建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 仮設工 > 連絡通信設備|建設現場等の緊急警報補完システム|株式会社パトライト
NETIS登録番号:QS-200032-A
  • 建設現場等の緊急警報補完システム概要図
    システム概要図
  • 建設現場等の緊急警報補完システム導入現場例(トンネル工事)
    導入現場例(トンネル工事)

 
 

概 要

建設現場では、管理者による拡声器での注意喚起が一般的であるが、特に広い現場で、そういった注意喚起や、作業停止や避難を要する警報を、無線で補完することで、より確実かつ迅速に行えるシステムである。
無線機器へのインプットは、手動でのスイッチ入力も、センサー等の接点出力を直接入力することも可能で、既存の運用形態との親和性が高いシステム構築ができる。
 
 

特 長

1.拡張性の高い無線システムで現場の隅々まで報知
2.現場に応じた、光や音声機器との連携が可能
3.センサー機器との連携も、接点入力だけでシステム構築

 
 

システム導入例

遠隔報知システムとしてさまざまな作業現場で利用できる。

  • 建設現場等の緊急警報補完システム導入例
  •  
     

    期待される効果

    ・既存の運用に加え、緊急警報を手動や自動で警報を補完するシステムが組め、確実性が高まる。
    ・NE型を使用した手動スイッチは手袋で検知可能。スイッチONで色が変わり、確実に操作したことが認識できる。
    ・無線送信機は、中継機の追加も可能で、現場の隅々まで警報を報知するシステム構築ができる。
    ・報知機器は、現場のニーズに合わせ、光や音、音声など同社のさまざまな機器との連携ができる。

     
     

    利用現場

    ・河川工事(上流での急な増水)・トンネル工事(ガス漏れ)
    ・山間工事(法面の地滑り発生)・ダム工事
    ・港湾工事(漁船接近の工事中断)
    ・橋梁工事(強風など荒天発生)・防災無線との連携
    ・都市部や山間部での道路工事 等
     
     

    報知機器例【モータレス回転灯SF】

  • 報知機器例【モータレス回転灯SF】


  • 抜群の視認性で完全メンテナンスフリーの次世代型回転灯。新開発のマルチフレネルレンズが、光の集光と拡散を同時に実現。モータを使うことなく、超高輝度とメンテナンスフリーを実現している。

     
     

    特 長

    1.LED光源を採用。光源寿命は10万時間以上で視認性を長期間保てる。
    2.22種類の発光パターンを内蔵。ロータリスイッチと配線の組み合わせで簡単に選択でき、使用シーンに合わせて最適な発光を選べる。
    3.国内での設計と信頼性試験をクリアした安定品質。2年間の無償修理対応保証。
    4.灯体サイズをφ80、φ100の2サイズに集約し、最適な大きさを短納期で選定できる

     
     


    電子カタログPDF

    モータレス回転灯SF の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    株式会社パトライト
    TEL : 06-7711-8960    
    https://www.patlite.co.jp/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧