• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > その他

三和シヤッター工業株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長社長:高山盟司)は、防水商品『ウォーターガード防水シャッター』の浸水高さ最大3.0m対応を仕様追加する。
 
ウォーターガード 防水シャッター
 
『ウォーターガード防水シャッター』は、浸水の危険性を察知した際に圧迫ボタンを押し、圧迫機構を作動させることで防水性能を発揮する電動パネルシャッターである。
このたび、防水シャッターの最大浸水高さを2.5mから3.0mに引き上げる仕様追加を行った。
これにより、浸水する危険性がより高い場所への設置も可能となり、想定される浸水被害エリアへの対応をさらに範囲を広げてカバーできるようになった。
 
 

■問い合わせ先
三和シヤッター工業株式会社
https://www.sanwa-ss.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ファストコム(本社:東京都港区)短期駐車場・短期現場 事務所賃貸借手配「建助(けんすけ)」のサービス提供を開始した。
 

 
■サービスの概要
建築現場付近の駐車場確保に、短期契約1カ月より、契約金立替、敷金代理、期間交渉、賃料交渉、延長交渉、クレーム対応を行う。
敷地内に現場事務所設置のスペースがない場合、近隣の場所探し、事務所使用交渉、契約、備品搬入設置、水道電気入用の手配から、撤収時には、水道・電気利用停止の手配、退去立会いまでを行う。
現場監督等の書類整理、予算調整といった手間を軽減する。
 
■問い合わせ先
株式会社ファストコム 建助事業部
TEL:03-6277-8762
https://ken-suke.jp/

このページの先頭へ




株式会社日本住宅保証検査機構、略称/JIO(本社:東京都千代田区、社長:平井雅彦)は、書籍『防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017』を発売した。
 
日本住宅保証検査機構『防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017』発売
 
■概要
本書は、「JIO わが家の保険」をはじめとした住宅瑕疵保険業務における引受実績や現場情報の蓄積などから、引渡後の不具合事象として割合の多い「3大重要部位」を中心に 現場の施工で誤りやすい雨漏りの対策の施工方法等の図解を多く盛り込んで現場施工で直ぐ役立つよう解説されている。
 
事業者に情報提供を開始していた「JIO防水施工要領」を改訂し、その編集方針は変更せず、データや内容をリニューアルした「防水施工マニュアル」となっている。
 
書籍名:防水施工マニュアル 住宅用防水施工技術2017(A4判・240頁)
株式会社日本住宅保証検査機構 編 / 東海大学名誉教授 石川廣三 監修
発行出版社:技報堂出版 http://gihodobooks.jp/
発売場所:全国の書店、出版社のホームページ、インターネット通販サイト 等
 
■定価(税込)
3,456円(本体3,200円)
 
■問い合わせ先
株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)
TEL: 03-6861-9210
http://www.jio-kensa.co.jp

このページの先頭へ




地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強)は、子会社の地盤ネット総合研究所株式会社
(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強)が研究開発した『人工知能(AI)を活用した戸建住宅向け地盤解析』の実用化を開始すると発表した。
 
地盤ネットホールディングスが『人工知能(AI)を活用した戸建住宅向け地盤解析』の実用化を開始
 
■概要
戸建住宅向けの地盤解析は、地盤調査による調査ポイントごとの深度、荷重、回転数、土質、音感、水位などに加え、
支持力や沈下量計算、建物周辺の造成、擁壁の有無、近隣地形などを総合評価した人的判断によるものが一般的である。
同社は、2016年より人工知能(AI)の研究を開始し、過去十数万件に及ぶ膨大な解析物件データを人工知能(AI)へ学習させ、
改良と検証を重ねてきた結果、解析基準に合致した信頼性の高い解析結果を導きだすことに成功し、今回の実用化に踏み切った。
 
人工知能解析の導入により、過去の不同沈下データや地震等による災害現場のパターンを学習させた再発の防止、また、
統一した解析基準を徹底することで属人化による解析基準のバラつきの解消が期待される。
 
■問い合わせ先
地盤ネットホールディングス株式会社
TEL:03-6265-1834
http://jiban-holdings.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸)は、
『受注に繋がる営業力向上セミナー』を東京・名古屋に続き、2016年11月8日に大阪にて開催する。
コンサルティングやソリューション提案を手掛ける株式会社リ・ワークショップ代表取締役の原田直人氏を講師に迎え、
工務店・ビルダーへ、住宅営業に大切な「ヒアリング」について解説する。
 
コンピュータシステム研究所『受注に繋がる営業力向上セミナー』を大阪にて開催
 
■開催概要
 
【開催日時】2016年11月8日(火) 13:30〜16:00 (受付開始13:00〜)
【会場】株式会社コンピュータシステム研究所 大阪営業所 セミナールーム
    (大阪府大阪市天王寺区東高津町5-6)
【講師】株式会社リ・ワークショップ  代表取締役 原田 直人 氏
【セミナー内容】
 1.リフォームの受注は初回面談のヒアリングで決まる
 2.ヒアリングでお客様に「共感」と「気付き」を
 3.お客様の「真のニーズ」にたどりつくヒアリングとは
 4.「欲しい!」と思わせるには、ヒアリングがカギを握る
【参加費】無料
【定員】先着40名
 
参加申込およびセミナー詳細は下記ホームページを参照。 
http://www.cstnet.co.jp/archi/news/161108.html
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




有限会社ケプラデザインスタジオ(本社:大阪府高槻市、代表取締役:大倉清教)とメガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は共同で空間・ICT・ワークスタイルを融合させたソリューションを提供する「オフィスデザインプログラム」
を立ち上げ、オフィスレイアウトに必要な基礎知識が学べる座学と、大阪市内の実在オフィスを題材にしたレイアウト作成の演習で、
オフィス計画の基本が身につく『オフィス塾』を、2016年10月5日に大阪で開催する。
 
実在オフィスを題材にオフィスの変革手法を実習で学ぶ『オフィス塾』10月5日に大阪で開催
 
■概要
今回実施される『オフィス塾』は、「オフィスデザインプログラム」が主催する全3回の第1回目で、
テーマは「空間計画から始めるオフィス変革」である。
社員のパフォーマンス向上や優秀な人材を集めるための施策として、多くの企業がオフィスづくりに取り組もうとしている。
しかし、実際にオフィスづくりを行うためには、机同士・机と壁の距離や、会議室の設え、什器に関する知識に加え、
最新のオフィス事情なども知っておくことも大切だ。
これらオフィスづくりの基礎を座学で学び、また、その知識をもとに実在するオフィスの課題を見つけ、
参加者自身がその改善案を考えることで、オフィスづくりに必要なことを学べるカリキュラムとなっている。
 
●『オフィス塾』の特長
1. 座学と実習を組み合わせたカリキュラム
座学で知識を教わる「講座」だけではなく、実際にオフィスレイアウトを考える「実習」を組み込んだカリキュラム。
特に「実習」では、実在のオフィスを課題にし、問題の抽出から、改善案を形にするというプロセスまで、
プロのアドバイスを受けながら疑似体験できる内容となっている。
 
2. 参加対象者は「オフィス」に関わるすべての人
参加対象者の条件を設定しておらず、いろいろな立場の人が一緒に学習することでたくさんの「気付き」もあると考え、
オフィスで生活するワーカーと、オフィスデザイナーや運用部署の考えを共有するための手法も学び、活用できるようになる。
 
3. ICT・オフィスレイアウト・ワークスタイルを複合的に扱う
オフィス変革には、オフィスレイアウトが大きな役割を担うが、情報システム(ICT)やワークスタイルも大切な要素である。
従来別々に検討されていた情報システム(ICT)と空間(環境)計画を並列に扱い、そこにおける働き方(ワークスタイル)に
適合したオフィス計画を具体化する方法を学ぶ。
 
●講座内容
【テーマ】「空間計画から始めるオフィス変革」
【開催日】2016年10月5日(水)
【スケジュール】 9:30 受付開始/9:50〜17:30(昼休憩、途中休憩あり)
【会場】メガソフト株式会社 大阪本社内 セミナーコーナー
【参加費】30,000円(税別)
【申込方法】「オフィスデザインプログラム」のホームページ(http://www.office-dp.net/office-jyuku/)より申込
 
■問い合わせ先
オフィスデザインプログラム
http://www.office-dp.net/news-release/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸)は
『受注に繋がる ヒアリング力向上セミナー』を2016年9月20日にビジョンセンター東京にて開催する。
コンサルティングやソリューション提案を手掛ける株式会社リ・ワークショップの森永圭子氏を講師に迎え、
工務店・ビルダーへ、住宅営業に大切な「ヒアリング」について解説する。
 
■開催概要
 
『受注に繋がるヒアリング力向上セミナー』
 
【開催日時】2016年9月20日(火) 13:00〜15:00 (受付開始12:30〜)
【会場】ビジョンセンター東京 603号 東京都中央区八重洲2-3-14
【講師】株式会社リ・ワークショップ チーフ コミュニケーションプランナー 森永 圭子氏
【セミナー内容】
 1.リフォームの受注は初回面談のヒアリングで決まる
 2.ヒアリングでお客様に「共感」と「気付き」を
 3. お客様の「真のニーズ」にたどりつくヒアリングとは
 4.「欲しい!」と思わせるには、ヒアリングがカギを握る
【参加費】無料
【定員】先着70名
 
参加申込およびセミナー詳細は下記ホームページを参照。 
http://www.cstnet.co.jp/archi/news/160920.html
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸)は、有限会社木造舎(本社:神奈川県横浜市、取締役:金 廣和)と共同で熊本地震に学ぶ『明日からでも役に立つ構造知識』セミナーを全国10カ所にて開催する。
 
熊本地震に学ぶ『明日からでも役に立つ構造知識』セミナー開催
 
■セミナー概要
【名称】熊本地震に学ぶ「明日からでも役に立つ構造知識」
【講師】有限会社木造舎 代表 星川 広和
【セミナー内容】
 1.熊本地震に学ぶ、明日からでも役に立つ構造知識
 2.お施主様の心をつかむサービスとプレゼン
 3.木造舎とKIZUKURIのこれから
【開催時間】14:00〜16:40 (受付開始13:30〜)
【参加費】無料
 
【会場・日程】
●東京 2016年7月25日(月) TKP東京駅前会議室
●横浜 2016年7月26日(火) コンファレンスホール横浜
●大宮 2016年8月4日(木) JA共済埼玉ビル
●仙台 2016年8月5日(金) 駅前のぞみビル
●札幌 2016年8月6日(土) 札幌コンファレンスホール
●名古屋 2016年8月25日(木) 名古屋コンファレンスホール
●大阪 2016年8月26日(金) コンピュータシステム研究所 大阪営業所
●神戸 2016年8月27日(土) TKP三宮ビジネスセンター
●金沢 2016年9月8日(木) 金沢勤労者プラザ
●富山 2016年9月9日(金) 富山県民会館
※申し込み多数の場合、セミナー会場が変更になる可能性有。
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/archi/news/160725.html

このページの先頭へ




ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄)は、耐環境性能にすぐれた利用者に優しいデジタルサイネージプレイヤー『MIRACLE VISUAL STATION DS220』を開発し、提供を開始した。
 
 

ミラクル・リナックスが新デジタルサイネージプレイヤー『MIRACLE VISUAL STATION DS220』の提供を開始

MIRACLE VISUAL STATION DS220


 

  • ミラクル・リナックスが新デジタルサイネージプレイヤー『MIRACLE VISUAL STATION DS220』の提供を開始

    東京国立博物館

  • ミラクル・リナックスが新デジタルサイネージプレイヤー『MIRACLE VISUAL STATION DS220』の提供を開始

    談合坂サービスエリア

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■製品の概要
「MIRACLE VISUAL STATION」は2010年より同社が提供するLinuxベースのデジタルサイネージ製品である。
OSのチューニングによりハードウェアの処理能力を最大限に引き出し、従来のデジタルサイネージ向けプレイヤーでは実現できなかった高い再生品質を実現。
独自に開発した動画再生ソフトやWEBブラウザを搭載し、高画質な動画コンテンツも安定して再生が可能。
障害が発生しても自動的にリカバリーする機能を搭載し、連続稼働可能な可用性を高めている。
新たに提供開始した本製品は、耐衝撃・耐振動・耐ノイズ性にすぐれた産業用コンピュータ「ボックスコンピュータR BX-220」に、同社のデジタルサイネージ向けソフトウェア「Embedded MIRACLE Digital Signage Edition」を搭載した製品である。
主な特長は下記の通り。
 
●高い耐環境性能で障害に強い
0〜50℃の過酷な温度で動作する耐温度性と、ファンレス、スリットレスによる優れた防塵性で、メンテナンスの負担を軽減。
ケーブル抜け防止金具や固定クランプを装備し、抜線によるトラブルを回避する他、万一の障害時も、ハードウェアの自動復旧機能が働く。
●運用が手軽
Windows PCで作成したコンテンツをUSB媒体やネットワーク経由で配信可能。
また、WEBページをコンテンツとして利用でき、運用コストを軽減。
●使いやすいコンテンツ管理ソフトウェア
さまざまな静止画・動画フォーマットや複数言語(日・英・中・韓)混在のテロップ表示に対応。
標準装備の専用コンテンツ管理ソフトウェア「EMPopMaker」はシンプルな操作性で、コンテンツの作成からタイムテーブル、配信スケジュールの設定までを簡単に行うことができる。
 
ユーザーのニーズに応じたカスタマイズも可能。
 
■問い合わせ先
ミラクル・リナックス株式会社
TEL:03-6205-9530
https://www.miraclelinux.com/

このページの先頭へ




KJS協会及びアンカー補修協会との共催にて、『東北地区技術研修会』が7月28日に仙台にて開催される。
 
■概要
特別講師として、東北工業大学工学部都市マネジメント学科教授の千葉則行氏を迎え、「多発する地震時の斜面変動の特徴について」の講演を行う。
また、一般財団法人土木研究センターにて技術審査証明の内容変更・更新を行った「WEHDアンカー」や、グラウンドアンカーの補修事例について、アンカー補修協会より説明も行う予定。
 
日時 : 2016年7月28日(木) 13:30〜16:30
会場 : 仙台ガーデンパレス
参加費 : 無料
定員 :100名
申し込み方法 : 専用申込用紙に必要事項を記入し、事務局宛にFAXまたはメールにて送信
 
講演概要
・KJS協会アンカー工法並びに関連技術について
・グラウンドアンカーの補修事例について
・多発する地震時の斜面変動の特徴について
 
※詳細は下記問い合わせ先まで。
 
■問い合わせ先
KJS協会 事務局
TEL:0428-32-2811

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード