建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 住宅建材

BXカネシン株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役:二村一久)は、主にMP木造建築(※1)で使用する100kN用ホールダウン金物の『MPホールダウン108』が、従来の在来軸組工法に加えて枠組壁工法(ツーバイフォー工法)でも使用できるようになった、と発表した。
また、『MPホールダウン108』のビスを変えることで枠材の上からでも使える『〔枠材用〕MPホールダウン』を発売した。
 

 
■特長
2010年の木材利用促進法(※2)施行により、住宅以外の低層建築物が原則木造化された。
2019年には建築基準法が改正され、防耐火に関する規制等が緩和された。
法整備により4階以上の建築物でも木造で建てやすくなったが、中高層建築物では高い引抜力が1階の柱脚部に集中する。
また、今後高倍率の耐力壁が整備される見込みであり、高い引抜耐力を持つ製品のニーズがより一層高まることが予想される。
同社では住宅施工に慣れた現場作業者の施工性を考慮し、住宅で使用されることの多い一般的なホールダウン金物と同じ手順で施工できる製品『MPホールダウン108』を2020年2月に発売し、2021年3月から枠組壁工法でも使用できるようにした。
また新たに枠材の上から施工できる「〔枠材用〕MPホールダウン」を2021年3月に発売することで、MP木造建築における対応力を向上。
いずれも金物本体は同じものを使用しており、量産化することで製作金物と比べてコストダウンが可能となり、納期も短縮できる。
 
 

※1 MP木造建築とは、「中・大規模木造建築」や「非住宅」と呼ばれてきた多様な目的を持つ木造建築の総称。MPは、Multi Purpose(多目的)の(M)と(P)。
 
※2 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律

 
 
 

■問い合わせ先
BXカネシン株式会社
https://www.kaneshin.co.jp/

このページの先頭へ




ノーマンジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:粘 凱隆)は、樹脂製縦型ブラインドの『NORMANバーチカルブラインド』の販路を拡大し発売、ならびに『NORMANロールスクリーン』の仕様変更(生地カラー増加、高遮光機構登場)をすることを発表した。
 
 

 
 
■ NORMANバーチカルブラインドの特長
1.遮光性能が飛躍的に向上、革新的ヘッドレール『エルロンヘッドレール』を開発
バーチカルブラインドで生じるヘッドレールとスラットの間の光漏れを解消するために、新しいヘッドレール機構を開発。スラットの開閉と連動してライトガードも同時に開閉するのが特長。これにより今まで生じていた上部すき間の光漏れを防ぐ。
 
2.「窓枠内付け」が容易になり、腰高窓にも設置が可能
エルロンヘッドレールが標準装備されていることにより、レール端部までスラットが到達し光をシャットアウトするため「窓枠内付け」での設置が可能に(※1)。従来のバーチカルブラインドにはなじみのなかった「腰高窓」にも取り付けができるようになり、窓まわりインテリアの幅が広がった。
 
3.コードレス機構、バトン操作で安心・安全
縦型ブラインド特有のボトムコード(※2)はNORMAN(R)製品にはない。完全コードレス設計で、子供がブラインドの周りで遊んでいても、転倒など予期せぬ事故の心配も不要。またスラット先端には角丸加工を施すなど、細かな面でも安全面に配慮している。
 
4.モダンなデザイン×カラーバリエーション×機能性
表面デザインはシンプルなプレーンタイプや木目調加工など計10コレクション50ラインナップを用意。あえて室外側を室内側と異なる白色系にしている(※3)。これはブラインド本来の機能である熱反射の効果を高めるためである。意匠性と機能性を両立した設計に仕上げた。
 
5.防炎、耐水加工で多様な環境に対応
50ラインナップ全てが防炎認定素材。高層マンションや商業施設、ホテルなどあらゆる場所に適応する。また耐水素材のため、浴室での使用や日ごろのメンテナンスも水拭きで簡単に行うことができる。
 
■NORMANロールスクリーンのリニューアルの特長
1.新生地ラインナップ、26コレクション・136カラー
透け感、織り方など洗練された質感が特長のラインナップに、防炎加工を施した生地や遮光生地が大幅に増えた。
 
2.高遮光機構「NORMAN遮光ガイドレール仕様」
住宅のベッドルームや会議室など光をとことん遮りたい場所で効果を発揮する新仕様。スクリーンの左右にレールを設置し光を遮るほか、各レールと接する面にロングモヘアを搭載し、徹底的に光をブロックする。
 
 

※1従来製品は壁面付けや窓枠正面付けにし、窓を大きく覆う方法で対処していた。
※2一般的な縦型ブラインドスラットがばらつかないためにボトムコードやボトムウエイトが備わっている。
※3一部コレクションは、裏面が表面と同色のものがある。また裏面のカラーは指定することはできない。

 
 
 

■問い合わせ先
ノーマンジャパン株式会社
https://www.norman.co.jp/

このページの先頭へ




ターナー色彩株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:松村 隆)は、抗ウイルス機能を備えた新しい室内かべ用ミルクペイント『MILK PAINT室内かべ用 ANTI VIRUS PLUS』を発売した。
 

 
■概要
「抗ウイルス」機能をはじめ、抗菌、防カビ、消臭、クリーニング、不燃の6つの機能が備わった高機能室内ペイントである。
ウイルス対策が求められる中、住宅や、学校関連施設、さらには人の集まる商業施設、企業、病院施設などにおいて、この高機能室内ペイントが、より大きな安全を提供する。
また、ユーザーの要望に応じた調色対応が可能。
 
 
 

■問い合わせ先
ターナー色彩株式会社
https://www.turner.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役代表執行役社長兼:瀬戸 欣哉)は、TOSTEMブランドで展開する主力断熱玄関ドア『ジエスタ2』ならびにリフォーム玄関ドア『リシェント玄関ドア3』に、ワンランク上の開放感のあるエントランス空間を演出するハイサイズモデルを追加し発売した。
 

 
■概要
新築向け断熱玄関ドア『ジエスタ2』には新たにH2,730mmまで設定、天井に近い位置まで玄関ドアが開くことで開放感と高級感と演出する。
またリフォーム玄関ドア『リシェント玄関ドア3』にも、ランマなしでH2,600mmまで対応できるハイサイズモデルを用意し、ランマ付きにはない開放感のあるリフォームを可能とする。ハイサイズモデルでも、従来同様、1日で工事が完了する「1dayリフォーム」が可能。
デザインは『ジエスタ2』は2タイプ、『リシェント玄関ドア3』は3タイプを展開。カラーもクリエカラーをはじめとした3色を用意。
さらに機能面でも、リモコンで楽に開け閉めができるエントリーシステムを採用しており、毎日の暮らしがより便利・快適になる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ウッドワン(本社:広島県廿日市市、社長:中本祐昌)は、SIAA(一般社団法人抗菌製品技術協議会)登録済みの抗ウイルス加工を施したレバーハンドル、引手、取っ手を発売した。
 

 
■概要
コロナ禍のなか、住まい手の衛生面への関心が高まり、居住する住宅においても、特に内装ドアや収納扉などの日常で手の触れる部品は、抗ウイルス製品へのニーズが高まっている。
ウッドワンでは、安全で安心な住空間づくりを実現するため、手の触れる部品の表面に抗ウイルス加工を施した内装ドア用の『レバーハンドル』、『引手』、収納扉用の『取っ手』全6タイプを新たに発売した。
なお、抗ウイルス加工は、SIAA(抗菌製品技術評議会)の基準に則ったものである。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ウッドワン
https://www.woodone.co.jp/

このページの先頭へ




旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区、社長:阪本 浩一)は、金属外装材「Danサイディング」の窓開口部の新たな納め方である『クリアフレーム工法』専用部材を発売する。
 

 
■概要
今回発売する『クリアフレーム工法』は、従来の窓開口部の納め方と比べて、外観側に役物が現れないため、すっきりとした外観を実現する。また、水密性能をしっかりと確保した上で、専用役物の形状を単純化したため、施工手間を軽減できるのと同時に、シーリング使用量も削減できるなど、省施工化を追求した。さらに、住宅瑕疵担保責任保険が適用される工法となる。
また、同時発売品として、既存ALC外壁にDanサイディングを使って重ね張りリフォームが可能となる「鉄骨造(S造)ALC改修工法」専用ビスを発売する。
 
 
 

■問い合わせ先
旭トステム外装株式会社
https://www.asahitostem.co.jp/

このページの先頭へ




旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区、社長:阪本浩一)は、金属外装材「Danサイディング」のスチール深絞りシリーズiD塗装品の大割石積柄デザイン『ベルクSF』を発売する。
 

 
■概要
iD塗装品は、耐候性とセルフクリーニング機能を備えた「セルフッ素コート」を施した「塗膜の変色・褪色15 年保証」の金属外装材である。
今回発売するiD塗装品『ベルクSF』は、迫力ある大割の石積柄。深絞りシリーズ最大の柄深さ4.0mmを実現し、ランダムに石割の目地が入る豊かな表情が特長。iD塗装により、素材感や色合いを豊かに表現している。
全3色のラインナップで、他のiD塗装品と同じく、「隠目地」採用で上下の継ぎ目が目立ちにくいデザインである。
また、同時発売する遮熱性フッ素鋼板単色ビーズ塗装品『ベルクBF』は、ベルクSFと同様の大割石積柄。
単色塗装品でも張り映えのあるデザインで、ベース色として使いやすい淡い色合いの全3色のラインナップ。
 
※「iD塗装」は旭トステム外装オリジナルのインクジェット塗装技術。
 
 
 

■問い合わせ先
旭トステム外装株式会社
https://www.asahitostem.co.jp/

このページの先頭へ




野原産業エンジニアリング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:及川 通)は、人工再生木のオリジナル環境建材『WOODSPECフェザールーバー』から、設置面からの下地材が不要の嵌合(かんごう)型ルーバーを発売する。
 

 
■概要
ルーバーに挿入されているアルミ芯材を、壁面や天井に直接取付け可能な受けレールにはめることで、壁面や天井からの離隔寸法を約1.5cmに狭めることを実現した。
施工の手間を省略し、屋内の壁面や天井にも手軽にフェザールーバーならではの木のぬくもりを簡単に加えることができる。
従来型より下地材を省略できるため、手間だけでなく、工程・コストを削減することができる。
 
■特長

・設置面からの下地材が不要の嵌合(かんごう)型ルーバー
・壁面や天井からの離隔寸法は約1.5cm
・屋内の壁面や天井にも手軽にフェザールーバーならではの・木のぬくもりを簡単に加えられる
・従来型より下地材を省略できるため、施工の手間だけでなく、工程・コストを削減(女性でも簡単に施工)
 
 
 

■問い合わせ先
野原産業エンジニアリング株式会社
http://eng.nohara-inc.co.jp/

このページの先頭へ




朝日ウッドテック株式会社(住所:大阪市中央区、社長:海堀哲也)は、無垢材挽き板化粧フロア「LiveNaturalプレミアム」にコーディネートできる、内装建材シリーズ「LiveNaturalプレミアムAndMore」の新ラインナップとして、なめらかな連続性を実現した『銘木無垢手摺(壁付けプレカット手摺)』を発売した。
 

 
■概要
AndMore銘木無垢手摺(壁付けプレカット手摺)は、「無垢の質感」と「複合フローリングの高機能性」を兼ね備えた床材として、無垢材挽き板化粧フロア「LiveNaturalプレミアム」にコーディネートできる内装木質手すり材である。
床材生産時に発生する端材を複層化した、無垢集成材を使用しており、なめらかな連続性とスクエア型のシンプルなデザインが特長。さらに、完全プレカットして出荷する省施工品で、施工時間の短縮と安定した仕上がり品質を提供する。
従来のAndMoreシリーズと合わせて、1本の丸太を適材適所に使いこなす商品設計とし、貴重な銘木資源を有効活用している。
 
■特長
・ユーザーに寄り添う手すり
なめらかな連続性、体重を支えやすい平らな断面、万が一の時とっさに握れる形状。無駄な出っ張りを避け、手すり素材も冷たさや硬さを感じにくい天然銘木無垢集成材を採用している。
 
・本物へのこだわりと銘木の有効活用
製造メーカーで生産されている銘木床材から発生する端材を活用し、複層化することで、手すり強度を補完しつつ希少価値の高い銘木を有効活用している。
 
・省施工性と施工品質の向上
本製品は完全プレカットで、かつ施工は極めて容易のため、施工時間は1/3以下で済む。
 
 
 

■問い合わせ先
朝日ウッドテック株式会社
https://www.woodtec.co.jp/

このページの先頭へ




永大産業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:枝園統博)は、※SIAA(一般社団法人抗菌製品技術協議会)登録済みの抗菌・抗ウイルス加工製品を発売した。
 

 
■概要
これらの加工製品は、主に室内ドアや収納製品など人の手が直接触れる部品(レバーハンドル、引き戸の引手、ターン鎌錠、握りバー、収納用取っ手、ポストフォームカウンター)を対象としており、抗菌剤および抗ウイルス剤で製品表面を加工することで、抗菌・抗ウイルス機能を持たせた。
この抗ウイルス剤は光触媒と異なり、暗所や消灯時でも機能を発揮する。
  
※SIAA(一般社団法人 抗菌製品技術協議会):適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体。
 
 
 

■問い合わせ先
永大産業株式会社
https://www.eidai.com/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード