• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品

星和電機株式会社は、電磁波ノイズ対策製品シリーズの新ラインアップとして、大電流基板向けノイズ対策部品の『3相ナノクリスタルコモンモードチョークコイル』(E24CMCシリーズの3相品)を発売する。
 
3相ナノクリスタルコモンモードチョークコイル
 
ナノクリスタルコモンモードチョークコイルは、インバーターおよび産業機械や業務用エアコン、パワーコンディショナー等を制御するパワーモジュール製品に対応した電磁波ノイズ対策製品である。昨年10月に発売を開始した単相のナノクリスタルコモンモードチョークコイル(E24CMCシリーズ)に加え、標準品(3相品)として「E24CMC566008TNV」と「E24CMC566008TNH」(定格電流60A)の2機種をラインアップした。従来の単相品に比べ本製品は、定格電流60Aと大電流に対応した製品となっている。温度特性については、以前のフェライトコア磁心のコモンモードチョークコイルでは、高温環境下で周辺温度により特性が変化し対策効果が安定しなかったが、本製品では高温環境下や低温環境下においても一定の対策効果を得ることが出来る。また、本製品はカスタム対応が可能となっている。
 

■特長
1. 定格電流60Aと大電流に対応
2. コア(磁心)にナノクリスタル材(軟磁性材料)を使用
3. ナノクリスタル材は透磁率が高く、優れたノイズ抑制効果がある
4. kHz帯域での高いインダクタンス性能を発揮
5. フェライトコア磁心のコモンモードチョークコイルよりも小型化および軽量化が可能
6. 温度の影響を受けにくく、高温環境下(最大120℃)でも安定した性能を保つ
 

■問い合わせ先
星和電機株式会社
http://www.seiwa.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田直)では、測量CADシステム『TREND-ONE』と、測量機器メーカー最大手であるトプコン社の3D点群処理ソフトウェア「MAGNET Collage」との連携機能の提供を開始。
 
TREND-ONE
 
■概要
国土交通省が建設現場の生産性向上を目的に取り組む「i-Construction」の普及拡大に伴い、国土地理院では測量分野における「i-Construction」推進を図るため、測量新技術に対応した公共測量マニュアルを順次公表している。これにより、公共測量事業におけるUAVやレーザースキャナー(TLS)を用いた3次元測量が一般化することが見込まれている。今回「MAGNET Collage」で作成されるUAV/TLS成果情報データ(3次元点群情報)を『TREND-ONE』に直接取り込めるコマンドを追加し、点群処理ソフトとCAD間のシームレスな連携を実現した。これにより、公共測量マニュアルに則った作業計画から計測、出来形評価、成果物作成といった測量業務の一連の作業が、より高精度かつ効率的に行えるようになる。
 

・測量CADシステム『TREND-ONE』について
2016年にリリースされた64bit版の測量CADシステム。豊富な測量計算機能と、それに連動したCADで、あらゆる測量業務に対応できる。

・3D点群処理ソフトウェア「MAGNET Collage」について
測量機器メーカー最大手である株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡)が開発・販売する、レーザースキャナー・UAV・MMS で取得したデータを、1つで点群生成、データ合成ができる世界初のソフトウェア。シームレスな現場の3D化を実現し、現場の生産性向上を支援する。
 

■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
https://const.fukuicompu.co.jp/
 

このページの先頭へ




株式会社アークノハラ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:赤川喜和)は、生活道路や中心市街地の安心安全のための取り組みの一つとして、積水樹脂株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼 CEO:福井彌一郎)と『自発光ソフトライジングボラード』を共同開発し、8月1日より発売を開始した。
 
自発光ソフトライシ?ンク?ホ?ラート?
 

『自発光ソフトライジングボラード』は、地面下に収納されているボラード(車止め)が自動昇降して地上に現れ無人で車両通行を制御する施設である。上下に昇降するボラードは、特殊樹脂を採用しており、万が一の車両接触時の車体へのダメージを軽減する。また、高輝度LEDが常時点滅しており、ドライバーや歩行者からの視認性を高めている。
街側の環境整備として本製品を活用することで、生活道路(抜け道)・商店街(時間外の通行)・駐車スペース(違法駐車)および専用道(違法通行)の違法利用を防止させるとともに、交通事故防止や許可車両のスムースな利用にも役立つ。また、タイマー、リモコンおよび各種車両認識システムと連携することで、無人での道路通行規制を実現する。
 

■タウンマネジメントとして期待できる設置効果
1.確実な車両通行規制
 ・1)タイマー制御、2)リモコン制御、3)他システムとの連携等による制御が可能
 ・降下時、ボラードは地下ボックス内に収納され、車両通行が可能
2.交通事故の抑止
 ・許可車両のみの通行とすることで、生活道路(抜け道)・商店街(時間外の通行)・駐車スペース(違法駐車)
 ・および専用道(違法通行)の違法利用を防止
3.道路管理の軽減
 ・無人での道路通行規制が可能
 ・システムの活用により遠隔での作動管理が可能
4.街のにぎわいを創出
 ・曜日、時間帯での昇降設定により、イベントや歩行者天国の時間およびエリアの確実な確保が可能
 ・車両認識システムとの連動によりロードプライシングへの活用が可能
 

■お問い合わせ先
株式会社アークノハラ
https://arc-nohara.co.jp/

このページの先頭へ




岡部株式会社は、木造用高耐力柱脚金物『ピタットベース』の販売を開始した。
『ピタットベース』は柱脚金物と特殊な形状の施工誤差吸収部材(C1リング、C2リング、特殊な形状の座金(Q1座金、Q2座金)で構成している。『ピタットベース』の特長は、高い引張耐力を有すると同時にせん断耐力を有する、大きな施工誤差を吸収できる、接合部をすっきり納めることができる−などがある。
 
ピタットベース
 

■製品の概要
1.高い引張耐力を有すると同時にせん断耐力を有する
短期許容引張耐力は60.0kNという高い耐力を有している。この耐力は、通常のホールダウン2本分の引張耐力に相当する。引張荷重を受けると同時にせん断力を受けることも可能で、短期許容せん断耐力は20.0kN。引張耐力だけでなく、圧縮耐力も有しており、短許容圧縮耐力は102.2kN。
 

2.大きな施工誤差を吸収
三日月状のC1リングとC2リングを用いることで、±15mmの施工誤差を吸収することができる。施工誤差によって生じる手間を大幅に低減することが可能。
 

3.接合部をすっきり納める
柱脚金物は105mm×105mmというコンパクトな形状で、周囲との干渉が少なくなっている。ホールダウンの取付が不要であるため、断熱材や接合部をすっきり納めることが可能。
 

■お問い合わせ先
岡部株式会社
https://www.okabe.co.jp/

このページの先頭へ




LIXILグループ傘下で、外装建材総合メーカーの旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:阪本 浩一)は、シーリングレスの「新四辺合じゃくり工法」を採用した窯業系外装材「AT-WALL」の「ガーディナル Smart」シリーズに、新柄『セキボク PZ』を追加し、2018年8月1日から全国で発売する。
また、高機能・高品質・高コストパフォーマンスを実現する「AT-WALL PLUS」シリーズにも同柄『セキボク P』を同時発売する。
 
セキボク20180724
 
「ガーディナル Smart」は、旭トステム外装が独自に開発した「新四辺合じゃくり工法」を採用し、外壁をすっきりと美しく仕上げる窯業系外装材シリーズである。セルフクリーニング機能と防藻・防カビ機能を合わせ持った「セルフッ素コート・PLUS」を採用し、「塗膜15年保証」に対応している。
今回、新柄として、本物の墨で仕上げたかのようなマットな色調と、陰影感豊かな石積デザインで重厚な印象の『セキボク PZ』を新たに設定し、デザインラインナップを強化する。同じく「セルフッ素コート・PLUS」と「塗膜 15 年保証」対応で、優れた耐候性でありながら、より求めやすい価格を実現する「AT-WALL PLUS」リーズにも、同デザインの『セキボク P』を設定する。さらに、ワイドな煉瓦調のデザインで現代風・洋風スタイルにフィットする新柄「フローナ P」と、既存商品をリニューアルした「フラット S16P」も同時に発売。
また、11月には、「AT-WALL PLUS」シリーズから「アーバンストライプ 16P」を、「AT-WALL15」シリーズから「ファインアクシス 16」「フラット S16」をそれぞれリニューアルし発売する。
 

■問い合わせ先
旭トステム外装株式会社
http://www.asahitostem.co.jp/

このページの先頭へ




LIXILグループ傘下で、外装建材総合メーカーの旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:阪本 浩一)は、金属外装材「Danサイディング」のニュースタンダードシリーズに耐食性に優れた業界初の次世代ガルバリウム鋼板を採用した『スパンサイディング S』を2018年8月1日から全国で発売する。
 

 
今回新たに発売する遮熱性フッ素SGL鋼板単色塗装品『スパンサイディング S』(4色)は、従来のガルバリム鋼板の3倍強の耐食性が期待できる次世代ガルバリウム鋼板(SGLR)を業界で初めて採用。SGLRの採用により耐食性が向上し「赤さび・穴あき 15年保証」を実現した。
さらに、芯材にはポリイソシアヌレートを採用し、防耐火性能の向上を実現したことで、準耐火建築物でも使用できる。また、遮熱効果の高い着色顔料のフッ素塗料を使用したフッ素鋼板を採用することで耐候性も向上し、塗膜を長持ちさせる。
 

■問い合わせ先
旭トステム外装株式会社
http://www.asahitostem.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:伊藤 謙自)は、「平成30年7月豪雨」で災害復旧をする建設業の企業向けに、同社が開発・販売する『SpiderPlusR(スパイダープラス)』の3カ月間無償ライセンスを提供する。
 
SpiderPlus
 

■受付期間
2018年7月9日(月曜日)から2018年10月31日(水曜日)まで
 

■対象
平成30年7月豪雨で影響を受けた地区のインフラ整備(道路、橋梁など)、復旧工事をする企業
 

■内容
平成30年7月豪雨で被害を受けた地域のインフラ整備(道路、橋梁など)、復旧工事をする企業向けに、申込日から3カ月間無償で『SpiderPlusR』を利用できるライセンス・環境を提供。既に利用している企業でも被害地域の復旧に『SpiderPlusR』を利用する場合、3カ月間無償でライセンスを発行する。
 

■図面管理・情報共有ツール『SpiderPlusR(スパイダープラス)』とは
図面管理・情報共有ツール『SpiderPlusR(スパイダープラス)』は、図面をタブレットで管理、情報共有が行える。また、電子黒板付写真も撮影ができ、現場にいながら写真整理やメモ作成が可能。記録されたデータはパソコンで簡単に帳票を出力することができるため、従来の現場管理業務の作業時間が大幅に削減が見込まれるアプリケーションである。
 

■問い合わせ先
株式会社レゴリス
http://www.regolith-inc.jp/

このページの先頭へ




セラトレーディング株式会社(東京都港区、代表取締役社長:渡邊和夫)は、フランスのHORUS社(オリュス)より『FLEUR(フルール)』シリーズの湯水混合栓を追加した。
 
FLEUR
 

■製品の概要
『FUEUR』 シリーズの水栓は、操作方法に特長がある。操作ハンドルは手前から奥に向かって回すと、初めに水のみを吐水し徐々に流量が増え、クリックを感じたところから湯が混ざるという構造になっている。45度のところでクリックを感じるため、湯と水をしっかり使い分けることができ、無駄なエネルギーの消費を防ぐ。
品揃えはハンドル違いの2 種類。クリア色の花モチーフが付いたタイプは、オプションのカラーハンドルと交換できる。冷たい印象になりがちな水まわり空間にカラーハンドルを加えることで、アクセントとしている。
 

■問い合わせ先
セラトレーディング株式会社
https://www.cera.co.jp

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、ユーザー自身がVR用空間を作成できる同社のVRシステム=メガソフトVRソリューションに、HMD(VR用ゴーグル)装着者自身のハンドコントローラーによる操作で、空間内の任意の場所へ移動したり、家具を動かす・扉を開く・照明を点灯するなどの操作ができる機能を開発した。
新機能は2018年6月1日出荷分から同製品に標準搭載し、保守契約中の同製品ユーザーにはアップデータとして無料配布する。
 
メガソフトVRソリューション
 

●メガソフトVRソリューション
2016年10月より販売してきたメガソフトVRソリューションは、クリエーターに頼らずエンドユーザー自身がVR空間を作れる点、VR体験中にオペレーター操作で空間編集ができる点が大きな特徴で、これまでに住宅、インテリア、医療施設など、さまざまな空間の体験や検討に活用されている。
 

今回のバージョンアップでは、RPGのフィールドで繰り広げられる冒険のように、扉を開く・中へ入る・物を動かす・紐づけされたイベントを再生する・照明のON/OFFなど動きのあるVR空間を、エンドユーザー自身が平易に作成でき、VR空間で即座にプレイできるようになった。
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社 法人営業部
TEL: 03-5213-6730
https://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、住宅・建築プレゼンテーションソフト「3DマイホームデザイナーPRO09 EX」に、同社が有償で提供している約52,000点のクラウド素材全てをあらかじめ収録した『3DマイホームデザイナーPRO9 EX 素材パック2019』を発売した。
 
3DマイホームデザイナーPRO9 EX 素材パック2019
 

■概要
『3DマイホームデザイナーPRO9 EX 素材パック2019』は、平易な操作で間取り図から3D建築パースまで作成できる住宅・建築プレゼンテーションソフト「3DマイホームデザイナーPRO9 EX」に、インターネット上の住宅素材ダウンロードサービス「データセンター」にて有償提供している52,000点以上の素材(3Dパーツやテクスチャなど)をあらかじめ収録した素材内蔵型の製品である。

月額利用料なしで使い放題ということに合わせ、セキュリティ上の理由により外部へのインターネット接続が制限されている法人でも豊富な素材を自由に使用できる利便性も提供する。
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード