建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 共通工 > 構造物とりこわし工|杭先端チャッキング機構併用 既存杭引き抜き工法(TK工法)|株式会社徳永組
NETIS登録番号:KK-210007-A

 

  • 施工状況1

    施工状況

  • 施工状況2
  • 杭先端チャッキング機構

    杭先端チャッキング機構

 
 
 

概 要

本技術は既存杭の引き抜き撤去に関する工法であり、既存杭先端を支持しながらケーシングごと引き抜くことで、既存杭全長の完全な引き抜き撤去を可能にしたものである。
従来技術であるオーガーケーシング杭抜工法(テレスコクローラクレーンベースの本体機にリーダーを取り付け、そのリーダーにオーガーとケーシングをセットし、杭周を削孔して本体機もしくは相判機にて杭を引き抜く工法)では、既存杭に損傷や劣化および継手不良がある場合、既存杭を取り残す可能性があったが、本技術ではこの点が解消されている。
 
本工法で引き抜かれた杭 (先端にも損傷などはない)
本工法で引き抜かれた杭 (先端にも損傷などはない)
 

特 長

1.既存杭周囲に埋め込んだケーシング下端の上爪・下爪からなるチャッキング機構により、既存杭先端を斜め鉛直に起立した下爪が支持して、ケーシングごと既存杭を引き抜くことができる。
 
2.ケーシングごと既存杭を引き抜く工法なので、ワイヤーロープを使用せず施工性が向上する。
 
3.施工性の向上による経済性の向上、工程短縮を実現。
 

  • 杭先端チャッキング機構(内側)
    杭先端チャッキング機構(内側)
  • 杭先端チャッキング機構(外側)
    杭先端チャッキング機構(外側


適用範囲

適用可能な範囲
・松杭:杭径100〜600mm、杭長40m以下
・既製杭(PC・RC杭):杭径200〜1,000mm、杭長50m以下
・鋼管杭:杭径100〜1,200mm、杭長50m以下
・場所打ち杭:杭径600〜800mm、杭長50m以下
・場所打ち杭:杭径1,000mm、杭長25m以下
 
特に効果の高い適用範囲
・施工条件が完全撤去   
・隣接構造部への近接施工
・既存杭が継杭      
・既存杭が経年劣化している
・既存杭径が細い     
・既存杭が長尺杭
・既存杭の杭頭が深い
 
 

施工手順

1.既存杭杭頭確認
バックホ−にて既存杭の杭頭出しを行い、杭芯を確認して埋め戻しを実施。
 
2.施工機械設置
杭頭にケーシングをかぶせる。
 
3.ケーシング挿入
ケーシングを右回転させて地中に挿入していく。
挿入中、垂直度を常に確認する。
 
4.杭フリクションカット完了
所定の杭の長さ分ケーシング削孔し、杭がケーシングと一緒に回転したらフリクションカット完了。
 
5.既存杭チャッキング
ケーシングの先端の上爪、下爪からなるチャッキング機構により既存杭先端を下爪が支持。
 
6.既存杭引き抜き
ケーシングを左回転させてながら地上まで引き抜く。
 
7.既存杭取り出し
チャッキング機構を開閉し、既存杭を地表面に下ろし、既存杭に玉掛けを行う。
 
8.既存杭の切断
玉掛けした既存杭を、コンクリート圧砕機により順次切断しながら集積する。
 
9.ケーシング削孔部の埋め戻し
ケーシング削孔部に、埋め戻し材料を充填する。
 
 


電子カタログPDF

杭先端チャッキング機構併用既存杭引き抜き工法(TK工法) の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社徳永組
TEL : 072-728-1913     FAX : 072-729-1253
http://www.tokunagagumi.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧