• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品

阿部興業株式会社(本社:東京都新宿区、社長 阿部清英)は、文教施設向けの事業である「スマイリー事業」として、学校や保育施設に求められる安心・安全を最優先した『集成框戸・専用枠』を発売した。
 
子どもの安心・安全を最優先したした文教施設向けの『集成框戸・専用枠』
 
■製品の概要
平成26年の厚生労働省事故報告資料によると、保育施設での事故は「室内」が最も多く、机や棚の角に頭や体をぶつけることによる負傷を防ぐため「ガードなどによる工夫が必要」とされている。
本製品は、R面取り加工を標準仕様とし、指はさみ防止ゴムを取り付けるなど、商品の設計・仕様の全体に子ども達を思わぬ事故から守る加工や工夫を施している。
 
■標準価格(税別)
2段ガラス框戸:65,700円
引き違い枠:32,000円
 
■問い合わせ先
阿部興業株式会社
TEL:03-3341-9021
http://www.abekogyo.co.jp

このページの先頭へ




日本セイフティー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 西田伸一郎)は、工事現場の仮囲いに内蔵した高輝度LED表示板『エルス』を発売した。
 
「エルス」
 
■製品の概要
工事現場の仮囲いに内蔵型の高輝度LED表示板。
LEDを採用することにより、昼間の直射日光下でも高い視認性を保持できランニングコストを抑制。
デジタルモニターのため、光と動きのある情報で、アイキャッチ効果が高い。
表示内容も専用ソフトウェアで動画・静止画・テキストデータ等を編集・登録後、データ転送はUSBメモリを『エルス』本体に差し込むだけで、場面に合わせた表示が可能。
 
■問い合わせ先
日本セイフティー株式会社
TEL: 03-6369-2211
https://www.nihonsafety.com/

このページの先頭へ




野原住環境株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:入澤明彦)は、簡単にZEHや高気密高断熱住宅といった省エネ住宅の良さや違いをよりビジュアルで分かりやすくプレゼンテーションできるシミュレーションツール『e-cocochi(イーココチ)ホームデザイナー』を発売した。
 
ゼロエネルギー住宅の性能シミュレーションソフト『e-cocochi(イーココチ)ホームデザイナー』発売
 
■製品の概要
『e-cocochiホームデザイナー』は、木造戸建住宅におけるゼロエネルギー住宅や高気密高断熱住宅の性能について、住まい手に分かりやすく説明できるよう、専門知識がなくても簡単な入力操作で提案することができる住宅事業者向けの住宅性能シミュレーターである。
 
現在、政府ではZEHの普及が目標として掲げられているが、これから建てる家が基準に達しているかなどの住宅性能の良し悪しを判断するには、多くの専門知識が求められるのが現状である。
同製品は、細かい知識がなくても簡単な条件の登録や間取りの入力によって、住宅性能をシミュレーションすることができる。
 
主な特長は下記の通り。
・現地の気象情報、間取り、断熱仕様などシミュレーションに必要な条件の登録が簡単に行える。
・シミュレーションによって部屋の温度変化やその住まいの燃費(光熱費)が分かる。
・検討中のプランと性能が満たされたおすすめプランを比較することで、仕様をどうすれば良いかが分かる。
また、結果のレポートをデータでダウンロード可能。
 
■標準価格(税別)
年間パスポート:36,000円
6か月:24,000円
3か月:15,000円
 
■問い合わせ先
野原住環境株式会社
http://www.nohara-inc.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、ビルダー・工務店の提案力を向上する住宅プレゼン用VRシステムが体験できる『東京VRショールーム』をリニューアルオープンした。
 
コンピュータシステム研究所が『東京VRショールーム』をリニューアル
 
■概要
4タイプのVRシステムを比較しながら体感
同社は、2015年リリースしたプランを実寸大で体感可能なスクリーン投影タイプのVRシステム「ALTA for VR」を皮切りに、2016年には持ち運びが可能なスマートフォンタイプのVRシステム「GyroEye for ALTA」、2017年5月にはルームスケールタイプのVRシステム「ALTA VR-Mini」を開発・販売してきた。
 
新しい『東京VRショールーム』では、スクリーン投影タイプの実寸大VRシステム「ALTA for VR」のハイスペックな高精細版を新たに設置し、利用用途や機能、特徴が異なる合計4タイプのVRシステムを比較しながら、体験することが可能。
 
・体験可能なVRシステム
1.ポータブルVRシステム「GyroEye for ALTA」
2.ルームスケールVRシステム「ALTA VR-Mini」
3.バーチャル住宅展示場作成システム「ALTA for VR」4面スクリーンタイプ
4.バーチャル住宅展示場作成システム「ALTA for VR」高精細1面スクリーンタイプ
 
[所在地・営業時間他]
【所在地】〒160-0004 東京都新宿区四谷2-9 寿ビル4F
【営業時間】9:00〜18:00 ※事前予約制
【休業日】土・日・祝祭日、夏期休業日、年末年始
【TEL】03-3350-4686
【予約方法】TELまたは下記ホームページより申し込み可能。
http://www.cstnet.co.jp/archi/products/alta_vr/showroom.html
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/

このページの先頭へ




TOA株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:竹内一弘)は、火災など非常時に避難放送の妨げとなる業務用放送機器への電源供給を遮断する『電源カットリレー』発売した。
 
「電源カットリレー」
 
■製品の概要
火災などによって非常用放送設備から出力される非常制御信号を受信し、業務用放送機器への電源供給を速やかに遮断する。
店舗BGMやカラオケ、ライブハウス等での、建物全体の非常用放送設備とは異なる音響機器を緊急時に直ちに停止させることで、避難誘導などの非常放送を確実に伝達できる。許容電流は15A。
アース接続が可能な3Pコンセントに対応。
 
■問い合わせ先
TOA株式会社
TEL:078-303-5631
http://www.toa.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:田辺 竜太)では、「工事写真の小黒板電子化」をサポートする福井コンピュータソリューションとして、電子小黒板Androidアプリ『どこでも写真管理Plus』を来春リリースする。
 
電子小黒板Androidアプリ『どこでも写真管理Plus』
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
●「デジタル工事写真の信憑性確認(改ざん検知機能)」に対応したAndroidアプリ。
● 黒板情報の事前入力、利用頻度の高い黒板の登録、利用済み黒板数表示で効率良く工事写真の撮影が行える。
● データ連携はPCと端末を直接接続またはクラウドを使用し、写真の自動整理が行える。
 
【連携フロー】
事前に作成した黒板リストを使うことで、現場での黒板入力の手間を最小限に抑え効率的な写真管理が可能。
1.「EX-TREND武蔵」の写真管理プログラムで作成した“工種分類”ならびに“豆図”を黒板作成・連携ツールに取り込み、事前に黒板リストを作成。
2.作成した黒板リストをAndroidアプリ「どこでも写真管理Plus」に取り込み、黒板を選んで工事写真を撮影。
3.撮影した小黒板付き工事写真を「EX-TREND武蔵」の写真管理プログラムに送信。
 
■標準価格(税別)
「どこでも写真管理Plus」:無償
「黒板作成・連携ツール」:年額12,000円
 
■問い合わせ先
福井コンピュータ株式会社
TEL:0776-67-8860
http://const.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




タカラスタンダード株式会社(本社:大阪市城東区、代表取締役社長 渡辺岳夫)は、ホーロークリーントイレパネル(フロア用)に、室内の床全体をカバーする『全面タイプ』を発売した。
 
「ホーロークリーントイレパネル フロア用 全面タイプ」
 
■製品の概要
表面がガラス質の高品位ホーローなので、汚れが染み込まず手入れが簡単。
従来品のホーロークリーントイレパネル(フロア用)フリータイプは便器周りの床をガードするが、便器周りだけでなく床全体をカバーする【全面タイプ】として新たに発売された。
現場に合わせてカット加工が可能なので空間にちょうど納まり、様々なメーカーの便器に対応できる。
 
■問い合わせ先
タカラスタンダード
TEL:06-6962-1500
http://www.takara-standard.co.jp/

このページの先頭へ




アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、一般用断熱材では業界最高水準の性能を持つ硬質ウレタンフォーム断熱材『ジーワンボード』(Z1ボード)を、10月30日より発売した。。
 
「Z1(ジーワン)ボード」
 
■製品の概要
高断熱性能住宅の注目を受けて、同社従来品の断熱性能を向上させた製品。
熱伝導率0.018W/(m・K)は、一般用断熱材としては業界最高水準。
従来品より薄い規格を設定。
付加断熱(断熱材を柱間に充填し、さらに外側に張り付ける)工法などで活用可能である。
また、アルミ箔面材を採用することにより高い赤外線反射率を有し、夏季の遮熱に効果的な断熱材。
 
■問い合わせ先
アキレス株式会社
TEL:03-5338-9200
https://www.achilles.jp/

このページの先頭へ




ロンタイ株式会社(会社:大阪府守口市、代表取締役:中川 太郎)は、安価で侵食防止を可能にした製品『ロンケットキーパー』を発売した。
ワラと不織布を装着しており、ワラのもつメリット(侵食防止効果、断熱性・保水性、保温性、環境保全)と特殊な不織布による侵食防止効果を兼ね備えている。
 
『ロンケットキーパー』
 
■製品の概要
ロンケットキーパーは、シート感覚で手軽に使える法面緑化用人工張芝。
ワラが持つ4つの効果(侵食防止・断熱性・保水性・保温性)に不織布の侵食防止効果をプラス。
ワラ×不織布のW効果で侵食防止効果を最大限に発揮する。
自然素材のワラが植物の生育に良好な環境を作り上げ、柔軟性に富んだ不織布が土壌の凹凸になじんで土壌を保持するため、長期に渡って効果が持続する。
 
■問い合わせ先
ロンタイ株式会社
TEL:06-6902-9401
http://www.rontai.co.jp/

このページの先頭へ




日本セイフティー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西田 伸一郎)は、エッジ効果という先端で音が大きくなる現象を抑えるという騒音抑制装置『デュラカームE-fx・TW』を発売した。
 
デュラカームE-fx・TW
 
■製品の概要
工事現場の仮囲い上部で起こるエッジ効果(壁や仮囲いの上端で、音のエネルギーが非常に大きくなる現象)を抑制し、音を低減させる。
設置高が低く、仮囲い上端からプラス約500mmで、本製品を使用しない場合と比べて(製造元・日本板硝子環境アメニティの実験による)、6.1dBの減音効果が認められた。
 
NETIS登録番号:KT-150014-A
 
■問い合わせ先
日本セイフティー株式会社
TEL:03-6369-2211
https://www.nihonsafety.com/

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード