建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 建築資材 > 躯体・仕上げ関連資材 > その他左官材・仕上塗材|コンクリート構造物(RC・PC)打放し仕上げ塗り材 水性無機硅酸質系ハイブリッド疎水剤 ランデックスコート WS疎水剤|大日技研工業株式会社

 

  • 埼玉スタジアム(WS疎水剤)

  • 文京区第六中学校(WS疎水剤)



 

概 要

打設した「打放しコンクリート」や「コンクリート二次製品」等を塩害、凍害、雨水などの浸入による劣化・中性化から保護し、その長寿命化を図る目的で、機能性、安全性に優れた造膜浸透型の水性無機高分子系吸水防止剤として「ランデックスコートWS疎水剤」が幅広く使用されている。WS疎水剤には「クリア」「半透明カラー」「不透明カラー」タイプがあるが、このうち「クリア」および「半透明カラー」の使用頻度が最も高く人気があり、膨大なコンクリート構造物に塗布されている。
 
[主な用途] 打放しコンクリート用/コンクリート中性化防止保護/無機質サイディグボード用
 
 

特 長

シロキサン結合を有する変性硅酸質と特殊なシリコン基とを組み合わせたハイブリット系バインダーを主成分とするWS疎水剤は、造膜浸透性に優れているため、躯体に含浸、接着し、強固に一体化することができる。また、塗膜全体が完全な疎水基を持ち疎水性にムラがなく、これによりコンクリート構造物を塩害、凍害、アル骨反応、中性化等から長期間にわたり安定して劣化を防ぎ、躯体を自然な形で保護し続ける。
 
またWS疎水剤は造膜浸透性があるので、通常の浸透型撥水剤の問題点である造膜効果が少ないことを起因とする効果持続性の短さに対し、その効果は長期間持続し耐久力に優れている。さらに水性のため作業性が良く無公害で、また静電気を帯びにくく耐汚染性が高い。このように塗膜全体が完全な疎水性を持っており、樹脂に撥水剤を添加したものとは異なって、塗膜のある限り長期間持続する性能を有する。
 
同時に変性硅酸質系バインダーに基因する透湿性を保持し、塗布後に乾燥した「塗膜」は他に類を見ない撥水性を持った通気性塗膜を造る。これにより、外からの雨水の浸入を防ぎ(劣化・中性化防止)、さらに躯体と一体となった塗膜は、「コンクリート」の持つ呼吸性を損なわず共生することができる優れた特性を有している。
 
 

主な施工例

横浜人形の家、東京都立大学、東京サレジオ学園、東北芸術工科大学、慶応義塾大学湘南藤沢校舎、埼玉県立芸術劇場、西武園競輪場、東京芸術大学、東洋大学、さいたまスーパーアリーナ、東京大学、埼玉スタジアム、日比谷図書文化館、日本武道館、佐川美術館、幕張メッセ
 
 

施工モデル図


打ち放しコンクリートの表面状態が良くない場合や経年変化による改修工事において、そのままWS疎水剤の「クリア」および「カラークリア」を塗布すると、躯体表面の状態がそのまま見えてしまうため美粧性に難点が生じる場合がある。このため、コンクリートの素地感・素材感はできるだけ損なわずに、表面の肌合いや風合いを自然に再現させる工法として、「FCコート」を用いた「WS疎水剤 FC特殊工法」がある。


 

設計価格

・A工法(内壁RC面)…2,600円/㎡
・B工法……………………2,800円/㎡
・FC特殊工法……………2,800円/㎡(B工法)+1,600円/㎡
※価格は全て1,000㎡以上の場合
 
 


電子カタログPDF

ランデックスコート WS疎水剤 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

大日技研工業株式会社
TEL : 03-3639-5131     FAX : 03-3639-5129
http://www.dainichi-g.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧