• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

排水構造物工|函渠・開渠を地中に敷設する特許工法 オープンシールド工法|オープンシールド協会

排水構造物工|函渠・開渠を地中に敷設する特許工法 オープンシールド工法|オープンシールド協会

NETIS登録番号:(旧)KT-990261-A
施工前

施工前

施工中

施工中

施工完了区間

施工完了区間



 

概要

オープンシールド工法は、オープンシールド機を使用してプレキャスト製品のボックスカルバートやU型開渠を地中に敷設する工法である。
 
特に家屋が近接した狭い場所での水路や河川の新設・改築に適しており、軟弱地盤・地下水のある地盤での施工、重要施設(鉄道、国道、橋脚など)に近接した施工が可能であり、限られた用地の中で安全、確実、経済的な急速施工を得意とする工法である。
構造物近接により鋼矢板などの土留が施工できない場所で多く採用されている。

 
 

裏込め注入タイプ(NOS Ⅰ型)
裏込め注入タイプ(NOS Ⅰ型)


上部開放型のオープンシールド機を土留として使用する。
地上からバックホウで掘削し、函体はクレーンで据付ける。
シールド機は敷設した函体を反力にして油圧ジャッキにより推進し、シールド機後方の函体上部を直ちに埋め戻す。
以上の工程を繰り返して函体を敷設する。
 
函体の両側部および底部の3方向のテールボイドに裏込注入材を充填する。

 
 

特長

1.急曲線施工が可能
2.家屋・重要構造物などに近接した施工が可能
3.軟弱地盤、帯水層でも施工が可能
4.シールド機上部は交通開放が可能
5.施工幅が小さく、狭隘箇所での施工が可能
6.地下埋設物の下を通過可能
7.既設水路の改築施工が可能
8.シールド機は地中残置ができて多年度分割施工が可能
9.騒音振動が少ない
10.施工帯が移動し、周辺住民への迷惑度が少ない
11.根入れがなく、周辺地盤への影響が少ない
12.仮設備が少なく、工事期間が短い

 
 

施工実績

実  績:1168件(令和4年3月末現在)
最大断面:□-7.0m×5.0m
     □□-(3.5m+3.5m)×3.5m(二連BOX)
     U-5.6m×1.6m
     UU-(4.5m+1.9m)×3.75m(二連開渠)
最小断面:□-0.7m×0.7m
     U-0.5m×0.9m

橋梁・管路下越し施工(NOS Ⅲ型)

橋梁・管路下越し施工(NOS Ⅲ型)

狭隘部施工(函体吊下ろし設備搭載)

狭隘部施工(函体吊下ろし設備搭載)

曲線施工箇所

曲線施工箇所



 

 

「排水構造物工|函渠・開渠を地中に敷設する特許工法 オープンシールド工法|オープンシールド協会」の資料請求はこちらから

オープンシールド協会 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 185-0032 東京都国分寺市日吉町2-30-7 植村技研工業(株)内 TEL 042-574-1181 FAX 042-571-1234
HP http://www.open-shield.com/

「排水構造物工|函渠・開渠を地中に敷設する特許工法 オープンシールド工法|オープンシールド協会」

「共通工」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加