すメッセージ送信が可能
メッセージは簡単に作成・送信ができるため、危険が分かってからすぐに休憩を促せる設計。
 
(6) 幅広い場面で利用可能なサービス設計
熱中症計とスマートフォンを所持するだけで管理ができるため、建設現場だけでなく、高齢者、学校行事、各種イベント等でも利用可能。
 
■標準価格(税別)
98,000円〜
 
■問い合わせ先
株式会社コモドソリューションズ
http://ehacss.comodo-cloud.net/

このページの先頭へ




福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂 寅輝)は、建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト「3Dカタログ.com」において、PC画面上で各種サービスの接客対応を行う、オンライン相談窓口『WEB支店』を2017年6月より開設した。
 
福井コンピュータドットコムがオンライン相談窓口『WEB支店』開設
 
■概要
現在、同社では「3D カタログ.com」を中心としたWEBサービスの開発・販売を行っている。
今回、オンライン相談窓口「WEB支店」を開設し、インターネットによる「対面オンラインサービス」を開始した。
これにより、全国のユーザーが対面オンラインサービスを利用し「住宅プレゼンシステムに関する相談」「設計CAD導入に関する相談」「省エネ計算システムに関する相談」等、さまざまな個別相談を事務所にいながら、いつでも気軽にできるようになった。
「WEB支店」は、「3Dカタログ.com」上に開設している。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com

このページの先頭へ




公益財団法人 日本航空教育協会(所在地:山梨県甲斐市、理事長:梅沢 重雄)の傘下にある「JAAドローンパイロットスクール」では、今後建設業界で導入を進める「i-Construction」への対応を図るため、同スクールおよびJUIDA認定校で既にドローン操縦資格を有する者を対象に、航空測量関連知識や画像解析操作等を学び、測量支援ができるドローンパイロットを全国地域活性化支援機構、アジア航測株式会社と連携して育成を行っていくこととなった。
 
『測量専門ドローンパイロット』の育成スタート
 
■概要
【建設業界でのドローン活用】
建設業界では将来心配される人材不足への対応や、ドローンによる測量を取り入れるなどさまざまな生産性の向上を目指そうとしている。
また国土交通省でも、3Dマシンコントロールなどを使った情報化施工や、ドローン(無人機)およびロボットを使った構造物の点検・補修など、さまざまなICT(情報通信技術)関連の設計・施工・維持管理技術の導入や開発を進めており、今後の活用が期待される。
しかし、i-Constructionを円滑に行うためには、正確なデータ取得が必要であり、そのためには通常のドローン操縦技術に加え、写真測量を中心とした測量知識や測量士と連携して安全に正確に飛行させる技術が必要となっていく。
 
【4団体が連携した人材育成プログラム】
そこで、公益財団法人 日本航空教育協会が主体となって事業を推進し、全国地域活性化支援機構で全国の測量士へ啓蒙を図るほか、アジア航測株式会社が航空測量に関する知識を、学校法人 日本航空学園が航空関連知識とドローンの操縦訓練を指導して、スクール運営を行うことになった。
講習終了後は専門教育を受けて実務的運用ができるパイロットの証として、公益財団法人 日本航空教育協会より、用途別飛行証明(建設)が授与され、建設業界で信頼性のあるパイロットである資格として流通を図る計画。
予定では6月より講習を開始し、測量会社で即戦力として活躍できる人材育成を目指す。
 
【用途別飛行証明とは】
現在、ドローンスクールでは、ドローンを操縦と安全管理サポート時間を含め10時間の飛行経験を目安として指導しているが、講習を終えた段階ではドローンを1人で飛ばせるようになった自家用レベルであり、業務として仕事を請けていくには業務別に様々な専門知識を学んで用途に合わせた飛行ができるパイロットが必要となる。
用途別飛行証明はこうした時代背景を先読みして、今後発展する測量、建設、農業、空輸等の各分野の専門教育を受け、プロパイロットとして信頼できる人材の証として将来に広がりを持たせた資格である。
 
■問い合わせ先
公益財団法人 日本航空教育協会
https://www.jaeazaidan.org

このページの先頭へ




福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂寅輝)では、インターネット上でいつでも3D仮想モデルハウスを見学でき、施主の満足度をより高める新しい住宅広告サービス『3D バーチャル住宅展示場』を、2017年春より公開する。
 
インターネット上で3D仮想モデルハウスを見学できる『3D バーチャル住宅展示場』今春公開
 
■製品の概要
『3D バーチャル住宅展示場』は、インターネット上に各住宅会社の3D仮想モデルハウスを構築し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどから、24時間365日いつでもどこでもモデルハウスの見学ができるサービスである。
 
一般的な写真ベースの住宅ポータルサイトとは異なり、実在のモデルハウスや建売物件などの他、着工前の規格住宅や提案物件まで3D仮想モデルハウスとして公開されるため、住宅を検討中の方は、立体空間によるモデルハウスを見学しながら、より具体的な住まいの検討が可能。
 
また、出展する住宅会社は、実際のモデルハウス建築費や展示場出展費用を抑えながら、無人で24時間365日、3D仮想モデルハウスによる内覧会を実施可能なため、コスト削減と同時に、自社ホームページへの誘導や資料請求受付など、潜在的な顧客の発掘に結び付けることが可能になる。
主な特長は下記の通り。
 
●入替え建材は、国内に流通する100社以上のメーカー製品を取り揃えているため、さまざまなコーディネートを試すことが可能。
●コーディネート結果は、使用されている建材の情報を含んだイメージボード形式で保存、出力ができ、イメージ固めや実際の打ち合わせなどに利用できる。
●実在する建物の場合は、3D仮想モデルハウスのシミュレーションと併せて、実際の内観を全天球カメラで撮影した「360°パノラマビュー」も閲覧可能。
 
※本サービスは全国47都道府県への展開を計画しており、先行して福井県版を2017年春プレオープン、同年夏より本オープンとして公開予定。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com

このページの先頭へ




福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂寅輝)では、2020年までに段階的に義務化される「建築物のエネルギー消費性能基準(省エネ基準)」に適合した、『住宅の省エネ性能を判定する新サービス』の開発に着手し、今春リリースする。
 
福井コンピュータドットコムが『住宅の省エネ性能を判定する新サービス』を今春リリース
 
■製品の概要
今回の新サービスは、同社が運営する、建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト「3D カタログ.com」において、提供を予定している。
主な特長は下記の通り。
 
1.建材・設備機器情報の新設と拡充
「3Dカタログ.com」に収録されるサッシ・玄関ドアの製品情報に、住宅の省エネ性能算定に必要となる「性能数値情報」および「建材証明書」を追加。
さらに断熱材、太陽光発電、設備機器等についても「性能数値情報」および「建材証明書」を含んだ製品情報の新規登録を図り、全体で約90社の製品情報を拡充。
 
2.住宅省エネ性能の判定
登録された性能情報等を基に、「外皮性能値(UA 値、ηAC 値、ηAH 値)」と「一次エネルギー消費量」を計算し、住宅の省エネ性能の判定が行えるサービスを提供。
判定で得られた計算結果と各種仕様書は、所管行政庁への申請書として利用することが可能。
本サービスでは、実際に流通しているメーカー製品の性能と数値情報をそのまま計算に利用できるため、短時間で正確な計算結果が得られるとともに、基準に適合した建物の仕様検討や建材・設備の選定、確認申請に至るまで、大幅な業務効率化が図れる。
また、施主に対する省エネ性能の説明資料としても活用できる。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、土砂や足場などの工事部材、アームやバケットが動かせる重機、道路やビルなどの3D素材を並べて工事現場を再現できる3DCGソフトに、自在にポーズが作れる人物素材を追加収録した
『3D工事イラストワークス Ver.1.5』を7月5日より発売した。

  • メガソフトがWindows用土木・建設用イラスト作成ツールの新バージョン『3D工事イラストワークス Ver.1.5』を発売
  • メガソフトがWindows用土木・建設用イラスト作成ツールの新バージョン『3D工事イラストワークス Ver.1.5』を発売

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■製品の概要
「3D工事イラストワークス」は、土砂や足場などの部材、アームやバケットが動かせる重機などの3D素材を並べて工事現場のイメージイラストが描ける3DCGソフトである。
実物サイズに合わせて作られた3D素材により、リアルな工事現場のイラストを従事者自身が手軽に描け、作成したイラストは、
施工計画書、車両規制図、ヒヤリハット報告書、工事関係業者が実施している安全講和の資料などに利用されている。
今回公開の『3D工事イラストワークス Ver.1.5』は、「人は重機みたいに動かせないのか」「もっと詳細な施工の場面図を描きたいので人を動かしたい」といった問い合わせから、自在にポーズが作れる「動く人物パーツ」(人物素材)が86体収録された。
これにより、重機だけでなく人を含めたさまざまな工事現場のシーンを再現が可能となった。
※「3D工事イラストワークス」のユーザーはアップデータにより無償でVer.1.5を利用可能。
 
■標準価格(税込み)
パッケージ版:64,800円
ダウンロード版:59,400円
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/publish/medical_parts/

このページの先頭へ




株式会社オープンランウェイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷口 昌仁)が、最新のVR(バーチャルリアリティ)技術を利用することにより、更地の状態や建築中の物件でも現地で建築予定の建物が実際に建っているように見学することができるVR新築見学システム『SHOWRISE(ショーライズ)』をリリースした。
 
オープンランウェイズがVR新築見学システム『SHOWRISE』をリリース
 
■製品の概要
同製品は、まだ現地に建っていない建築予定の新築戸建物件を現地等で見学できるサービスである。
新築戸建の物件は建築前に販売開始するため、購入検討者はその土地に実際に建つ建物の状態を想像するしかなかったが、未完成の物件でも建物の外装や内装を現地で実際に建物があるかのように確認することや、ベランダやバルコニーからどういった景色が見えるのかを確認することが可能となった。
一般的な設計図やCADのデータを元にVR用の3Dデータを作成できるため、仕様が異なる一戸建ての場合でも、手軽に早く低コストでVRデータ作成が行える。
製品の主な特長は下記の通り。
 
●設計段階で作成される設計図やパース図のCADのデータから建築予定の建物の外見および内装のVR用データを作成
●建築予定地の土地や周辺の状況を撮影し、建物のモデルを重ねることで完成後の実際に近い状態を体験可能
●ベランダやルーフバルコニーから見える景色を体験することが可能
 
■問い合わせ先
株式会社 オープンランウェイズ
http://openhouse-group.com/

このページの先頭へ




WALL株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:白木 航)は、メーカー・設計会社・施工会社・工務店など施設づくりに関わった会社が費用を持ちあって建築・竣工写真を撮影するサービス『Recordy(レコーディ)』https://www.recordy.space/)を5月23日に開始した。
 
WALLが建築写真共同撮影サービス『Recordy』を開始
 
■概要
本サービスは、オーナーと施設の作成に関わっている会社をつなげ、費用を持ち合い、最低3社が集まれば共同で建築・竣工写真を撮影することが可能なサービスである。
オーナーは費用負担なしで、関係会社がスポンサーとなり、1社50,000円を持ち合い撮影し、写真を拡散することも可能。
本サービスの主な特長は下記の通り。
 
●進捗中の撮影案件を見たり、参加したり、参加した案件の写真をダウンロードすることが可能
●写真は本サービスのクラウド上に保存され、必要な時にログイン可能
●50,000円の参加費で高品質な撮影が可能
 
■問い合わせ先
WALL株式会社
http://wall.ac

このページの先頭へ




福井コンピュータグループ福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂 寅輝)は、建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト『3Dカタログ.com』(https://www.3cata.com/を4月18日に公開した。
 
建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト『3Dカタログ.com』
 
■概要
国内の住宅設備・建材メーカー等約100社・4,500製品の3DデータをWEB上に公開し、誰でも住宅プランの検討が可能なサービス。
福井コンピュータアーキテクト社製のCADと連携し、実際の空間を専用サイトに公開することが可能となるため、施主は実際の商品と空間を確認しながらリアリティのある家づくりの検討が可能となる。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com/

このページの先頭へ




国際航業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土方 聡)は、ドローン(無人航空機 UAV:Unmanned Aerial Vehicle)の運航とドローンを用いた3次元計測に関するスクール『ドローン運航・3次元計測スクール』を5月に開設する。
 
国際航業が『ドローン運航・3次元計測スクール』を開設
 
■概要
建設分野においては3次元データを駆使した情報化施工の導入が進んでおり、国土交通省も工事の全工程で3次元データを活用する「i-Construction」の取り組みを本格化させている。
ドローンは3次元データを高効率・高精度に取得できる手段であるが、正確な3次元データを得るための運航方法や計測方法を習得できる教育機関がまだ整っていない。
本スクールでは、ドローンのしくみや関連法令・安全管理方法の座学講習と、ドローン実機を用いた実技講習を通じて、ドローンの操縦・安全運航管理を習得することが可能。
加えて、航空写真測量のパイオニアである国際航業が培ってきた運航方法・計測方法を習得できる。
ドローンを扱ったことのない初心者でも 受講可能なカリキュラムである。
また、本スクールは一般社団法人日本 UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールであり、修了者はJUIDAの操縦技能証明書および安全運航管理者証明書の取得が可能(スクール修了後に修了者からJUIDAへの申請が必要)。
 
【スクール概要】
●スクール名:「ドローン運航・3次元計測スクール」
●開講時期:2016年5月
●スクール内容:座学講習3日、実技講習2日(計5日)
●場所:国際航業株式会社東京事業所(東京都府中市)及び関西事業所(兵庫県尼崎市)
 ※実技講習はドローン飛行が可能な場所に移動して実施
●対象:ドローン運航および3次元データ取得に関わる実務者(年齢20歳以上)
●申込方法:Webサイトより申し込み(2016年4月公開)
●受講費:後日案内
 
■問い合わせ先
国際航業株式会社
TEL:042-307-7200
http://www.kkc.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード