• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品

協栄産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水谷 廣司)は、協栄産業製インフラ点検システムとトピー工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高松 信彦)製点検ロボットAnieLightによるインフラ点検ロボットシステム『低車高版』を共同開発し、販売を開始する。
 
低車高版
 
■概要
インフラ点検ロボットシステムは、住宅の定期点検等に使用するロボットシステムである。
点検作業員の代わりに暗く・狭い床下にエニーライトが入り、シロアリ被害、腐食箇所等の住宅性能に問題がないかを確認することができる。
点検作業員は離れた場所から無線LANを介してタブレットでエニーライトを操縦し、本体に装備されたLEDで床下を照らし、高性能カメラの画像を見ながら床下の状況を確認する。
また、必要に応じて点検箇所を撮影してタブレットに保存すれば点検結果を記録として残すことが可能になる。
低車高版エニーライトでは、標準版エニーライトの車高245mmを62mm下げ183mmとした。
これによって住宅床下基礎部分に作られた人通口を通り抜けやすくなり、スムーズな点検作業を行うことが可能になった。
一般的に、人通口は高さ350mm×横600mm程度の大きさで作成されるが、住宅メーカーや工事業者によって大きさはまちまちで、標準版エニーライトでは通り抜けできない場合もあった。
低車高版ではこれを解消し、さまざまなタイプの住宅床下点検に利用できる。
協栄産業とトピー工業が共同開発したインフラ点検ロボットシステムは、住宅の床下に人が入るのではなく、ロボットが入ることでユーザーのプライバシーを守り、作業員の省人化、省力化を可能にし、ユーザー満足度向上と労働環境の向上に貢献する。
 
 
 

■問い合わせ先
協栄産業株式会社
https://www.kyoei.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社システムイン国際(本社:広島県三原市、代表取締役社長:水馬 久司)は、国土交通省、農林水産省等の新しい電子納品要領に対応した『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.17』『デジタル写真管理システム Calstudio Ver.16』の提供を開始した。
 
電子納品物作成閲覧システム
 
■ 概要
2017年2月以降、デジタル工事写真での電子小黒板の活用は、国土交通省直轄工事から農林水産省、NEXCO、地方自治体等へと広がりを見せている。
今回、日本下水道事業団の『JS工事記録写真電子管理要領 平成31年4月』でも、電子小黒板が使用可能となった。
『Calssist Ver.17』『Calstudio Ver.16』は、電子小黒板の情報取込機能や、デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)を搭載し、電子小黒板の活用をサポートしている。
 

■『Calssist Ver.17』の主な追加内容
1.『国土交通省 平成31年3月』の電子納品要領、ガイドライン等に対応
・工事完成図書の電子納品等要領(一般土木、電気通信設備、機械設備工事)
・土木設計業務等の電子納品要領(一般土木、電気通信設備、機械設備工事)
・電子納品要領 機械設備工事編 施設機器コード
・電子納品等運用ガイドライン(土木工事編、電気通信設備工事編、機械設備工事編【工事】)
・電子納品運用ガイドライン(業務編、電気通信設備業務編、機械設備工事編【業務】)
・機械設備保守点検業務の電子納品運用ガイドライン
 
2. 『農林水産省 平成31年3月』の電子納品要領、ガイドライン等に対応
・工事完成図書の電子納品要領(案)(土木、電気通信設備、機械設備工事)
・設計業務等の電子納品要領(案)(土木、電気通信設備、機械設備工事)
・地質・土質調査成果電子納品要領(案)
・電子化図面データの作成要領(案)(土木、電気通信設備、機械設備工事)
・電子化写真データの作成要領(案)
・電子納品運用ガイドライン(案)(工事編、電気通信設備工事編、機械設備工事編【工事】)
・電子納品運用ガイドライン(案)(業務編、電気通信設備業務編、機械設備工事編【業務】)
・電子化図面データ作成運用ガイドライン(案)(土木、電気通信設備、機械設備工事)
・電子納品運用ガイドライン(案)地質・土質調査編
・電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード
・機械設備保守点検業務の電子納品運用ガイドライン(案)
 
3. 『日本下水道事業団 平成31年4月』の電子納品要領に対応
・JS工事記録写真電子管理要領
 

■『Calstudio Ver.16』の主な追加内容
1.農林水産省 電子化写真データの作成要領(案)平成31年3月に対応
 
2.日本下水道事業団 JS工事記録写真電子管理要領 平成31年4月に対応
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社システムイン国際
https://www.system-inn-kokusai.jp/

このページの先頭へ




フクビ化学工業株式会社(本社:福井県福井市、代表取締役社長:八木 誠一郎)は、バルコニー向けデッキとして、『プラスッドソライエデッキAS(接着工法)』を発売した。
 
プラスッドソライエデッキ
 
■概要
これまで住宅の外構空間用として販売してきたソライエデッキに、バルコニー向けの新仕様を追加した。
床材としてソライエデッキの床板をそのまま使用し、下地には3種類の高さ調整式の支持脚による防水下地に対応した接着工法とし、根太材として現場での加工性のよい「アルミ根太」などを使用する、施工性に配慮した工法となっている。
 
■特長
・支持脚の接着工法による施工で、バルコニー等の防水下地をビスなどで貫通せずに施工が可能。
・バルコニーの低床に対応。マルチポストの場合床高65〜345㎜に対応。
・高さ調整式の支持脚とアルミ根太などによる簡単施工。
 
 
 

■問い合わせ先
フクビ化学工業株式会社
https://www.fukuvi.co.jp

このページの先頭へ




フクビ化学工業株式会社(本社:福井県福井市、代表取締役社長:八木 誠一郎)は、断熱性(熱伝導率0.019W/(m・k))を有するフェノバボード(フェノールフォーム断熱材)に遮熱性を付加した屋根用断熱材『フェノバボード遮熱』を発売した。
 
フェノバボード遮熱
 

■概要
近年、屋根裏の活用目的などの理由から屋根断熱の割合が増加している。
フラット35住宅仕様実態調査報告(住宅金融支援機構)によると、平成19年度に屋根断熱の割合が21.0%であったのに対し、平成29年度は37.4%にまで拡大している。
屋根は太陽光が直接当たるため熱の侵入をカットすることが重要であり、同社では遮熱性能を付加した遮熱ルーフエアテックス(屋根用遮熱・透湿防水シート)や遮熱パネルーフUタイプ(屋根垂木間遮熱パネル)を販売してきたが、今回、屋根に使用する断熱材として、フェノバボードに遮熱性を付加した『フェノバボード遮熱』を発売することになった。
 
■特長
・優れた遮熱性能
外部側の表層シートに放射熱への反射性能が高いアルミ粒子を使用することで、夏季の室内への熱の侵入を抑制する。(熱反射率約50%)
 
・高い断熱性能
フェノール樹脂を独立微細発泡させることで熱伝導率0.019W/(m・K)を実現し、建築向け断熱材の中で最高ランクの高断熱性を有している。
 
・充填断熱、外張断熱、付加断熱に対応
充填断熱では材質の断熱性能が高いことから断熱材厚みを薄くできるため、垂木のせいを抑えることができる。外張、付加断熱にも対応している。
 
 
 

■問い合わせ先
フクビ化学工業株式会社
https://www.fukuvi.co.jp

このページの先頭へ




株式会社鶴弥(本社:愛知県半田市、代表取締役社長:鶴見 哲)は、同社の製品である陶板壁材『スーパートライWall」において、カラーバリエーションに5種類の新色を追加することとなった。
 
スーパートライ Wall
 
■概要
高い耐久性を持つ壁材『スーパートライWall』に、焼き物の風合いをそのまま表現したプレミアムカラーが加わった。
従来の4色展開のカラーバリエーションに、「宙(濃)」「宙(淡)」「かえで」「くるみ」「いぶし銀」の5色を追加し、全9色となる。
なお、今回はプレーン柄のみの対応とる。ワイドボーダー柄は従来通り4色展開である。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社鶴弥
eigyou-kikaku@try110.com

このページの先頭へ




株式会社GA technologies「GA テクノロジーズ」(本社:東京都港区、代表取締役社長:樋口 龍)は、この秋より、リノベーション設計時に必要な中古物件の間取図を、ディープラーニング(AI)により読み取り、自動でデジタルデータ化(CADデータ化)するシステム 『BLUEPRINT by RENOSY(ブループリント バイ リノシー)』(β版)を無償にて一般公開する。
そのため、BLUEPRINT by RENOSYのテストユーザー(企業や個人)を募集する。
 
GAテクノロジーズ
 
■同件のポイント
・今秋、AIによる間取図読み取りシステム「BLUEPRINT by RENOSY」を無償公開予定
・建設業は全産業平均比較で年300時間以上の長時間労働。週休2日の確保も困難
・多くのテストユーザーが使うことで精度向上と、建築士の働き方とシステムの読み取り精度を改善
 

■BLUEPRINT by RENOSYとは
BLUEPRINT by RENOSYは、建築設計・リノベーションに携わる設計士やデザイナーが単純作業に費やしている時間を削減し、よりクリエイティブな業務に集中できる世界を実現するために開発をはじめた、誰でも無料で使えるクラウド型図面読み込みシステムである。
中古マンションのリノベーション現場では、リノベーション設計のベースとなる中古物件の図面データを入手することは難しく、多くの設計士は、そのマンション販売時の間取図面を取り寄せて読み込み、間仕切り、ドア、窓、設備関連など図面上の線をデザイナー自らがトレースすることで、デジタル図面データ(CAD)を作成している。
BLUEPRINT by RENOSYはこの間取図面をディープラーニングを利用して自動で読み取り、間仕切り、ドア、窓、設備関連など各部位を識別してCADデータ化し、メールでデータを届ける。
なお、 2019年7月30日時点の平均認識率は80%となっており、CADデータ取得後にユーザー側での手直しや線の修正などが必要だが、利用件数の増加により認識精度は向上し、より完成度の高いCADデータが届くようになる予定である。
 
■BLUEPRINT by RENOSYで利用される技術と仕組み
BLUEPRINT by RENOSYは、ディープラーニングのGAN: Generative Adversarial Network(敵対的生成ネットワーク)を用いた学習やFaster R-CNNによる認識結果を参照し、壁やドア・窓を構成する線をトレースする事で、ラスター画像をベクタ画像に変換し、DXF形式のCADファイルに変換している。
間取図面内の壁やドアなどの要素は、フローリングなどの模様と区別することが困難であり、より精度の高い認識と正確なCADデータの生成には、多くの図面データの読み込みが必要である。
また、トイレやシンクなどの設備要素も、メーカーや時代ごとに異なるスタイルで描かれているため、この観点からも精度の向上に多様なデータの読み込みが重要になる。
このような観点から、同社ではこの度のBLUEPRINT by RENOSYのテストユーザーの募集に至った。
 

■ テストユーザー参加方法
下記のサイトより必要情報を登録すると、BLUEPRINT by RENOSYの利用フォームを案内する。
 
BLUEPRINT by RENOSY:https://blueprint.renosy.com/
 

※テストユーザーへの登録は時間がかかることがある。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社GA technologies
https://www.ga-tech.co.jp/

このページの先頭へ




扶桑電通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:有冨英治)は、効率的な図面管理を実現するICTソリューション『SasaL 図面管理サービス「図面管理システムVer3.1」』の提供を開始した。
 
扶桑電通(図面管理システムVer3.1)
 
■概要
従来に比べ、運用面の利便性、セキュリティ面の強化を図り、ユーザーのセキュリティ確保と業務効率化に貢献する。また、ユーザーから預かった図面をスキャニングするデジタルセンターをリニューアルオープンし、より安心・安全、短納期で利用できるようになった。
 
・スキャニングサービスでデータ化した図面を高速かつ多彩に検索
・拡大縮小、スクロールなど自在に操作可能
・各種関連資料を追加することにより、継続・横断的な維持管理が可能
・クラウドでのバックアップを行うオプションあり
 
■デジタルセンターリニュ−アルオープン
今回、デジタルセンターのリニューアルを行った。
複数認証による入退出管理・監視カメラ・図面用施錠ロッカー導入によるセキュリティの強化、また高性能大型スキャナーの増設でさらなる生産性の向上を図り、ユーザーの大切な図面をより高品質・高セキュリティ・短納期でスキャニングすることを可能にした。
 
■ SasaL図面管理サービス
大量の紙図面をデータ化、データベース化する「図面スキャニングサービス」・「図面管理システム」・「3次元データ化サービス」から構成し、図面や各種ドキュメントに関わるユーザーの課題解決を総合的に支援するサービスである。「図面スキャニングサービス」でデータ化した図面データは、「図面管理システム」により自在な検索や柔軟な管理を可能にし、保全・補修作業等の効率化を図る。
また災害時等における図面のバックアップ対策、図面保管スペースの有効利用、ペーパーレス化による働き方改革にも貢献する。
 
 
 
■問い合わせ先
扶桑電通株式会社
https://www.fusodentsu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社アプリクラフト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:女井 誠司)は、Robert McNeel&Associates社(本社:米国ワシントン州、CEO:Robert McNeel)の「Rhino6 for Mac」のリリースに伴い、WindowsとMacの
両プラットフォームで使用可能なライセンスの『Rhino6』を販売開始する。
 
Rhino6 for Mac
 
■製品概要
『Rhino6』は、Windows,Mac上で動作する3Dサーフェスモデラ―である。今日モノづくりを迅速かつ効率的に進めるためには、コンセプトをいち早く正確なカタチにし、設計、研究、開発、マーケティング、製造部門に伝えるためのツールが必要となる。
手書きのスケッチや図面、スキャニングデータを基に、頭の中にイメージしたアイデアであっても『Rhino6』を用いれば、正確にモデリングすることはもちろん、モデリングされたデータからドキュメント作成のためのレンダリング、作図や解析、さらにはCAMのような加工データや建築設計データを作ることができる。
 
 
 

■お問合せ先
株式会社アプリクラフト
https://www.applicraft.com/

このページの先頭へ




日本エコ断熱フィルム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:冨田 英樹)は、夏の熱中症対策に役立つ、紫外線を99%カットし、赤外線も最大90%カットする『金属スパッタリングひんやりフィルム』を開発した。
 
日本エコ断熱フィルム(窓フィルム)
 
■概要
電子部品などで一般的な金属膜を均一にするスパッタリング加工を施しているため、同社では従来の窓フィルムでは難しいとされてきた均一に遮熱する金属膜の形成に成功した。
外からの日射しをサングラスのように跳ね返すことで、部屋が日陰になり涼しくなるようにした。
 
■特長
『金属スパッタリングひんやり窓フィルム』は、室内を日陰にする。
アルミ金属膜をコーティングして猛暑の日差しや紫外線を99%カットする。
従来のフィルムは経年劣化が早かったが、スパッタリング加工により耐久性を15年と長くすることに成功した。
また内からは明るく景色を見えて、外からは離れて見たときに、室内が見えづらくするプライバシー効果もつけた。
ガラスが割れても粘着する飛散防止効果も付いているため、防犯や地震対策にもなる。
 
 
 

■問い合わせ先
日本エコ断熱フィルム
http://www.kizu110.jp/

このページの先頭へ




日新インダストリー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川西 紀哉)は、亜鉛めっき鋼材の化粧補修用途向けに、『ジンクプラスMスプレー』『GZ52スプレー』の2製品を発売する。
 
ジンクプラスM
 
■概要
『ジンクプラスMスプレー』は、「ジンクプラスシリーズ」の化粧塗料として開発したもので、「PRTR法」「特化則」「有機則」に対応できる。
これにより、従来の補修から化粧塗装までを「ジンクプラスシリーズ」で施工することが可能になる。
『GZ52スプレー』は、既存品の化粧塗料に防錆性能をプラスさせる目的で開発したもので、乾燥塗膜中に亜鉛を52%含有し、小さなキズの補修から仕上げまで1本で完了できるハイブリット品。「特化則」に対応し、新設の亜鉛めっき色に近いメタリックシルバー仕上げである。
 

■『ジンクプラスMスプレー』の特長
1. PRTR法、特化則、有機則に対応
労働者に健康被害を発生させる(可能性が高い)物質として定められている化学物質を一切含有していない。
 
2. 良好な作業性
エアゾールスプレー式のため、塗装をするのに混合や洗浄の手間がいらず、誰でも均一に塗装ができる。
また、無駄なく必要量だけ使用することができる。
 
3. 補修に最適なメタリックシルバー色
仕上がり色は新設亜鉛めっきの色調に最も近いメタリックシルバーで、亜鉛めっきのヤケの補修や亜鉛末塗料での補修後の色調合わせに最適。
 
4. 速乾性
指触乾燥15分を実現。工期の短縮が期待できる。
 

■『GZ52スプレー』の特長
1. メタリックシルバー仕上げで防錆性能付与
同製品で補修から仕上げまで完了でき、工期短縮が期待できる。
 
2. 良好な作業性
テコ式ボタンを採用し、作業者の指の負担を軽減した。また、革手袋などの厚手の上からでも噴射がしやすい。
 
3. 補修に最適なメタリックシルバー色
仕上がり色は新設亜鉛めっきの色調に最も近いメタリックシルバーで、亜鉛めっきのヤケの補修や補修後の色調合わせに最適。
 
4. 速乾性
指触乾燥20分を実現。工期の短縮が期待できる。
 
 
 

■お問合せ先
日新インダストリー株式会社
https://www.nissin-industry.jp

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード