建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 土工 > 掘削工|斜面安全掘削工法 (SSD工法、新SSD工法)|斜面安全掘削協会
NETIS登録番号:(旧)CG-090016-VR
NETIS登録番号:CG-200014-A

 

  • 急傾斜地での掘削状況

    急傾斜地での掘削状況①

  • 急傾斜地での掘削状況

    急傾斜地での掘削状況②



 

概 要

本工法は、高所・急斜面の土工事において、作業性・安全性に優れた高所斜面掘削機(スプリングチャレンジャー)を使用する工法である。
 
 

特 長

従来は人力掘削もしくは作業構台を設置し、その上に掘削機を載せていたが、本工法は掘削機が自走では登坂できない高所・急斜面において、ワイヤとウィンチを用いた登坂システムにより掘削機を上げ、土工事を行う。
高所・急斜面の土工事を伴う、道路改良工事、急傾斜崩壊対策工事、災害復旧工事、治山工事、また、既設法面のスライスカット、モルタル取壊しを伴う道路維持修繕工事などに適用できる。
 
① 通常の建設機械では不可能な勾配まで掘削可能に
② 特殊掘削機は安全性の面からラジコン仕様車に
③ ワイヤクランプ装置でワイヤを機械と連結しているため、ワイヤが切れても機械が落下しない
④ 人力作業に比べ、施工期間を約1/2に短縮できる(協会独自調べ)
 
●特許取得済 特許第6408739号、特許第4121038号、特許第6420522号、特許第4624441号

●NETIS登録番号:(旧)CG-090016-VR
        :CG-200014-A

 
●スプリングチャレンジャーの主な機能

  • スプリングチャレンジャーの主な機能


  • ●ワイヤクランプ装置

  • ワイヤクランプ装置
  • ワイヤクランプ装置


  • ●従来工法(人力による掘削)との比較
    従来の工法と比べて工期が大幅に短くなる。「スプリングチャレンジャー」を用いた安全性の高い工法で作業員の延べ人数も少なくなるので、労働災害発生リスクも低減できる。

  • 従来工法(人力による掘削)と高所斜面掘削機(スプリングチャレンジャー)の比較

    ※設定条件:掘削(軟岩1)1,000m3、法面整形2,000m2



  • ●ラインアップ

  • 高所斜面掘削機(スプリングチャレンジャー)ラインアップ

    ※全機種ワイヤクランプ装置あり
    ※全機種キャビンのチルト機能あり
    ※SSD17以外の機種はリモコン運転または搭乗運転が可能(SSD17は搭乗運転のみ可能)

  •  
     
     
     
     


    電子カタログPDF

    斜面安全掘削工法(SSD工法) の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    斜面安全掘削協会
    TEL : 082-824-7552     FAX : 082-841-1472
    https://www.ssdkoho.com/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧