建設資材データベーストップ > 特集記事資料館
特集記事資料館
CLTを活用した建築物の竣工件数の推移
1.はじめに 特徴的な建物や著名な建築家に活用されるなど,新しい素材として話題になることのあるCLT(直交集成板)。 その活用が本格化したのは,平成25年のJAS(日本農林規格)による製造等の規格制定と,平成28年の建築基準法関連告示の公布・施行を経た,ここ数年のことである。 CLTを活用した建築物の竣工件数は着実に増加しており,令和2年度末には累計550件まで増える見込みとなった(図−...
公共建築工事の円滑な施工確保のための各種取り組み一覧
1.はじめに 『営繕積算方式』は,国の統一基準である公共建築工事積算基準とその運用にかかる各種取り組みをパッケージ化したものです。 そもそも『営繕積算方式』は,東日本大震災の復興において,地域...
『インフラ点検のすゝめ 現場の目線 ─実践編─』
はじめに インフラマネジメントテクノロジーコンテスト(名称がやや長いので,以下「インフラテクコン」と記述します)という言葉をご存じでしょうか? 答えは,令和2年9月に第1回のインフラ版コンテス...
1 はじめに 2021年6月25日に総務省は2020年の国勢調査の結果(速報値)を発表した。 日本の総人口は1億2,622万6,568人となり,前回の2015年の国勢調査から86万8,177人...
はじめに 社会インフラ構造物は,1955年以降の高度経済成長期に集中的に整備され,その後のバブル景気まで整備が継続され,1990年以降の平成不況から整備が大幅に縮減した。 この高度経済成長期以...
はじめに わが国では,大規模な震災や近年では豪雨による洪水災害などの激甚災害が多く発生し,(一社)日本橋梁建設協会(以下,橋建協)で施工した鋼橋も被害を受けている。 2017年度より橋建協では...
はじめに 公共事業は,国民生活にとって重要な基盤整備であり,最も身近な社会資本整備の一つである。 一方,多くの事業費を必要とするため,整備にあたってはその効果を十分見極めるとともに,経済性や維...
はじめに 道路法施行規則の一部を改正する省令が平成26年3月31日に告示され,同年7月1日より施行された。 これによ橋等の点検は近接目視により5年に1回の頻度を基本に実施されることとなった。 ...
はじめに 地盤凍結工法は,冷媒を用いて地中の間隙水を凍結させる地盤改良技術である。 地中に埋設された凍結管と呼ばれる配管内に不凍液等の冷媒を循環させることにより凍土を造成する。 凍土は,強固...
広重の鳥瞰図(ちょうかんず) 21世紀,首都圏は4,000万人の世界最大級の大都市になった。 この首都圏がこれほどの大都市になったのには二つの地形条件があった。 一つは徳川家康の利根川東遷事...
前の10件
このページの先頭へ

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品