• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設ソフト、IT関連 > CAD、BIM・CIM

日軽情報システム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:四方 晃)は、同社が提供するサブスクのエクステリアCADシステム『ExCAD』(イーエックスキャド)に、AR・VRコンテンツが作成できる「クラウド提案ツール」がセットになった新料金プラン2種を、2020年10月1日から提供開始する。
 

 
■概要
新料金プランは、「ExCAD.Zero PREMIUM※1」とこれまでオプションだった「CloudViewer※2」をワンパッケージにした料金プランで、月々の支払いがリーズナブルな「スタンダードプラン」、初期費用を抑えたい方へオススメの「コミコミプラン」の2つから選べる。
 
提供開始にあわせて、ビジュアライゼーションツール「Twinmotion※3」へのデータ連携機能も公開する
 
 
※1 エクステリアCADシステム。レンダリングには「V-Ray」を採用し、ウォークスルーや数量拾い出し機能を標準装備している。
建築CADとの連携も対応し、建物データと簡単に図面内で合成できる外構パッケージプランや、和風の坪庭プランなども収録している。現在の最新版は「ExCAD.Zero PREMIUM」。
 
※2 CloudViewerはWithコロナ時代に最適な施主への提案や、AR・VRコンテンツの作成もできるクラウド提案ツールで。ExCADで作成したモデルをCloudViewer内にアップロードすることで、インターネットの接続環境があれば、PCだけでなくスマホやiPadからも利用できる。
 
※3 Twinmotionは、ビジュアライゼーションのためのツール。設計データを基にして、ハイクオリティな画像や映像、パノラマ、標準的なVRビデオなどを素早く簡単に作成できる。
建築、建設、都市計画、造園向けに特化。
 
 
 

■問い合わせ先
日軽情報システム株式会社
https://group.nikkeikin.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、iPad間取りアプリ『まどりっち』のアップデート版を2020年9月10日に発売する。
 

 
■概要
今回のアップデート版では、3D建築CADシステム「ARCHITRENDZERO Ver.7.1」(2020年9月10日リリース)とのデータ連携に対応。iPadで作成した間取り図を「住宅BIMモデル」として設計実務に直接活用でき、さらなる業務効率化とモバイルワーク支援を図っていく。
 
■ポイント
『まどりっち』で作成した部屋・建具などの間取り情報をクラウド上にアップロード。「ARCHITREND ZERO」に取り込むことで、そのまま自動変換して高精細パースや申請図面などを一括作成することが可能。
 
・今回の連携で、施主や営業スタッフは間取りイメージの具現化が図れるとともに、設計スタッフのプラン入力手間を削減できるなど、これまでになかった新しい業務フローを実現できる。
 
 
※データ連携にはARCHITREND ZERO Ver7.1 基本プログラムと、クラウドストレージとして3Dカタログ.com有料会員契約が必要。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」の新オプションとして、写真のようなフォトリアルCGが作成できる『ARCHITREND V-style』を9月10日に発売する。
 

 
■概要
最新のレンダリングエンジン「V-Ray」※を搭載した新規オプション「ARCHITREND V-style」では物理ベースのレンダリング処理で空気感のある雰囲気や細かいディテール演出が可能。フォトリアル品質と簡便な操作性を両立したことで、訴求力の高いビジュアルイメージを作成できる。
 
※「V-Ray」 Chaos Software Ltd(本社:ブルガリア)が開発した高性能レンダラー。
非常に高速なフォトリアル品質のレンダリング処理が可能で、世界中の映画・建築などのプロユースで高いシェアを有する。
 
■主な機能
ARCHITREND ZEROパーススタジオからダイレクト起動が可能。3Dモデルだけでなく質感やテクスチャ、カメラ情報などもそのまま連携するため、煩雑な設定なしでスピーディーにフォトリアル品質が実現できる。これまでにない新しい機能や表現でビジュアライゼーション効果をさらに向上させることが可能。
 
・HDRI画像を背景データとして光量計算することで、太陽光の特定や背景とマッチした自然な表現が可能。
・ガラス・金属・床材など建築部材ならではのマテリアル表現を大幅にアップしてフォトリアル感を強化。
・インタラクティブモードで、レンダリング中でも成果イメージを確認しながらアングル・テクスチャ変更が可能。
・配光データ(IES)で実際の照明機器の明るさ・色・拡がり具合などを正確に再現。
・焦点を合わせたい被写体を選んで奥行感(ぼかし)のある写実性が再現できる被写界深度に対応。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




キヤノンマーケティングジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、大判プリンターMFPモデルとクラウドストレージを連携する、建設・建築業向けのテレワーク環境支援ソリューションとして、『図面変換シェアソリューション』を8月上旬より提供開始する。
 

 
■概要
キヤノンMJは、大判プリンター(MFPモデル)とクラウドストレージを組み合わせ、紙図面のスキャンからCADデータへの変換、そしてクラウドストレージへの保存を可能にするテレワーク環境支援ソリューション『図面変換シェアソリューション』を2020年8月上旬より提供し、CAD図面などのクラウド活用による建設・建築業での新しい働き方推進に貢献する。

 
・紙のCAD図面を簡単電子化、クラウドへ簡単保存
大判プリンター(MFPモデル)は、スキャンした紙図面を電子データ(イメージデータ)化し、簡単な操作でクラウドストレージへ保存できる。電子化した紙図面の電子データをPCでCADデータに変換したうえで保存することで、手作業に頼っていた紙図面のトレース作業を効率化し業務時間を削減可能である。
 

・クラウドストレージ格納でCAD図面などを自宅からアクセス可能に
図面をはじめ、作業・施工データをクラウドストレージに安全に格納することができる。インターネットを通じてオフィス内はもちろん、外出先や自宅からでも、図面データなどへのアクセスが可能となり、場所に限定されない働き方の構築を実現する。
「HOME type-S2」は、クラウドストレージである「HOME-BOX2」と「IT運用支援」を組み合わせた中小オフィス向けIT支援サービスである。専任スタッフがユーザーのIT利用をサポートするため、安全に運用できる。
 

・CADデータ変換ツール概要
大判プリンター(MFPモデル)でスキャンした図面データや、複合機で受信したファクスデータのイメージデータを、編集可能なCADデータに変換できる。同ツールでは、変換後のCADデータを加工/編集することも可能。また、イメージデータからだけでなく、取引先企業などから受領したPDFデータを、編集可能なCADデータに変換できる。
 

・「HOME type-S2」概要
文書データを管理し、社内外での活用ができるクラウドストレージサービスである。
大判プリンター(MFPモデル)からのスキャンデータをクラウド上のストレージに格納でき、社内や取引先企業との文書の共有や、モバイル環境からの閲覧を可能にする。複合機に届いたファクス文書をクラウドストレージに転送することも可能である。
 
 
 

■問い合わせ先
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
https://cweb.canon.jp/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、高画質での3D表示機能とウォークスルームービー出力機能と、テレワークでの打合せやプレゼンにも活用できる360度パノラマ画像やAR用ファイル(glTF形式)出力機能を追加搭載したオフィスデザイン用CGソフト『3Dオフィスデザイナー11』を公開した。
 

 
■概要
メガソフトの3Dオフィスデザイナーシリーズは、簡単な操作でオフィス空間を3DCGでデザインでき、3Dイメージを自在に操作して、空間シミュレーションができるソフトウェアである。
『3Dオフィスデザイナー11』は2019年8月に販売を開始したシリーズ最新製品で、オフィスデザイン業者らに利用されている。
今回、3Dイメージをシリーズ最高画質で表示する新機能・高画質3Dライブスクリーン「Pixage(ピクサージュ)」を追加搭載した。
 
■特長
・1クリックで「Pixage」画質に切り替え
操作画面上のボタンをクリックするだけで、3Dパース表示エリアがPixage画質に切り替わる。
5つのアートフィルタを用意、1クリックで3D空間のイメージ調整が可能。
 
・「Pixage」画質のオフィス空間を3Dシミュレーション
「Pixage」はパース画像出力用のレンダリング機能とは異なり、高画質空間内の視点移動、360度シミュレーションが可能。
もちろん、表示しているイメージを画像(パース)として出力したり、オフィス内を歩いて回るイメージ動画=ウォークスルームービーもPixage画質で出力できる。
 

■その他の追加機能
さらにテレワークによる打ち合わせ用ツールとして以下の機能を追加した。
同ソフトを所有しないクライアントらへ3Dコンテンツの配布が可能。
 
・360度パノラマ画像出力機能
現在の視点位置を中心にした空間イメージを、360度パノラマ画像(jpeg)に出力することができる。
出力した画像ファイルをFacebookのタイムラインやLINEのトークに投稿したり、Webページに掲載することで、グルグルと見回せる簡易VRとしても提供できる。
 
・ARファイル(glTF形式)出力機能
操作画面上の3DイメージをAR用ファイル(glTF形式)に出力する機能を搭載した。
出力したファイルは、Windowsの3Dビューアーで閲覧ができるほか、glTF表示アプリで現実空間に出現させることができる。
 
また、メガソフトが提供するイエクラウドアプリにもAR機能を新搭載。同ソフトで作成した3Dデータを現実空間に出現させることが可能。
 
 

※『3Dオフィスデザイナー11』の既存ユーザーには無料アップデートで全ての新機能を提供する。
 
 
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)は、iPadを活用してプランニング作業を効率化するアプリ 『まどりっち』をリリースした。
 

 
■概要
テレワークなどの新しい作業スタイルが注目される中、5G(第5世代移動通信システム)の普及や教育機関でのプログラミング教育などでタブレット活用シーンの拡がりも期待されている。
同アプリはiPad上で動作するアプリケーションとして、手描き感覚で間取り図やリフォーム現況図などが簡単に作成でき、同社の3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」へのデータ連携も可能
 
■特長
・Apple Pencilなどを使って『手描き感覚』によるシンプル操作で間取りプランを描き上げることが可能。
 
・場所・時間を選ばず誰でもすぐ使えるため、新築の初期プランニングやリフォーム現況調査などで活用できる。
 
・アプリで作成したデータをアップロードしてARCHITRENDZEROデータに自動変換。設計業務にも連携できる。
 
※ ARCHITREND ZEROとのデータ連携は2020年9月対応予定。
※ データ連携には3Dカタログ.com の有料会員契約が必要。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社RenderBox(本社:東京都目黒区、代表取締役:中井 俊輔)は、リモートワークが主流になる中、建築業界における社内での情報共有や承認工程の効率化をスムーズに行えるサービスとして、建築CGパースブランド『カシカ』の提供を開始した。
 

 
■概要
「制作の効率化」、明確な料金による「予算組みの円滑化」、初回特典による「コストの削減」で担当者の業務効率化をサポートする。
同ブランドは、4月1日に発足し、同時に料金プランサービスも試験的に行っていた。
ユーザーの意見などを取り入れ、より良いカタチで今回本格的に料金サービスと初回限定サービスを開始する。
一般のユーザーも新築やリフォーム等の完成予想図として気軽に利用できる。
 

■カシカの特長
「光に特化した」建築CGパースブランドである。
照明設計のノウハウをもとに制作するCGパースは、「光の再現」「光のコミュニケーション」「光による空間演出」といったユーザーの要望に応えることができるのが特性といえる。
また「光にこだわりたいがどこに依頼すれば良いのか分からない」「想定で一旦仕上げて欲しい」など、ユーザーの悩みを解消でき、建築だけでなく光のコミュニケーションがとれるのもサービスの特長。
 
各社照明メーカーと連携し、IESデータ(照明器具の測光方式を使用して作成されたデータファイル)を使用しており、実際の光環境に近い絵作りを心がけているだけでなく、光の表現を追求することでCGのイメージクオリティが格段に良くなる。

 
■3つの料金プラン
プロジェクトの内容や予算に合わせて利用できる。
 
1カット平均単価(税別)
・ライトプラン:30,000円
・ベーシックプラン:50,000円
・マスタープラン:70,000円
 
WEB料金ページ: https://www.render-box.net/%E6%96%99%E9%87%91%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3/
 
※3つの料金プランはインテリア(内装)CGパースが対象となっている。外観・鳥瞰・手書き・合成パースは
都度見積もりとなる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社RenderBox
https://www.render-box.net/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)は、最新版の3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO Ver.7」を2020年6月24日に発売する。
 

 
■概要
ARCHITREND ZERO Ver.7 では、働き方改革やテレワークなど新しい労働環境への対応として、基本機能の強化による生産性の向上、フォトリアルパースによる提案力の向上、モバイル端末や Web・SNS とのシームレス連携などを図ることで、ユーザーの業務効率化ならびに使用満足度の向上実現を目指している。
 
■特長
・これまで寄せられた要望「VOC(Voice of the Customer)」を活用して実務ニーズを洗い出し。
ユーザーの生の声を反映した基本機能の強化で操作性・生産性を大幅に向上。
 
・最新レンダリングエンジン「V-Ray」を採用した新規オプションをリリース。
写真のようなフォトリアル品質を実現してビジュアライゼーション効果を向上。
 
・いつでも、どこでも、誰でも間取り作成ができるiPad専用アプリ「まどりっち」をリリース。
スケッチ感覚で間取り図が作成できるため、初期プランニングの省力化や施主とのイメージ共有を促進。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




アイサンテクノロジー株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:加藤 淳)は、測量業務におけるさらなる作業効率支援のため『WingneoRINFINITY 2021』を発売する。
 

 
■概要
同製品は、ユーザーの業務における各機能の利用場面を掘り下げ、効果的な機能の搭載を推進した。
プログラムの動き、データの流れの理想形を再考し洗練させた、Wingneoシリーズの最新バージョンとして、リリースする。
 
■新機能
1. WingEarth連携機能強化
2. Microsoft OfficeR2019対応
3.オンライン申請「調査士報告方式」に対応
4.コマンド起動位置の記憶機能
5.CAD杭写真配置機能
6.画地調整支援ツール 面積調整で自動配点など調整機能を強化
7.ユーザー要望からの機能への反映搭載
 

■発売開始予定日
2020年3月16日
 
■標準価格
測量基本セット 税抜き価格1,000,000円〜
 
 
 

 
■問い合わせ先
アイサンテクノロジー株式会社 
https://www.aisantec.co.jp

このページの先頭へ




野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原 弘輔)は建設業界の生産性を向上、3次元設計体制へのソフトランディングを加速させるべく、「BIMobject Cloud」サイトに自社製品のBIMデータ掲載を検討中の建材、家具、設備等の各メーカーを対象に、2020年6月末まで期間限定のトライアルキャンペーンを実施する。
 

 
■キャンペーン概要
 
・対象
「BIMobject Cloud」への掲載を検討中の建材・設備・家具等のメーカー
 
・内容
2020年6月末までサイト掲載&BIM製品データ作成等を行う。
※既にBIM製品データ(建材部品など)を持つメーカーは掲載方法を相談。
※BIM製品データを持たないメーカーは同社にて作成する。
(最大5点まで。メーカーサイト掲載のPDF、JPEGファイルなども掲載可)
※トライアル期間中は、サービス内容に制限あり。
 
・申込み期間
2020年3月31日まで
 
・申込み方法
トライアル専用申込みフォームより必要事項を記入の上、フォーム送信。
 
 
 

■BIMデータ掲載のメリット
「BIMobject Cloud」を使って、グローバルなセールスマーケティングができる。
デジタルレプリカとして自社製品をBIM、VR・ARに対応したデジタルコンテンツに変換し、そのコンテンツを「BIMobject Cloud」に掲載することで、国内外のBIMユーザー(設計士など)に自社製品を届けることができる。
 
1.設計担当者などのBIMユーザーへのスペック機会の創出
「BIMobject」は、1年365日、24時間、インターネットユーザーは、いつでもどこからでも利用できる。
ユーザーの多くは設計事務所、建設会社であり、現在、世界で約170万人ものBIM/CADソフトを使うユーザーに利用されている。メーカーは、マーケティングツールとして自社のデジタル製品情報を「BIMobjectクラウド」に掲載することで、世界中のユーザーにアプローチすることができ、海外展開など新しいビジネスへのきっかけづくりにもなる。
また、設計者のニーズにあった効果的なスペック活動が「BIMobject」のWEBサイトだけではなく、設計者が利用する各設計ソフト向けプラグインアプリからも可能となり、自社製品が採用される可能性を高めることができる。
 
2.情報の一元管理で、情報の更新、ダウンロード数などのマーケティング分析も簡単に
「BIMobject Cloud Solution」 は、製品情報、顧客情報ともにクラウド上で一元管理することができる。
また、BIManalyticsを活用することで、BIMパーツデータをダウンロードされたユーザーへのビジネスマッチングができる。(ダウンロード数やそのエリアを確認することができ、有望な潜在顧客にアプローチしやすくなる)
 
 
 

■問い合わせ先
BIMobject Japan株式会社
https://info.bimobject.com/ja/home-japanese
担当:原田
TEL:03-6328-4548
MAIL:japan@bimobject.com

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード