• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設ソフト、IT関連 > 建設共通

Dropbox Japanは、建設業界向けにDropbox導入への取り組みについてWEBセミナーを11月10日(火)に開催する。
 

 

■概要
10年以上前からITを活用した働き方改革に取り組み、戸田建設の建設現場やオフィスの労働環境改善に力を尽くす戸田建設株式会社の池端氏が、Dropboxの戦略的導入の経緯から今後の展望に至るまでを紹介する。
 
 

・アジェンダ
1.戸田建設作業所が物理サーバーとG-Suiteを併用して感じた課題
2.Dropboxと他のサービスの差異と選定理由
3.現場と本社のリモートワークでDropboxを活用している方法活用
4.実際に運用してから気づいた意外な効果
 
・開催日
2020/11/10 15:00-16:00
 
・講演者
戸田建設株式会社 建築工務部 生産システム推進 1課 課長 池端 裕之
 
・開催形式
Zoomによるウェブセミナー

 
 
 

■問い合わせ先
Dropbox Japan株式会社
https://go.dropbox.com/ja-jp/dbx-webinar-20201110

このページの先頭へ




株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:有馬 弘進)は、『蔵衛門御用達2021Standard』『蔵衛門御用達2021Professional』を10月30日に発売。
 

 

■概要
『蔵衛門御用達2021』シリーズは、クラウドに保管した写真台帳を専用WEBページから共有でき、これにより、発注者や元請企業は、モバイル端末等で、いつでもどこでも施工状況を確認することができる。
また、今後リリースの施工管理クラウドサービスとデータ連携を予定しており、クラウド経由のデータ取得が可能となる。
 
■新機能
1.モバイル端末でも確認できるクラウド写真台帳を発注者へ共有できる
『蔵衛門御用達』で作成された工事写真データを、高セキュリティの専用クラウドへ保存できる『安心クラウドバックアップ』に新機能を追加。保存したクラウドデータを専用WEBページから写真台帳として確認でき、必要なメンバーへメールで共有することが可能。
クラウド写真台帳はバックアップのたびに更新されるため、建設現場監督は一度の共有で報告が完了。
発注者のような随時施工状況の確認をしたい関係者は、モバイル端末や『蔵衛門Pad』で、いつでもどこでも新しい工事写真を確認できるようになる。
 
2.新技術『電子マーカー』付き工事写真に対応
『蔵衛門御用達2021』シリーズは、同社製品『蔵衛門Pad Tough』に実装される『電子マーカー』に対応。
配筋検査時は、鉄筋の本数や間隔を分かりやすくするため、マグネットを鉄筋に貼り付けて撮影していた。
しかし、マグネットを貼り付けるのは、手間がかかる上、回収忘れがあった場合、コンクリート中の異物になる恐れがある。『電子マーカー』は、工事写真に電子的なマグネットや補助線を描画し、画像改ざんに当たらないように別レイヤーとして保存。『蔵衛門御用達2021』に取り込むことで、『電子マーカー』の表示オンオフを切り替えて見ることができる。
工事写真の元データと、『電子マーカー』付きデータの両方を確認できるため、より施工状況の分かりやすい工事台帳を作成することが可能。
 
3.令和2年3月国土交通省 工事完成図書・土木設計業務等の電子納品要領に対応
『蔵衛門御用達』では、国土交通省や農林水産省、NEXCO、首都高速道路株式会社の電子納品等運用ガイドラインなど、各電子納品の基準/要領に対応している。『蔵衛門御用達2021』では、新たに国土交通省の工事完成図書・土木設計業務等の電子納品要領(令和2年3月)へ対応した。
工事情報登録時の文字列チェックと自動変換、工事写真情報のエラー表示といった『電子納品支援機能』、電子納品要領、デジタル写真管理情報基準に準拠した工事情報の登録、管理をスムーズに行うことができる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp/

このページの先頭へ




川田工業株式会社(本社:富山県南砺市、代表取締役社長:川田 忠裕)、芝浦工業大学(東京都港区、学長 村上雅人)工学部電気工学科 安孫子 聡子教授、川田テクノロジーズ株式会社(本社:富山県南砺市、代表取締役社長 川田 忠裕)の三者は、建設現場の品質・出来形管理業務等を効率化するため、建設現場のテレワーク化に向けたアバターシステムの共同開発を開始した。
 

 

■概要
本開発は、橋梁工事の現場にAI、IoT、RT等の先端技術を導入し、生産性の向上と品質の向上を両立させることを目的とする。
具体的には、現場のアバターが取得した橋梁の品質・出来形測定データをクラウドサーバに転送して自動帳票化のうえ、店社や発注者と共有可能にすることで、測定業務の全面的なデジタル化やリモート化を図るシステムを開発する。
この結果、現場職員に代わって、店社職員や在宅勤務者が複数の現場の品質・出来形管理を行うことが可能になり、また、発注者の遠隔立会なども可能になるため、工事の生産性と品質保証能力をともに高めることが期待できる。
 
■特長
・川田工業株式会社は、芝浦工業大学などと建設現場用アバターシステム(※1)の共同開発を開始。
 
・アバターシステムは、遠隔操作者が事務所にいながらにして建設現場の品質・出来形管理や協働作業を行える。
 
・川田グループは、AI、IoT、RT(※2)などの先端技術を主力の橋梁事業分野に展開して労働生産性の向上を図るとともに、アバターが建設現場で取得したデータのクラウド化を促進し、受発注者間での監督・検査業務等の合理化を目指す。
 
・新型コロナウイルス等の感染症リスクに曝される現代において、店社職員や在宅勤務者が現場と協業するテレワークを主体とした「新しい働き方」を確立する。
 
アバターシステムは、移動型作業ロボット(カワダロボティクスが製造販売する「NEXTAGE(※3)」を改良開発)、遠隔操作端末、ロボットが扱う計測器等を高速通信で連結したシステムであり、操作者、現場職員、店社職員、そして発注者等がインタラクティブに情報共有しながら種々の品質・出来形データの取得や、現地職員との協働作業などを可能にする。
川田グループは、共同開発で培ったICTやRTに関わる技術を主力事業に活用するだけでなく、建設業界でのテレワークの実装を加速させ、将来の現場運営の在り方やWithコロナの時代の働き方改革を提案していく。
 
 

※1 遠隔操作者にとっての分身ロボットを指す。
※2 Robotics Technologies ロボット技術。
※3 カワダロボティクス(株)が製造販売する人間協調型産業用ヒューマノイド・ロボット

 
 
 

■問い合わせ先
川田工業株式会社、
https://www.kawada.co.jp/
川田テクノロジーズ株式会社
https://www.kawada.jp/
芝浦工業大学
https://www.shibaura-it.ac.jp/

このページの先頭へ




株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役:有馬弘進)は、撮影から報告書作成までワンストップで完結するクラウド写真報告書『ZENGO』リリースした。
 

 

■概要
報告業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)実現に向けて、現場で撮影から報告書作成までワンストップで行うことができるクラウド写真報告書『ZENGO』を開発。
報告書の自動作成だけでなく、透かし表示により作業前写真と同一アングルで作業後写真が撮影できるため、作業実態をより明確に記録することが可能となり、報告書の品質を向上させる。
これによりビルメンテナンス業界での報告業務の省力化と併せて、作業品質をより正確に証明することを可能にした。
 
■特長
・撮影計画を作成し、撮影漏れを防止
・『ZENGOカメラ』(アプリ)により、作業前後写真を同一アングルで撮影
・撮影箇所名や撮影日などのコメントを報告書に自動反映
・スマートフォンだけで写真報告書が完成
・現場と事務所のリアルタイム連携で撮影と報告書作成の分業
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp

このページの先頭へ




テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:徳重 徹)は、日本国内の建設現場におけるICT活用工事のより一層の普及を後押しするため、ドローンによる起工・出来形の3次元計測に加え、3次元設計データやICONフォルダ納品などICT活用工事の一連を支援するサービスの提供を開始した。
 

 
■概要
ドローンによる起工・出来形測量(写真・レーザー)や3次元設計データ作成の代行の他、ドローン機体や3次元ソフトウェア購入の提案、ICON納品検査のサポート等を通じて、建設会社がICT施工に取り組めるよう現場を支援する。
 
ICT活用工事の普及課題のひとつに、ICT人材の育成と、ICT活用ノウハウの現場での蓄積が挙げられる。
ICT活用工事の実績がなく、実施に踏み出せない企業でもチャレンジできる仕組みとして、利用できると考える。
 
■「ICT活用支援サービス」利用のメリット
・ドローンを用いた写真測量やレーザー測量を実施、確かな品質のデータを利用可能
・3次元計測・設計データや必要書類は、納品内容に整理し、一貫して管理
・依頼業者へのデータやり取りの煩わしさを極力省略できる
 
 
 

■問い合わせ先
テラドローン株式会社
https://www.terra-drone.net/

このページの先頭へ




株式会社ダイテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野村 明憲)と福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)は、現場工程・図面・写真などの受託建設現場の情報を共有し、モバイルワークで大幅な業務効率を実現する施工管理アプリ「現場情報共有クラウド」の最新バージョン『現場Plus』を10月1日にプレリリースする。
 
■特長
1. 建設工事従事者のスマホ使用を想定した簡単操作なユーザーインターフェイス

2. 建設現場の全員のスマートフォンやタブレットで使うことを想定した料金設定

3. 連絡徹底が管理できるチャットツール(既読スルー防止機能付き)

4. 工程バーチャート上でコメントや完了報告を行う直感的なインターフェース

5. 最終施工図を管理する図面変更通知機能

6. 安全衛生マネジメントのための危険予知管理機能

7. 建設業の働き方改革を実現する入退場管理機能

8. 複数現場を担当している現場監督のための縦断工程管理機能 など
 
 
価格は、1戸の住宅建設現場に携わる業者・作業者の人数を想定して、「60IDを1単位とし、初期費用・月額料金ともに10,000円」とモバイルワークの導入が進む価格体系を用意。
販売・サポートは、従来のダイテック・福井コンピュータアーキテクトの全国拠点に加え、両者合同の専用窓口(プロジェクトPlus)を新設し、オンラインデモサポート・Webセミナー・その他相談のサービス拡充も図る。
 
 
 

■問い合わせ先
ダイテック
https://www.kensetsu-cloud.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)では、3D点群処理システム『TREND-POINT Ver.8』を、2020年9月24日に発売する。
 

 

 
■概要
国土交通省が推進するi-Constructionにおいて、ICT土工の出来形評価が見直されたことにより、今年度から路面切削工や吹付法枠工といった新たな工種が追加された。
また、測量および設計段階における3次元計測の普及に伴い、公共測量マニュアルや作業規程の準則等も順次改訂され、UAVレーザー測量などの新技術を採用する動きが高まっている。
今回発売する『TREND-POINT Ver.8』では、これらのニーズに対応する機能強化を行っている。
 

■最新版のポイント
・土木施工業向けに、2020年度のi-Construction各種要領・基準(ICT舗装-路面切削工・ICT 法面工-吹付法枠工・ICT 港湾浚渫工)に対応。
・測量業向けに、UAVレーザー精度管理成果アシストや地表面フィルタリングなど、点群処理機能を強化。
・建設コンサルタント業向けに、断面や三角網などの表現力向上による点群活群機能を強化。
・操作性やパフォーマンス向上など基本機能を強化。

 
■TREND-POINT Ver.8の主な新機能
 
●最新のi-Construction関連要領への対応
・ICT舗装工:路面切削工の工種追加に伴い切削からオーバーレイの一連の流れを支援する。
・ICT法面工(吹付法枠工):吹付法枠工の出来形計測を支援する計測値の集計機能を追加した。
・ICT港湾浚渫工:要領改定に対応した読込みや密度条件、成果書込みなどを追加した。
・ICT全般:成果書込みにおける分布図(ヒストグラム)出力による分かりやすい成果が作成できる。
・ICT検査対応機能:指定した検査箇所情報をCSVやSIMAで出力し、検査作業効率化を支援する。
 
●測量分野向け機能と点群処理強化
1.UAV搭載型レーザスキャナーを用いた公共測量マニュアルにおける成果作成支援
・コース間検証点・標定点/調整点・検証点の属性付与と座標点の操作性の向上を行う。
・点群を用いた重複性・均一性・正確性分析機能により、公共測量における点群活用を支援する。
・測量CADシステムのTREND-ONE、Mercury-ONEへの連携で、帳票作成までの流れを強力に支援する。
 
2.測量CADシステム:TREND-ONE、Mercury-ONE との連携強化
・連携時の背景画像や位置情報付き上空画像にヒートマップなどの解析結果を表示できるように改良し、2次元成果作成を支援する。
 
3.地表面フィルタリング強化
・抽出精度の大幅な向上とパラメーターの推奨設定を設けフィルタリング作業効率化を支援する。
・上面抽出設定の追加により樹木や海底のフィルタリングなどに活用できる。
 
●建設コンサルタント向け点群・三角網活用機能強化
1.三角網編集機能の強化
・勾配を維持した面の延長機能により三角網の活用の幅が広がる。
・直観的な操作による表裏の反転、合成・分割機能を追加した。
 
2.断面機能の強化
・縦断面の主要点や中間点の標高を自由に編集できる機能を追加した。
・任意断面左右幅・中心設定機能により利便性を向上した。
・点群からの抽出時に上側を抽出する設定により、樹木や建物の抽出を行うことができる。
 
3.カラーテーブルリストの改良
・自由に設定できるカラーテーブルにより点群の表現力が向上し、プレゼンツールとしての活用を支援する。
 
●その他、基本機能の強化
1.操作性の向上
・キーボードによる視点操作により、細やかな視点操作を実現する。
・クリック回数削減や操作性向上のため、範囲指定、グリッド設定、角度指定を改良した。
 
2.パフォーマンスアップ
・点群ファイルの読込み速度、密度確認実施時の書込み・読込み速度を向上した。
・三角網の表示速度を改善した。
・高性能グラフィックボードの自動切換え機能を追加した。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://www.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社システムイン国際(本社:広島県三原市、代表取締役社長:水馬 久司)は、国土交通省、国土交通省港湾局の新しい電子納品要領・ガイドラインに対応した『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.18』『デジタル写真管理システム Calstudio Ver.17』の提供を開始した。
 

 
1.『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.18』
 
■新バージョンで追加した要領・ガイドライン
国土交通省 工事完成図書の電子納品等要領 令和2年3月
国土交通省 土木設計業務等の電子納品要領 令和2年3月
国土交通省 デジタル写真管理情報基準 令和2年3月
国土交通省 電子納品等運用ガイドライン【土木工事編】 令和2年3月
国土交通省 電子納品運用ガイドライン【業務編】 令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品運用ガイドライン【業務編】令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品等運用ガイドライン【工事編】令和2年3月
国土交通省 港湾局 地方整備局(港湾空港関係)の事業における電子納品等運用ガイドライン【資料編】令和2年3月
 
■特長
・『PDF作成支援ツール』を標準搭載
・デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)
・電子小黒板情報の取り込み機能
・多くの要領・ガイドラインに対応
・『設計業務』『調査業務』『測量』『地質』も標準対応
・Excel感覚の表形式の入力画面で効率的
・ドラッグ&ドロップで一括登録
・図面ファイル情報入力支援
・他社ソフトで出力したXMLの取込と修正
・充実したデータチェック機能
・保守期間中は無料でバージョンアップできるので、新OSや新要領への対応も安心
・フリーダイヤル、e-mail、遠隔支援サービス等のサポートサービス(1年目の保守料金は製品価格に含まれている)
 
2. 『デジタル写真管理システム Calstudio Ver.17』
 
■新バージョンで追加した要領
国土交通省 デジタル写真管理情報基準 令和2年3月
 
■特長
・デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)
・電子小黒板連携による自動振り分け機能
・Excel感覚の表形式の入力画面で効率的
・ダイジェスト版作成機能
・レイアウト自由な印刷機能
・黒板画像の自動検索
・複数人で分担整理したアルバムデータをひとつに結合
・写真のみの電子納品成果物作成も可能
・保守期間中は無料でバージョンアップ
・フリーダイヤル、e-mail、遠隔支援サービス等のサポートサービス(1年目の保守料金は製品価格に含まれている)
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社システムイン国際
https://www.denshinohin.jp/

このページの先頭へ




エアロセンス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:佐部 浩太郎)は、測量・点検・物資輸送など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォームとして、1kgまでの荷物を搭載して垂直離着陸を行い、最大時速100kmで50kmまでの飛行が可能な固定翼産業用ドローン(AS-VT01)を販売開始する。
 

 
■概要
同製品VTOL(Vertical Take-Off and Landing Aircraft:垂直離着陸型固定翼ドローン)は、同社開発フライトコントローラーの採用をはじめ、同社開発制御ハードウェアとソフトウェアや、品質・保守体制をベースにこれまで培ってきた知見とノウハウを生かした独自技術を多数搭載している。
 
■想定される主な用途
・土木事業における測量
これまで航続距離が短く制約があった、数十ヘクタールに及ぶ広範囲な自動測量が実現できる。
 
・設備の保守・点検
周辺道路が十分整備されていないため困難であった、山間部の設備の保守・点検がより容易になる。
 
・精密農業
頻繁にフライトを行う必要のあった、大規模農場での土壌の特徴や作物の成長のばらつきの把握が効率よく行える。
 
■同機のポイント
 
1. 垂直離着陸機
固定翼を有する同機は、従来機(AS-MC03-T)に対して前進効率が勝るため、移動距離あたりの燃費効率が優れている。
ただし、固定翼のみでは離着陸にあたって十分な距離を持つ滑走路が必要となるため運用に制約がある。
同機は従来機で培った垂直離着陸技術を組み込むことで固定翼機の高速性に加えて、狭い場所や不整地においても離着陸場所を選ばない回転翼機の離着陸性をも兼ね備え、さまざまな用途に対応できる機体である。
 
2.飛行距離
固定翼の採用による前進効率の向上、機体全体の空力性能の向上ならびに徹底的な機体の軽量化により、最大飛行距離50kmを実現した。従来機に比較して5倍遠距離まで飛行することが可能。
 
3.可搬重量
推力重量比にゆとりを持たせた設計により1kgまでの貨物を運搬することが可能。
 
 
 

■問い合わせ先
エアロセンス株式会社
https://www.aerosense.co.jp

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)は、土地家屋調査士業務支援システム『TREND REX』を、2020年9月24日に発売する。
 

 
■概要
新製品の『TREND REX』は、土地家屋調査士向けの現行製品「TREND REGIC」(トレンドレジック)のノウハウを引継ぎ、オンライン申請への対応をはじめ、土地家屋調査士が必要とする業務全般を支援するため、基本構造から見直した新システムである。
 
■特長
・地図上で取扱事件を管理する新しいスタイルのインターフェイスで、これまでにない使いやすさを実現。
・ワンパッケージで、土地家屋調査士の業務全般を網羅した機能を標準装備。
・同社測量CADシステム「TREND-ONE」(トレンドワン)との連携で、測量計算・図面データの管理が可能。
・ Windowsタブレット機対応とし、立ち合い現場への持ち出しや、出先での対応などのリモートワークを支援。
・ システム導入時のイニシャルコストを抑え、費用負担を軽減できるサブスクリプションによる料金体系。
 

■主な機能
1.受託事件管理
・地図ベースで取扱事件を表示させ、近隣の過去の受託事件をすぐに参照できる。
・リスト形式の表示では、受託事件の所在(地区)別、作成年別、ご依頼人別に分類表示でき、目的のデータを簡単に特定できる。
・受託事件ごとに調査情報、成果図面類、申請書類等を一元管理し、書類や図面・写真などのファイルを受託事件単位で保管できる。
 
2.登記申請書作成
・所在や申請人など一度入力したデータが連動し、ミス防止・省力化につながる。登記情報提供サービス(取得PDF)を読み込むことで、入力手間を低減する。
・ オンライン申請用の申請書入力は、法務省申請用総合ソフトと同様なインターフェイスとしており、使い慣れた操作で申請書を作成できる。入力した申請情報の検査も可能。
 
3.オンライン申請(電子署名)
アクロバット等署名用のソフト不要で、土地家屋調査士等の電子証明書(p12形式ファイル)でのPDF(書類)やXML/TIFF(図面)への電子署名が簡単に行える。
 
4.不動産調査報告書作成
・93条不動産調査報告書様式イメージそのままに入力作業を行うことができるため、誰でも作成作業がスムーズである。
・ 申請地や隣接地の情報を物件情報から取り込み、よく使う文言の登録利用ができるため、調査報告書の作成が簡単に行える。
 
5.報酬額計算・年計・事件簿作成
・受託事件データ毎に報酬額計算書が作成できる。総額の目安や項目ごとの加減率で見積金額の調整計算も簡単に行える。
・報酬額計算を基に、見積書〜請求書〜領収書を一貫して作成することができる。報酬額は事件簿や年計表に反映される。
・事件簿から集計して年計報告書が作成できる。区分ごとに取扱事件の件数や金額が集計される。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード