• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館
特集記事資料館
1. はじめに 下水道事業における標準歩掛および間接工事費率は,各地方公共団体に参考送付されている国土交通省土木工事積算基準(以下,「土木工事積算基準」という)を基本としている。合わせて,下水道事業特有の工種については,国土交通省下水道部(以下,「下水道部」という)が中心となり,下水道用設計標準歩掛表(以下,「白本」という)により補足している。 白本は,第1巻管路,第2巻ポンプ場・処理...
1. はじめに 国土交通省では,働き手の減少を上回る生産性の向上と担い手確保に向けた働き方改革を進めるため, 建設現場の生産性向上を図るi-Constructionの推進等に取り組んでいます。 ...
はじめに 環境問題、人口増加、貧困、エネルギー問題など、多くの課題は地理的な要素と密接に関わる。これらの効率的な課題解決に向けて、地理空間情報が果たす役割はますます注目される。本稿では、政府...
はじめに 平成30年7月豪雨では,記録的な長時間の豪雨によって甚大な人的被害と社会経済被害が発生した。平成27年9月の関東・東北豪雨を受けて,「施設の能力には限界があり,施設では防ぎきれない大洪...
施工BIMの目的 当社でのBIM活用の主な目的は、業務効率化・生産性の向上である。2017 年よりICT技術を活用した現場支援プロジェクトを立ち上げ、全社一丸となって働き方改革に向けた取り組...
はじめに 近年、さまざまな業界においてARやVRといったテクノロジーの活用が広がりつつある。 ARとはAugmented Reality(拡張現実)の略称であり、目の前に広がる物理世界に仮...
はじめに 港湾の堤外地等において高潮による浸水被害が発生すると,我が国の港湾物流ネットワークや立地企業の生産活動が大きく停滞する可能性があることから,平成30年3月に「港湾の堤外地等における高潮...
BIMに取り組むきっかけ 当社の内外装部はALC(軽量気泡コンクリートパネル)・ECP(押出成形セメント板)・金属パネル・PC等の設計施工を主たる業務としております。 BIMに本格的...
CIM解決研究会に入会した動機 当社(寺島コンサルタント)は、今後の3次元計測への取り組みの一環として、2016年にMMS(モービルマッピングシステム)を導入しました。MMSの活用の幅を広げるた...
1.はじめに 港湾工事等に従事する作業船は,(一社)日本作業船協会が調査・発行している「現有作業船一覧2017」では6,277隻が掲載されている。その内の約90%を民間企業が保有している。 ...
前の10件
このページの先頭へ
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品