建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 排水構造物工|W2R工法(既設側溝のリニューアル工法)|W2R工法協会
NETIS登録番号:(旧)SK-050002-VE

  • 施工例

  • W2Rカッター



 

概要

「W2R工法」は、特殊カッターを利用した環境に優しい既設側溝のリニューアル工法。
従来工法と比べて施工日数を短縮でき、また歩道のバリアフリー化工事を円滑に行うことができる。
 
[本工法の採用に適したケース]
・民地側に壁等が近接しており、既設側溝取り壊しの際に壊れる恐れがある場合
 
・店舗等の乗り入れ部が多いため、できるだけ短期間で施工しなければならない場合
 
・民家、店舗等が工事場所に近接しているため、既設側溝取り壊し時に問題となる騒音・粉塵を極力減らしたい場合
 
・歩道部の幅員が狭小であり、工事中に歩行者や自転車への影響をできるだけ少なくしなけらばならない場合
 

特長

1.騒音や粉塵が少なく環境に優しい
既存の電動ハンマーによる工法でははつり時の騒音や粉塵が問題となっていたが、本工法で用いる「W2Rカッター」は低騒音型の特殊コンクリートカッターで、周辺住民や道路利用者への悪影響を軽減できる。また既存側溝を傷めることなく内側から切断するので、従来工法よりも粉塵が出にくい。
 

 
2.工期の大幅な短縮
作業工程が多い従来工法を見直し、作業を省力化したことで工期の大幅な短縮を実現。
通行止めの場合は、10m程度は即日開放が可能である。
 

 
3.排水性、歩行性に優れたバリアフリー歩道
現在、車道との段差解消のために歩道を低くするバリアフリー化工事が全国各地で行われている。
これに伴い歩道脇の側溝を切り下げる工事も必要となっているが、本工法は既存歩道や周辺民地への影響が少なく、既存側溝の切り下げに適した工法である。
 

 

W2R側溝蓋 ラインアップ例

 
蓋上面に連続スリットを設けることで縦断方向どこからでも雨水が取り込めるので、歩道面の排水性は良好。
また表面に模様があり滑りにくいので、歩行性にも優れている。
 



 


電子カタログPDF

W2R工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

W2R工法協会
TEL : 087-894-8134     FAX : 087-894-0603
https://www.w2r-jp.com/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧