建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 道路・橋梁・トンネル資材 > 橋梁補修補強工|補強主筋埋設方式橋脚補強工法 AT-P工法|AT工法研究会
NETIS登録番号:(旧)QS-060003-VE

 

  • AT-P工法の大谷川橋(静岡県)

    大谷川橋(静岡県)

  • AT-P工法の鳴門IC ランプ橋(徳島県)

    鳴門IC ランプ橋(徳島県)



 

【橋脚補修工法】

本工法は、補強筋外側配置のRC巻立て工法や従来のPCM巻立て工法に比べて、補強部巻立て厚を極度に抑えた(最小34mm)橋脚耐震補強工法。
 
従来は既設橋脚躯体周囲に設置していた補強軸方向鉄筋を、躯体に施した溝切り部に埋設し、空隙部にエポキシ樹脂を充填して定着させた後、既設橋脚躯体表面に帯鉄筋を配置し、ひび割れ抑制のためポリプロピレン繊維を混入したポリマーセメントモルタルを巻立てる工法である。
 
 

特 長

1 .巻立て増厚がRC巻立て工法の約1/8、従来のPCM巻立て工法の約1/2以下に抑えられる。
2 .河川中の橋脚補強における河積阻害率がほぼ増加しない。
3 .既設コンクリート内に直接補強鉄筋を埋設することにより、コンクリート断面を増加させることなく、確実に耐荷力向上を図ることができる。
4 .補強による重量増加を大幅に抑えることにより基礎構造および地盤への負担を軽減できる。
 
 
工法概要図
AT-P工法の工法概要図


 

フーチング部の削孔

フーチング部の削孔
橋脚表面に削孔用溝を切削し、専用削孔機で躯体内フーチング部に切削する。
PAT.536711 5


 

施工フロー

AT-P工法の施工フロー


 

令和元(2019)年度実績

蕷ヶ岱橋、乙部舘橋、野田橋、袰野大橋、中埣橋、中荒川橋、あずま橋、内阿原橋、赤池橋、北勢大橋
 
 
 


電子カタログPDF

AT-P工法(河川構造物補強工法) の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

AT工法研究会
TEL : 0973-23-9083     FAX : 0973-22-8092
http://www.kkat.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧