• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 木造住宅用アルミ樹脂複合窓『エピソードNEO-R』発売

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、JIS等級 水密性W-5・耐風圧性S-5を実現し、雨、風、暑さ・寒さから大切な暮らしを守る窓『エピソードNEO-R』を、沖縄県で2019年7月29日から、その他地域で2019年8月1日から発売した。
 
★「エピソードNEOーR」
 
■概要
沖縄県の戸建住宅市場では、近年、構造(工法)の変化が起きており、従来RC造が主流だったが、木造が大きく増加し、2018年度では37%を占める※1 。その沖縄では台風への対策が強く求められ、また全国的にも短時間の局地的大雨が増加している状況もあって、これまでよりも高い水密性・耐風圧性を持った木造住宅用の窓が必要とされ始めた
そこで『エピソードNEO-R』は、1時間当たり240mm相当の降雨時に風速20〜35m/s相当の風が吹いても窓からの雨の浸入を防ぐ水密性W-5、風速62m/s相当の強風にも耐える耐風圧性S-5という安心性能を、木造住宅用アルミ樹脂複合窓として実現した。
水密性W-5はJIS最高等級、耐風圧性S-5は一般的な木造住宅用窓の2ランク上※2にあたる。
さらに、従来の沖縄の窓では一般的なアルミフレーム+単板ガラス仕様に対し、アルミ樹脂複合フレーム+Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)の仕様とすることで、外気温や太陽熱による室内への影響を低減する高い断熱性を実現した。
夏に求められる遮熱対策や結露の対策にも効果を発揮する。
 
■特長
1.水密性W-5
大雨によって雨水が室内へ浸入してしまうと、床の腐食や家財へのダメージなど、深刻な被害をもたらす。
『エピソードNEO-R』は、1時間当たり240mm相当の降雨時に風速20〜35m/s相当の風が吹いても窓からの雨の浸入を防ぎ、水密性のJIS最高等級であるW-5を実現。
引違い窓では、下枠寸法を見直すことで下枠内部の貯水容量をアップし、溜まった水も排水弁からスムースに排水さる。
 
2.耐風圧性S-5
耐風圧性のJIS等級は、一般的な木造住宅用窓を2ランク上回り、風速62m/s相当の強風にも耐えられるS-5を実現。たてすべり出し窓オペレーターハンドル仕様ではロックを2カ所とすることで、強い風のあおりなどにも耐えられる。※3 。
また、引違い窓用のスライド網戸には、強風による網戸の自走防止に配慮したストッパーも標準装備した。
 
3.高断熱
窓のフレームは、断熱性・防露性に優れた樹脂を室内側に採用したアルミ樹脂複合構造。
また、窓の中で大きな面積を占めるガラスには、夏の強い日差しや熱の室内への流入を抑えるLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)を採用することで、外気温による影響を低減する。
高い断熱性を実現することで、熱の出入りや不快な結露の発生を抑え、夏の沖縄をはじめ全国に快適で健康な室内環境を提供する。
 
4.カラーバリエーション
窓の外観アルミ色×内観樹脂色の組合せは23パターン。
窓の外観と内観の色をそれぞれ選ぶことが可能である。
 
 

※1:国土交通省 建築着工統計調査報告より
※2:一般的な木造住宅用窓の耐風圧性のJIS等級をS-3とした場合
※3:たてすべり出し窓 オペレーターハンドル仕様 H>770mmの商品が対象
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード