• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

排水構造物工|地すべり・液状化対策工法 レジェンドパイプ工法|レジェンドパイプ工法協会

排水構造物工|地すべり・液状化対策工法 レジェンドパイプ工法|レジェンドパイプ工法協会

NETIS登録番号:CB-220014-A
MPDパイプ(310型)

MPDパイプ(310型)

レジェンドパイプ推進システム

レジェンドパイプ推進システム

概要

地すべりや液状化現象を抑制する効果的な方法は地下水位を下げ、水による影響を排除するのが効果的である。
「レジェンドパイプ工法」は推進工法により深い箇所にスピーディーに排水パイプを設置し、地下水位を下げ、地すべり、液状化現象を抑制する。
    
●地すべり対策:盛土造成地は、盛土自体の重さで「滑り出そうとしている力」に対して摩擦力などの「抵抗する力」が弱くなると滑動崩落を起こす。
「レジェンドパイプ工法」は大規模盛土造成地などの人工地盤の地下水の排水に効果を発揮する。
 
●液状化対策:ゆるく堆積した砂の地盤に強い地震動が加わると地層自体が液体状になる。
「レジェンドパイプ工法」は、推進工法により深い位置へ排水パイプをスピーディーに設置することで地下水位を効率的に下げることができる。
 
 

特長

1.MPDパイプ
樹脂製有孔管に比べ、その構造から開孔率、空隙率が大きく、集水性能に優れている。
点で集水する有孔管に比べ面で集水するため、フィルター部の目詰まり現象が起きにくく、洗浄によるメンテナンスも容易である。
 
2.推進システム
φ350の鋼管を推進する掘進機および元押しジャッキのシステム。排土方式は泥水方式を採用。
面板は礫用、普通土用があり、さまざまな土質に対可能。
また、リターン機は掘進機を発進立坑まで引き戻すことができるため到達立坑が不要である。
 
 

メンテナンス

樹脂製有孔管は目詰まりしやすく、特に酸化鉄の発生する地域では目詰まりによる集水量の低下が問題となっている。
MPDパイプは高圧洗浄によるメンテナンスにより排水機能を維持することができる。
 

酸化鉄細菌により目詰まりした樹脂製有孔管

酸化鉄細菌により目詰まりした樹脂製有孔管

高圧洗浄による清掃

高圧洗浄による清掃

 

「排水構造物工|地すべり・液状化対策工法 レジェンドパイプ工法|レジェンドパイプ工法協会」の資料請求はこちらから

レジェンドパイプ工法協会 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 432-8001 静岡県浜松市西区西山町1831-4 アサヒエンジニアリング(株)内 TEL 053-485-2050 FAX 053-485-2052
HP https://www.legend-pipe.jp/

「排水構造物工|地すべり・液状化対策工法 レジェンドパイプ工法|レジェンドパイプ工法協会」

「共通工」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加