• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品

セラトレーディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井芹 正光)は『PASS』シリーズに新色2色を追加ラインアップした。
 

 
■特長
奥行が220mmとコンパクトなため、、前出を抑えてすっきりと設置することができる。
従来品揃えしていた、光沢のあるホワイトに加え、「マットホワイト」「ラバグレー」を追加ラインアップ。
どちらもマット仕上げとなっており、インテリアのように居室空間に設置しやすくなった。
 
 
 

■問い合わせ先
セラトレーディング株式会社
https://www.cera.co.jp/

このページの先頭へ




Dropbox Japanは、建設業界向けにDropbox導入への取り組みについてWEBセミナーを11月10日(火)に開催する。
 

 

■概要
10年以上前からITを活用した働き方改革に取り組み、戸田建設の建設現場やオフィスの労働環境改善に力を尽くす戸田建設株式会社の池端氏が、Dropboxの戦略的導入の経緯から今後の展望に至るまでを紹介する。
 
 

・アジェンダ
1.戸田建設作業所が物理サーバーとG-Suiteを併用して感じた課題
2.Dropboxと他のサービスの差異と選定理由
3.現場と本社のリモートワークでDropboxを活用している方法活用
4.実際に運用してから気づいた意外な効果
 
・開催日
2020/11/10 15:00-16:00
 
・講演者
戸田建設株式会社 建築工務部 生産システム推進 1課 課長 池端 裕之
 
・開催形式
Zoomによるウェブセミナー

 
 
 

■問い合わせ先
Dropbox Japan株式会社
https://go.dropbox.com/ja-jp/dbx-webinar-20201110

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、木造建築物構造計算システム『KIZUKURI Ver8.0』を2020年11月20日にリリースする。
 

 
■概要
軸組工法対応の「KIZUKURI」および枠組壁工法対応の「KIZUKURI 2×4」は、それぞれの工法による木造建築物および混構造「異種構造を併用する構造物:告示593号」の木造部分の構造計算を行うソフトである。
 
■新機能
・斜め壁に対応
斜めの壁、耐力壁の入力ができるようになった。
2008/2017年版/木造軸組工法住宅の許容応力度設計(斜め壁/平面/の剛性と許容せん断耐力)に準じる。
また、引き抜き金物選定は、N値計算で対応可能。
 
・Jww下絵表示機能を追加
JWデータを下絵表示することで入力作業を効率よく行えるようになった。
意匠図を下絵表示して入力することにより、略伏図の入力がスピードアップする。
「テンプレート:一般事項」と合わせて、KIZUKURIのデータ作成の省力化を実現する。
 
・梁の算定結果を梁の部材情報に取り込み
梁の算定結果を一覧表で確認をしていたが、部材情報に取り込めるようになった。
これにより、梁の算定結果をデータ(CEDXM)で渡すことが簡易になった。
 
・住宅営業支援システム「ALTA」との連動
住宅営業支援システム「ALTA」とのデータ連動が可能となった。
ALTAで作成したプランのモデル情報・荷重情報・材情報等をKIZUKURIに取り込み、編集作業を効率的に行える。
 
・転倒モーメントによる短期接地圧の検討に対応
重心ズレによる外端部での地盤許容応力度を確認する検討項目
 
・その他
Q図のウィンドウ位置、サイズを記憶するようにした。
未使用階のポリゴン根太を削除するようにした。
KIZ-subヤング係数 E=Ebに変更した。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
https://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ルクレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:有馬 弘進)は、『蔵衛門御用達2021Standard』『蔵衛門御用達2021Professional』を10月30日に発売。
 

 

■概要
『蔵衛門御用達2021』シリーズは、クラウドに保管した写真台帳を専用WEBページから共有でき、これにより、発注者や元請企業は、モバイル端末等で、いつでもどこでも施工状況を確認することができる。
また、今後リリースの施工管理クラウドサービスとデータ連携を予定しており、クラウド経由のデータ取得が可能となる。
 
■新機能
1.モバイル端末でも確認できるクラウド写真台帳を発注者へ共有できる
『蔵衛門御用達』で作成された工事写真データを、高セキュリティの専用クラウドへ保存できる『安心クラウドバックアップ』に新機能を追加。保存したクラウドデータを専用WEBページから写真台帳として確認でき、必要なメンバーへメールで共有することが可能。
クラウド写真台帳はバックアップのたびに更新されるため、建設現場監督は一度の共有で報告が完了。
発注者のような随時施工状況の確認をしたい関係者は、モバイル端末や『蔵衛門Pad』で、いつでもどこでも新しい工事写真を確認できるようになる。
 
2.新技術『電子マーカー』付き工事写真に対応
『蔵衛門御用達2021』シリーズは、同社製品『蔵衛門Pad Tough』に実装される『電子マーカー』に対応。
配筋検査時は、鉄筋の本数や間隔を分かりやすくするため、マグネットを鉄筋に貼り付けて撮影していた。
しかし、マグネットを貼り付けるのは、手間がかかる上、回収忘れがあった場合、コンクリート中の異物になる恐れがある。『電子マーカー』は、工事写真に電子的なマグネットや補助線を描画し、画像改ざんに当たらないように別レイヤーとして保存。『蔵衛門御用達2021』に取り込むことで、『電子マーカー』の表示オンオフを切り替えて見ることができる。
工事写真の元データと、『電子マーカー』付きデータの両方を確認できるため、より施工状況の分かりやすい工事台帳を作成することが可能。
 
3.令和2年3月国土交通省 工事完成図書・土木設計業務等の電子納品要領に対応
『蔵衛門御用達』では、国土交通省や農林水産省、NEXCO、首都高速道路株式会社の電子納品等運用ガイドラインなど、各電子納品の基準/要領に対応している。『蔵衛門御用達2021』では、新たに国土交通省の工事完成図書・土木設計業務等の電子納品要領(令和2年3月)へ対応した。
工事情報登録時の文字列チェックと自動変換、工事写真情報のエラー表示といった『電子納品支援機能』、電子納品要領、デジタル写真管理情報基準に準拠した工事情報の登録、管理をスムーズに行うことができる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ルクレ
https://lecre.jp/

このページの先頭へ




定額制サービスのエクステリアCADシステム「ExCAD」(イーエックスキャド)に、AR・VRコンテンツが作成できる“クラウド提案ツール”がセットになった。
新料金プランは、「ExCAD.ZeroPREMIUM」とこれまでオプションだった「CloudViewer」をワンパッケージにしており、「スタンダードプラン」が月額12,000円、初期費用218,000円。「コミコミプラン」が月額18,000円、初期費用0円
※最低契約期間1年(いずれも税抜)。
 
 

 
 
■問い合わせ先
日軽情報システム株式会社
TEL:03-6810-7325
https://group.nikkeikin.co.jp/nis/

このページの先頭へ




同社従来機に比べ、より素早く高精度な3D点群データ計測を可能とした3Dレーザースキャナーである。主な仕様変更点として①本体に、トータルステーションで馴染みのある後方交会法プログラムを追加②360°プリズムにも対応する長距離ターゲットスキャンが可能③HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影に対応④面精度を従来の2 ㎜から1 ㎜に向上―がある。
 
 

 
 
■問い合わせ先
株式会社トプコン
TEL:03-3558-2568
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




建設機械などの接触事故を防止する死角モニターに録画機能を搭載した業務用ドライブレコーダーである。視野角170度の5個のカメラで死角をなくし接触事故を防ぎながら映像を記録する。24V対応。11インチの大型モニターに5個のカメラの映像を映し出し、目視で確認できない死角を無くし接触事故を防ぐ。microSDに映像を記録する。解像度1280×720、200万画素で昼も夜も映像はクリア。
 
 

 
 
■問い合わせ先
サンコー株式会社
TEL:03-3526-4321
https://www.thanko.jp/

このページの先頭へ




自動ドアの稼働時間を自由に設定でき、履歴管理ができるタッチスイッチである。既存の自動ドアのタッチスイッチと取り換えるだけで、以下の3種類のモードの機能時間と曜日を設定が可能。
 
<モード1>従来通りタッチスイッチを押せば自動ドアが開く。
<モード2>登録したICを翳さないと自動ドアが開かない。
<モード3>マスターカードを翳さないと自動ドアが開かない。
 
 

 
 
■問い合わせ先
マザーセキュリティ株式会社
TEL:03-5829-9144
https://www.mother7s.jp/

このページの先頭へ




高所斜面掘削機(新スプリングチャレンジャー)による高所・急斜面の掘削工法である。掘削機が自走では登坂できない高所・急斜面において、ワイヤーとウインチを用いた登坂システムにより掘削機を吊上げ、土工事を行う。掘削機の操作は、リモコン(無人)運転およびキャビンがチルトすることにより搭乗運転が可能である。
NETIS登録番号 CG-200014-A。
 
 

 
 
■問い合わせ先
洋翔建設株式会社
TEL:082-841-1471
https://urv.jp/introduce_yosho.html

このページの先頭へ




運搬台車を使用したコンクリート二次製品を据付可能にする横引き工法である。特殊な機械や事前に基礎コンクリートへ溝やH鋼を埋め込むなどの特別な加工が不要で、低コストで据付けできる横引きの台車工法。ボックスカルバート、U型水路、L型水路などのプレキャストコンクリート製品の据付けに適用できる。運搬質量12t以下の製品に適用可。
 NETIS登録番号 KT-200089-A。
 
 

 
 
■問い合わせ先
千葉窯業株式会社
TEL:043-221-7000
http://www.chibayogyo.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード