建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工|SSI工法|塩害対策工法研究会
NETIS登録番号:(旧)KK-100009-VE

  • 施工断面図(半面はつり:Sa断面)

    施工断面図(半面はつり:Sa断面)


  • 施工断面図(背面はつり:Sd断面)

    施工断面図(背面はつり:Sd断面



  •  

    概 要

    高度経済成長期以降に建設されたコンクリート構造物の多くに、塩害による劣化があり、(公財)鉄道総合技術研究所と旧日本道路公団試験研究所は、高防錆型断面修復工法「SSI工法(NETIS登録名称:N-SSI工法)」を共同で開発した。
     
    「塩分吸着剤」の構造・反応模式図
     

    「塩分吸着剤」の構造・反応模式図


     

    特 長

    SSI工法は、「塩分吸着剤」をあらかじめ配合した防錆剤を鉄筋に塗布し、専用のポリマーセメントモルタルで断面修復を行う工法である。
    「塩分吸着剤」のイオン交換機能により、鉄筋の残存錆や周辺のコンクリート躯体に含まれる塩化物イオンを吸着無害化すると同時に、亜硝酸イオンを放出して鉄筋近傍を防錆環境へ移行させる。
    本工法は、鉄筋位置の塩化物イオン量が10kg /m3未満かつ鉄筋腐食が軽度であれば、鉄筋半面までのはつり出し(Sa断面)で済むため経済的である。
    また、鉄筋の腐食が進行している場合や、鉄筋位置の塩化物イオン量が10kg /m3以上の場合でも鉄筋背面まではつり出し(Sd断面)で対応できる。
     

    施工実績

    本工法は海岸に近い塩分の強い影響を受ける橋梁の上部工、下部工をはじめ、凍結防止剤が欠かせない寒冷地帯の高速道路など多くの適用実績(全国で900件以上)がある。


  • 鉄筋腐食防止のメカニズム

    鉄筋腐食防止のメカニズム



  •  

    施工20年経過後の追跡調査状況

    本工法で補修した海岸沿い(海岸から35m)に位置する橋梁の桁について、施工から20年経過しても防錆効果が持続していることが確認できた。
     

  • 施工20年経過後の追跡調査状況


  •  
     


    電子カタログPDF

    SSI工法 の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    塩害対策工法研究会
    TEL : 042-501-2605     FAX : 042-501-2838
    http://www.ssikk.jp/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧