• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設ソフト、IT関連 > 建設共通

株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役:有馬弘進)は、工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達2020 Professional」の新機能として、出来形管理図表の作成機能を無料で提供を開始した。
 

 
■特長

・国土交通省が指定する出来形管理図表のテンプレートを標準搭載、入力作業を軽減
 
・出来形管理図表テンプレートの自作やオーダーメイドも可能
 
・施工結果がひと目で分かるグラフを自動で作成
 
・自由度の高いカスタマイズ可能なCAD図面を436点収録
 
・出来形管理図表やCAD図面のテンプレートを社内で共有可能
 
・測定値を入力するだけで、誤差を自動的に割り出す、計算式を搭載
 
・分かりやすい本棚UIで出来形管理図表を管理
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp

このページの先頭へ




株式会社YSLソリューション(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:市川 岳彦、以下 YSL)が提供する建設ドキュメント閲覧・共有アプリ「CheX(チェクロス)」(以下 CheX)は、株式会社テクノツリー(本社:兵庫県明石市、代表取締役:木下 武雄、以下 テクノツリー)が提供する、Excelで作成された帳票をiPad上で入力・編集可能にする帳票電子化システム「XC-Gate.ENT(エクシーゲート)」(以下 XC-Gate)とのシステム連携を、無償オプション(※)として提供する。
 

 
■概要
建設業界では、建設需要の高まりと少子高齢化を背景に、生産性の向上が急務となっている。
YSLが提供するCheXは、図面やチェックリストなどの各種建設ドキュメントを、施工現場で手元のiPadから閲覧したり、メモを書き込んで関係者間で共有したりすることが可能になるサービスで、建設現場の生産性向上に貢献してきた。
一方で、建設業界では施工記録や各種検査で大量の帳票を作成する必要があり、事務所でのPCによる帳票作成業務が、生産性を阻害する原因のひとつにもなっている。
また帳票のフォーマットも発注者/元請け/自社で異なり膨大なパターンが存在することから、CheXでは対応が難しい状況だった。
そこで、Excelで作成された帳票ファイルをiPadで入力・編集可能にするソリューションで、製造業を中心に多数の実績のあるテクノツリーのXC-GateとYSLのCheXとをシームレスにつなぐことで、ドキュメントの閲覧〜情報共有〜帳票作成といった一連の業務を、事務所に戻ることなく現場で完結させることが可能になり、さらなる生産性向上に貢献できることが見込まれることから、今回のシステム連携の実現に至った。
 
 

※XC-Gate側には別途、有償の「CheX連携」オプションが必要。
 
 

■問い合わせ先
株式会社YSLソリューション
https://www.ysl.co.jp/

株式会社テクノツリー
http://www.technotree.com/

このページの先頭へ




エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也)は、ヘルメット装着型ウェアラブルカメラ『MET-EYE(メットアイ)MEE-300-L』を提供開始した。
 

 
■概要
同製品は、ヘルメットに装着した小型カメラから送られる作業者目線のリアルタイム映像を、モバイルネットワーク経由で遠隔地から閲覧可能とするシステムである。
技術的に未熟な新規就業者の作業行程を、熟練者が同じ目線で監督することによって、的確な作業指示や安全指導を行うことが可能となり、新規就業者が技術を習得する際の効率や、安全性・生産性の向上が期待される。
同製品は当初土木建設市場を中心としてレンタルでの提供を行い、初年度出荷数は2,000台を見込んでいる。
 

■特長
・簡単にカメラ映像+双方向音声通話が可能
同製品は4G LTEネットワークを利用し、カメラ装着者と管理者側との間で映像による視点共有を行いながら、遅延の少ない双方向音声通話によるコミュニケーションが可能。
また利用者からの声を元に、視界や重量の面で現場作業の邪魔にならない装着方法や、一切の本体操作を必要としないシンプルな設計としたことで、作業者の負荷とならない利用体験を実現している。
 
・通信機能を内蔵し動作安定性と低遅延を実現
従来のウェアラブルカメラでは、Wi-Fiルーター等のネットワークゲートウェイとカメラ部を分離した機器構成が一般的であり、通信接続のトラブルや映像・音声の遅延等、通信品質の低下を招く要因となっていた。
同製品は本体にSIMスロットを内蔵し機器単体で通信を行うことにより、安定した動作と遅延の少ない、より自然なコミュニケーションが可能となった。
 
・クラウド常時録画、ローカル環境へのダウンロードも可能
同製品から送られた映像はクラウドサーバーに常時保存され、PC等のローカル環境にダウンロードすることが可能。
撮影した映像は作業のエビデンスとしての活用や、作業者目線での技術研修用素材としても利用することができる。
 
 
 

■問い合わせ先
エコモット株式会社
https://www.ecomott.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社CONIT(本社:東京都文京区、代表取締役:小池康仁)は、建設現場の施工管理業務を効率化する『SITE』チャット・『SITE』スケジュールのios版アプリを正式にリリースした。
 

 
■概要
ios版アプリをリリースすることで、現場管理アプリ『SITE』とつながることのできるユーザーの対象範囲が広がり、より多くのアプリユーザー同士がつながれるようになった。
 
■特長
1.『SITE』チャット・『SITE』スケジュールios版とは?
現場管理アプリ『SITE』とつながることができる、ios版スマホアプリ。
『SITE』チャットと『SITE』スケジュール間で連携することで、さらに便利に利用できる。
 
2.ios版のリリースで変わること
現場管理アプリ『SITE』を導入している企業は、「つながれる」職人さんがiosユーザーにまで拡大した。
さらに多くの職人とつながることができるようになり、慢性的な人手不足解消の一助となる。
 
3.『SITE』チャット・『SITE』スケジュールios版の対象者
・iosユーザーで、建設現場の環境改善、自身の働き方を見直したいと考えている職人。
・請負元が現場管理アプリ『SITE』を導入している、職人。
 
4.メリット
・アプリ利用者はプライベートチャットとビジネスチャットを分けることができ、危険なシャドーITを防ぐことができる。
・iPhonユーザーも、現場管理アプリ『SITE』とつながれる。
 
5.導入方法
以下のリンクからダウンロード
『SITE』チャット https://apps.apple.com/jp/app/id1480658876?mt=8
『SITE』スケジュール https://apps.apple.com/jp/app/id1480656652?mt=8 
 
6.料金
無料 ※通信費はユーザーの負担となる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社 CONIT
https://www.conit.site/company/

このページの先頭へ




株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤謙自)が開発・販売する『SPIDERPLUS(R)(スパイダープラス)』を12月11日(水)〜12月13日(金)まで開催される第4回スマートビルディングEXPOに出展することを発表した。
 

 
■概要
デモ機を用いて実際にSPIDERPLUS(R)を触り、営業担当が機能や実際の現場での使い方に関して説明する。
また、同展示会では、共同で実証実験中の森ビル株式会社におけるSPIDERPLUS(R)の使い方事例をスペシャルセミナーにて伝える。
 
 

■レゴリスブースについて
 
・開催日:12月11日(水)〜13日(金)
 
・位置:〒135-0064 東京都江東区青海展示場 小間番号15-20
 
・セミナー:会場限定でしか聞けないブース内セミナーを複数回開催する。
 
・セミナー開催時間
 
     10:40〜10:55
     11:40〜11:55
     13:40〜13:55
     14:40〜14:55(特別セミナーの時間 時間帯は変更になる可能性あり)
     15:40〜15:55
     16:40〜16:55
 

同イベントの目玉企画として、ビル管理業務にて実証実験を行っている森ビル株式会社のSPIDERPLUSの活用事例を同展示会限定で解説する。
 
 

■働き方改革推進アプリSPIDERPLUS(R)について
現場・図面管理、情報共有アプリ『SPIDERPLUS(R)(スパイダープラス)』。
検査結果や電子板付写真、メモを建築図面ににプロット、複数人での情報共有がかんたんに行える。
写真整理や帳票作成業務が不要になり、従来の現場管理業務の作業時間を大幅に削減できる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社レゴリス
http://www.regolith-inc.jp/

このページの先頭へ




エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡)は、清水建設株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上 和幸)と共同で、画像認識AI「DeeptectorR」を用いて、ガス圧接継手※1)に関する検査業務の効率化および品質向上を目指し、施工現場での実証実験を開始した。
 

 
■概要
事前検証フェーズにて、ガス圧接継手の輪郭画像をAI学習させることでセグメント検出の精度を高め、さらに、所定の検査項目をロジックとして組み込むことによりOK/NG 判定を行うNTTコムウェア独自のAI判定方式(※特許出願中)を採用している。
 
・「鉄筋継手AI検査」を用いて、現場トライアルに着手し、認識率や使い勝手の検証を行う。
 
1. 実施予定期間
2020年1月〜2020年3月
 
2.実施内容
清水建設が施工中のビルの現場において、スマートフォンを用いて鉄筋継手の画像を撮影し、NTTコムウェアが開発した画像認識AIを用いて検査を行う。
 
3.検証項目
従来目視で行っている検査と比較し、「鉄筋継手AI検査」を活用した場合の判定結果精度、作業時間、画面操作性など
  

※1 鉄筋の接合端面を突き合せて、圧力を加えながら加熱し、接合端面を溶かすことなく赤熱状態でふくらみを作り接合する工法

 
 
 

■問い合わせ先
NTTコムウェア株式会社
https://www.nttcom.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役:有馬 弘進)が開発・提供する電子小黒板アプリ『蔵衛門工事黒板』が、iPhone11シリーズから新たに搭載された超広角レンズに対応した。
 

 
■概要
超広角レンズは従来の4倍広い範囲を捉えられるため、小部屋や足場などの狭い場所からだと画角的に写真におさめることが難しかった範囲や全景の撮影も簡単に行える。
電子小黒板アプリでiPhone11の超広角レンズに対応したのは、「蔵衛門工事黒板」が初。
今後は遠くの被写体を大きく写す際に活用できる、iPhone11 Pro/Pro Maxに搭載の望遠レンズにも対応予定。
 
 
■超広角レンズの活用が期待される現場の例
・管、水道、電気、設備、点検など、被写体との距離が十分に確保できない狭い場所で撮影する必要がある現場・全景を撮影する必要がある現場
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp/

このページの先頭へ




エプソンダイレクト株式会社(本社:長野県塩尻市、代表取締役社長: 栗林 治夫)は『Endeavor NJ7000E』を11月12日発売した。
 

 
■特長
1.Endeavor NJ6100Eの上位、後継
 
2.飛躍的に向上したグラフィックス性能
・GPUのグレードアップ:Turing世代、CUDAコアが1920コアへ増加
・GPUの世代交代によりRTコア、Tensorコアが追加され、GDDR6メモリーにより高速化
 
3.第9世代CPU搭載
・高負荷業務(画像編集/RAW現像、動画編集/エンコード)を快適・短時間で処理
    第7世代から第9世代CPUに変更
    最大6コア12スレッドのマルチタスク性で作業効率向上
 
4.より豊かな色を再現するsRGB100%液晶
・従来モデルと比較してsRGBのカバー率が大幅向上
・より広い色域に対応し、彩度の高い色空間を再現
 
5.上下左右178度の高視野角に対応
・横から見ても色の変化が少ない
 
6.高速性と容量。厳選されたラインアップから用途に合わせて選択
・PCI Expressx4接続の高速なM.2 SSDを選択可能
・最大3基、4TBの大容量ストレージを搭載可能
・高速かつ信頼性が高いM.2 SSD(PCIe x4)のRAID1も選択可能
 
7.最大32GB(16GBX2)のメモリー搭載可能
・大容量メモリーでクリエイティブ作業が遅延なく行える
 
8.狭額縁化でサイズと質量を削減
・ディスプレイの狭額縁化により筐体サイズを約13%小型化(対従来機、容積比)
・ACアダプターも小型化され、持ち運びに便利
 
9.インタフェース
・高速インタフェース:USB3.1/SDXC対応UHS-Iのカードスロット
・3系統のディスプレイ出力(HDMI、ミニディスプレイポート、USB3.1)
・指紋認証搭載
 
10.選べるキーボードタイプ
・バックライト付きキーボードを選択可能
・ユーティリティ(コントロールセンター)で発色、On/Off、明るさも調整可能
・英語キーボード:留学生や海外からの人材など多様性の高まりに対応。言語設定で英語環境の構築も可能
 
11.バッテリー交換が可能
・ユーザー自身でバッテリーの交換が可能(バッテリーパックは別売り)
・バッテリー診断ツールを利用することで、計画的なバッテリー交換を実現
 

12.PCの状態をコントロールするユーティリティ
 
 
 

■問い合わせ先
エプソンダイレクト株式会社
https://www.epson.jp/

このページの先頭へ




セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、代表取締役社長:碓井 稔)は、PrecisionCore(プレシジョンコア)TFPプリントヘッドを搭載したカラーインクジェットラベルプリンターとして、最大紙幅8インチの『CW-C6520A』『CW-C6520P』を2020年1月下旬より、最大紙幅4インチの『CW-C6020A』『CW-C6020P』を2020年3月下旬より発売する。
 

 
■概要
利用シーンやワークフローに合わせて選択できる4モデルを用意。
プリントヘッドには、エプソン独自のPrecisionCore TFPプリントヘッドを搭載し、小さな文字やバーコードのクリアな再現、シャープで階調性に優れた表現を可能にしている。
 
■特長
・カラーインクジェットラベルプリンターに世界初(※1)のピーラー機能を搭載
『CW-C6520P』『CW-C6020P』)
印刷されたラベルが台紙から剥がれた状態で排出される、ピーラー搭載モデルを用意。ラベルを台紙から剥がす手間が省ける。また、印刷指示順に1枚ずつラベルが発行され(ラベルを取ると次のラベルが発行される)、貼り間違いなどのミスを軽減するなど、ラベル貼付作業のワークフローを改善する。
 
・外部インターフェイス搭載で、ピーラー機能を自動化生産ラインに組み込んだ活用が容易
プリンターを制御する信号をやりとりするD-Sub25pinの外部インターフェイスを搭載。
パソコンだけではなく、PLC(プログラマブルロジックコントローラー)など外部の制御装置からでもプリンターの状態を把握でき、製造現場の自動化ラインなどにも組み込んで使用できる。
ピーラー機能とロボットによるラベル自動貼り付けの組み合わせ等の構築も可能。
 
・最大8インチ幅の大きなサイズのラベルに印刷可能(『CW-C6520A』『CW-C6520P』)
ドラム缶や一斗缶など大きな容器に貼るA4相当のGHSラベル印刷用途の他、8インチ幅を生かして日本酒のボトル用のラベルなど、デザイン、レイアウトの自由度の高い商品アピールラベルの内製業務にも貢献する。
 
・現場オペレーションのしやすさを考慮した高いユーザビリティを実現
用紙やインクにアクセスしやすい設計で、万が一の用紙詰まりが起きてもユーザーの手で除去しやすいなど、使い勝手が向上し、ダウンタイムの短縮に貢献する。
さらに、2.7型カラーLCDモニターを搭載し、プリンターの状態確認、各種設定も容易。
 
・食品ラベル印刷時の安全性を保証
世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」(通称:欧州FCM)に適合(※2)している。
 
 

対象のインクは、「欧州FCM」の以下3つの適合必須要件を満たしている。
 
1.インク構成物質の非毒安全性
対象インクは、スイス条令「Swiss Ordinance(RS 817.023.21 Annex10)」等の安全物質リストに記載されている物質を使用している。
 
2.インク製造工程の衛生安全性
インク製造全工程では、食品衛生法による食品レベルの細菌検査規格(一般細菌生菌数100個/g以下)を適用した衛生的な製造工程で生産している。そのために適正な手順としてGMP「Good Manufacturing Practice(2023/2006/EC)」(※3)衛生管理体系を実現した。
 
3.非移行試験証明
対象インクが、PIM規制「Plastic Implementation Measure(EU No.10/2011)」(※4)に基づき、基材経由で食品側に移行しないことを評価(※5)している。
 
 

※1 2019年10月24日時点でのエプソン調べ。
※2 食材非接触面に印刷した場合のみ
※3 化学的物理的異物混入防止と、細菌類等の衛生管理を徹底した適正製造規範。
※4 食材毎の溶液・温度・保存期間の条件下で、包装フィルム基材から移行する物質重量パーセントの限界値を規定する規制。
※5 同社条件下による(PIM規制で定義された試験条件のうち代表的なもの)

 
 
 

■問い合わせ先
セイコーエプソン株式会社
https://www.epson.jp/

このページの先頭へ




株式会社CONIT(本社:東京都文京区、代表取締役:小池康仁)は、建設現場の施工管理業務がより簡単に、効率よくできるようになるWEBアプリケーション『SITE(サイト)』を10月31日にリリースし、同時にモニター企業を募集する。
 

 
■概要
『SITE』は、クラウドを活用した建設業のための施工管理システムである。
案件管理やチャット、図面管理等の機能を多数搭載しており、いつでもどこでも業務ができるようになる。
非効率な方法で行っていた業務を大幅に改善することで、生産性を向上させる。
さらに、ストレージが10GB/IDと、業界最大容量となっており、ストレスなくデータ保存ができるように設計されている。
同時募集するモニターに関しては、説明会に参加のうえ条件に同意することで、費用の一部割引を適用する。
「SITE」プロダクトサイトから申し込みできる。
 

■特長
1.契約企業は、機能が充実した無料スマホアプリ※(「SITE」チャット・「SITE」スケジュール)を利用する職人ネットワークとつながることによって、慢性的な人材不足を解消できる。
 
2.「マルチデバイス対応×多機能」で生産性向上と次世代の働き方を実現。
 
※完全に無料で使える建設業界に特化したチャット・スケジュールアプリとしては業界初。
 
  

■問い合わせ先
株式会社 CONIT
https://www.conit.site/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード