建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 法面工 フラットキャップ |災対新技術研究会
NETIS登録番号:KK-110058-VE

 


  • 従来技術との形状の比較

  • 構造図



 

概要

「フラットキャップ」は、地山補強工の鉄筋挿入工(ロックボルト工)の地表突出を小さくする頭部定着材。定着における補強材とのかん合を地中部分で行うことにより、補強材の締付け部の余長が不要となり地表部の突出を抑える。
 

特長

1.補強後の斜面の景観に影響がなく、安全も確保
表面が飛び出さないため景観がすっきりするほか、歩行者や車両の通行を妨げないため安全性が高い。また斜面の前面スペースに制約がある場合でも使用することができる。
 

 
2.補強斜面の耐久性を向上
突出がないので外部からの損傷を受けにくくなり、落石や車両の衝突で壊れることがない。
 

壊れやすかった従来キャップと異なり、落石対策と併用しても安全が確保される。
 
3.道路メンテナンス作業もスムーズ
除雪、草刈りなどの維持管理作業の支障にならない。
 
4.防錆油ではなく発泡ウレタンで止水処理
オイル流出の心配がないため、水際や水中でも使用可能。
 
5.コストダウンの実現
従来技術と比べシンプルで安価。芯材も10㎝短くなる。
 

製品仕様

 


・ 芯材は各種メーカー品が使用可能
 ネジ節異形棒鋼:D19〜D25 自穿孔ボルト:φ28.5
 ( 設計荷重:常時80kN/本・地震時100kN/本以下)
・ 補強土工の設計計算には影響しない(フラットキャップを使用しても芯材の規格は変更不要)
・ 亜鉛めっきで防食されている(重防食対応タイプもあり)
・芯材長には定着余長が不要   ・直角±15°の範囲で調整できる
・頭部は発泡ウレタンを充填   ・部品が少なく取付けが簡単
・施工業者に制限はない


 

施工例


  • 和歌山県 高野龍神スカイライン

  • 和歌山県 復旧治山工事

  • 佐賀県 六角川

  • NEXCO中日本 新東名高速道路



 
 
 


電子カタログPDF

フラットキャップ の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

災対新技術研究会
TEL : 0736-64-8099     FAX : 0736-64-8889
https://isabou.net/sponsor/saitai-shin-gijyutu/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧