• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品

大建工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:億田 正則)は、主力のエコ事業における新たな用途展開として、国土防災技術株式会社(本社:東京都港区、社長:辻 裕)と共同開発した土壌改良材『DWファイバー』を新たに発売し、5月15日より提案を開始した。
 
大建工業が土壌改良材『DWファイバー』を発売
 
■製品の概要
『DWファイバー』は、国産の木材チップを解繊処理し、植物の生育促進効果のあるフルボ酸(※)を添加した土壌改良材である。
これまでの住宅などの建築資材への利用用途にとどまらず、「土木資材分野」への新たな事業展開として、防風林の客土形成や斜面の吹き付け緑化などの土木工事を行う自治体や、工事業者に提案を進めてく予定。
製品の主な特長は下記の通り。
 
1.「フルボ酸」により植物の生育を促進
原材料となる木質繊維に植物の光合成を活性化する効果のあるフルボ酸を混合しているため、植物の生育を促進。
 
2.優れた通水・保水性
木質資源をランダムな繊維構造に形成しているため、高い通水・保水性能を発揮。
また、嵩(かさ)密度が低く空気を多く含むため、地温の変化を抑制するなど、植物が生育しやすい土壌環境づくりに役立つ。
 
3.資源の有効活用・環境負荷が少ない
国策として利用促進が求められている国産木材の間伐材、林地残材、河川木などを利用しており、資源を有効に活用することができる。
また、100%バージン木材の繊維を使用していることから、土の中で分解・土壌化するため環境負荷を抑えながら利用できる。
 
(※)フルボ酸とは:元来、森林や土壌の中に存在する腐植酸の一つ。
植物の光合成を活性化し、生成促進に効果がある。
国土防災技術株式会社がフルボ酸の人工生成技術に関する特許を取得している。
 
■問い合わせ先
大建工業株式会社
http://www.daiken.jp/index.html

このページの先頭へ




メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、簡単な操作で工事現場の3Dイラストを描けるパソコン用ソフトウェア『3D工事イラストワークス』を、全国各地の支店・営業所・建設現場で共同利用できるフローティングライセンスサービス「FCENA eWide(富士通エフ・アイ・ピー)」の契約者向けに、2017年5月11日より提供開始した。
 
メガソフトが工事現場の3Dイラスト作成ソフトをフローティングライセンスで提供開始
 
■製品の概要
本製品は、役所に提出する施工関連書類や、周辺住民への説明会資料への挿絵の他、外国人従業者が増えている工事関係者間での情報伝達、指示書用に、誰でも手軽にイラストが描ける。
これまでは、直営のメガソフトショップを含むECショップや、大手家電量販店の店頭で販売されてきた。
製品ユーザーの多くは中小の建設業者や他業種企業の設備系部署が多いのが現状である。
新しい提供方法は、これまでの”パソコン1台に1ライセンス”というルールとは異なり、同時使用台数分のライセンスでの運用が可能となる。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
http://www.megasoft.co.jp/

このページの先頭へ




エイブル株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:榎原明義)は、5月15日よりエントランスにインパクトのある『光る壁システム』を発売した。
 
エイブルがエントランスにインパクトのある『光る壁システム』を発売
 
■製品の概要
本製品は、超薄の石材(約1mm厚)を合わせガラスで挟み、ハイパワーなLEDライトで照らしている。
日本の合わせガラス技術、ドイツの超薄型石材剥離技術、インド産石材を融合してシステムアップした。
昼は自然石で、夜は透過光の石材へと変化し、従来の石材の床や壁も、照明を効果的に使用することで、より美しく空間を演出できる。
 
■問い合わせ先
エイブル株式会社
TEL:03-6766-8981
http://www.d-kuru.com/product/2814

このページの先頭へ




東亜道路工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:新谷章)が小規模用常温硬化型路面補修材『ファスト・アス』でグッドデザイン賞を受賞した。
 
小規模用常温硬化型路面補修材『ファスト・アス』がグッドデザイン賞を受賞
 
■製品の概要
同製品は、施工性,耐久性に優れた改質アスファルト乳剤系路面補修材。
構造物周辺の段差や継目の修正,荒れた路面のリフレッシュなどに最適である。
このほど,改質アスファルト乳剤と骨材を1パッケージ化したことより、手を汚すことなく、簡単確実に施工できることが評価され、日本デザイン振興会が運営するグッドデザイン賞2016に道路補修材として初めて受賞した。
 
■問い合わせ先
東亜道路工業株式会社
http://www.toadoro.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社シムトップス(本社所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:水野 貴司)は、電子帳票ソリューションConMas i-Reporterの最新バージョンとなる『ConMas i-Reporter Version 6』を2017年5月8日にリリースした。
 
シムトップスが電子帳票ソリューション「ConMas i-Reporter」の最新バージョンをリリース
 
■製品の概要
「ConMas i-Reporter」は、あらゆる現場で行われている紙帳票を使用した記録・報告・閲覧を、iPad、iPhoneを使用した現場完結型の新しいスタイルへと変える電子帳票ソリューションである。
これまで事務所に戻ってから行っていた報告書の作成やシステムへの入力をなくし、全ての作業を現場でiPad、iPhoneから完結できる。
現場からサーバーへアップロードするだけで、関連するシステムへの連携など全ての記録・報告がリアルタイムに共有できる。
管理者はPCやモバイルのWebブラウザから簡単に記録・報告を検索、参照や編集、承認が可能。
主なリリース機能は下記の通り。
 
【音声入力機能】
アドバンスト・メディアとの協業により、i-Reporterアプリ本体に「AmiVoice(R) Mobile Toolkit for iOS SDK」を組み込み、音声入力機能を実現。
声だけでタブレットへの入力ができるため、作業の手を止めることなく、ハンズフリーで効率的なデータ作成を行うことが可能。
また、音声認識・音声対話専用のバッジ型ウェアラブルマイクデバイス「AmiVoice(R) Front WT01」と連携して使用することで、高騒音環境下でも正確な音声入力を行うことができる。
 
【ピン打ち機能】
●想定される用途
[建設・建築]
マンション、分譲・注文住宅などの途中の検査や完成検査などで、完成図面に対して指摘された不具合の場所にピンを打って不具合内容詳細の記録を残す業務を想定。
不具合箇所は写真を撮影することも可能。
仕訳用の帳票を別途に出力し業者に配布など。
[製造]
目視検査などで、図面や実物の写真にピン打ちして、不具合内容詳細の記録を残す業務を想定。
不具合箇所は写真を撮影することも可能。
仕訳用の帳票を別途に出力し各部門に配布など。
 
■問い合わせ先
株式会社シムトップス
http://www.cimtops.co.jp/

このページの先頭へ




JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区,代表取締役社長:柿木厚司)は、5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板
『エコガル®』を発売した。
 
JFEスチールが5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板「エコガルNEO」を発売
 
■製品の概要
従来の5%アルミ−亜鉛系高耐食溶融めっき鋼板『エコガル®』を改良し、
GI(溶融亜鉛めっき)同等の溶接性・加工性を維持しながら、表面外観を向上させた。
後処理は無処理もしくはクロメートフリー処理で、強度も490MPa級ハイテン材まで製造でき、
電機・建材・自動車向けに幅広く適用可能。
製造はJFEスチール(株)、販売は同社ならびにJFE鋼板(株)。
 
■問い合わせ先
JFEスチール株式会社
http://www.jfe-steel.co.jp/

このページの先頭へ




東亜グラウト工業株式会社(本社:東京都新宿区,代表取締役社長:山口 乃理夫)は、エネルギーを吸収し落石を捕捉する落石防護柵『リングネット落石防護柵(RXEタイプ)』『TFバリア』『LDB-500』を発売した。
 
東亜グラウト工業がエネルギーを吸収し落石を捕捉する落石防護柵「リングネット落石防護柵(RXEタイプ)」「TFバリア」「LDB-500」を発売
左から『リングネット落石防護柵(RXEタイプ)』『TFバリア』『LDB-500』
 
■工法の概要
高強度ネットや支柱などの部材の変形により落石エネルギーを吸収する高エネルギー落石防護柵。
いずれも落石を確実に捕捉できることを実物大実験で確認している。
各工法の主な特長は下記の通り。
 
●リングネット落石防護柵(RXEタイプ)
Uブレーキ(衝撃緩衝装置)、トランスミッションロープ(変形抑制部材)などの部材を組み込み、
従来のRXタイプに比べ変形量を約30〜40%小さくした「RXEタイプ」を発売した。
落石エネルギーは500・1,000・2,000・3,000kJの4タイプを用意している。
柵タイプが増え、選択肢が広がった。
 
●TFバリア
北陽建設(株)と共同開発された既設構造物設置型落石防護柵。
既設構造物への新設と補強を目的とする新しいタイプの防護柵で、落石エネルギー200kJまで対応できる。
支柱を「くの字」型にすることで,既設ブロック積擁壁を傷つけずに容易に設置できる。
2種類の特殊な衝撃緩衝装置を組み込んでおり、既設防護柵の柵高および落石捕捉性能の不足も補える。
 
●LDB-500
落石エネルギー最大500kJまで対応可能な支柱強化型の落石防護工。
柵変形量が小さく(500kJで1.34m)、擁壁上にも設置可能なことから、道路脇の落石防護工に最適である。
国立大学法人室蘭工業大学との共同研究で開発された。
 
■問い合わせ先
東亜グラウト工業株式会社
http://www.toa-g.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:田辺竜太)では、従来の現場端末システム「X-FIELD」を刷新し、衛星測位システムGNSSの利活用場面を広げた『TREND-FIELD』を2017年8月に発売開始する。
 
福井コンピュータが建設現場の現場端末システム『TREND-FIELD』を発売
 
■製品の概要
今回、国土交通省が推し進める現場の生産性革命を支援するシステムとして、i-Constructionの中でも勧められているGNSS関連の機能を強化し、新しく『TREND-FIELD』としてリリースする。
「X-FIELD(使用権)」の利用ユーザーにおいては、そのまま『TREND-FIELD』へと移行できる。
主な特長は下記の通り。
 
●「X-FIELD」からの機能継承(オプション含む)
・TS(トータルステーション)による現況観測、杭打ち
・TS電子レベルによる縦横断観測
・写真撮影
・TS出来形観測
・データ共有クラウドサービス「CIMPHONY」を利用した現場と事務所のデータ共有
 
●「TREND-FIELD」の新機能(オプション含む)
・GNSS強化
基準点測量以外での活用…逆打ち観測、任意点計測において、GNSS 機器での観測に対応
・ハイブリッド観測
GNSSとTSを同時に接続し、自動切換えで観測
※TOPCON・SOKKIAのGNSS限定。
・任意点観測拡張
LandXMLを読み込み、TINの表示(平面)、線形データなしでの任意点の出来形観測が可能
・ヒートマップ表示
「TREND-POINT」のヒートマップデータを読込み表示し、任意点計測の観測を行う
・地理院地図・ストリートビュー対応
地理院地図・Googleストリートビューの表示
 
■標準価格(税別)
・基本セット 70,000円/年
・測量セット 120,000円/年
・土木基本セット 80,000円/年
 
■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
TEL:0776-67-8860
http://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




KEYTEC株式会社(本社:神戸市中央区、代表者名:岩田和彦)は、道路・床向け精密デジタル平坦・水平計
『AXIOM1155』を発売した。
 
KEYTECが道路・床向け精密デジタル平坦・水平計「AXIOM1155」を発売
 
■製品の概要
精密工場床面、スタジオ床面、道路、空港滑走路の凹凸測定などにおいて、
路面や床面の平坦・水平レベルを高精度に測定できる精密デジタル平坦・水平計。
ASTM 1155に準拠し、精度は±0.0375mm/30cmで、±27%の勾配まで測定できる(傾斜角度測定範囲:±15°)。
Androidをディスプレイに採用し、ディスプレイを分離することで操作性を高めている。
 
■問い合わせ先
KEYTEC株式会社
http://www.key-t.co.jp/

このページの先頭へ




大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、床材「Trinity(トリニティ)」に、『チーク柄』『マホガニー柄』
2柄を6月21日に追加発売する。
 
大建工業が床材「Trinity(トリニティ)」に新柄追加
 
■製品の概要
意匠と機能の2つのニーズに対応するために2015年に発売した「トリニティ」は、銘木柄を採用したシート化粧タイプの床材。
無垢材のような意匠の美しさ、天然木では安定した供給が困難な広幅タイプのデザイン性、
そして、日焼けに強く、美しさを長く保つことができる優れた機能性を持っている。
 
今回は同シリーズに、希少樹種として人気のチーク柄とマホガニー柄を追加。
四周木口面にまで特殊化粧シートを巻き込むことで生まれる無垢材のような仕上がりで、希少銘木の柄を再現している。
 
■標準価格(税別)
37,000円/梱、10枚入り(3.2㎡)
 
■問い合わせ先
大建工業株式会社
http://www.daiken.jp/index.html

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード