• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
ホーム > 建設情報クリップ > 積算資料 > 未掲載樹種の価格調査 緑化樹木調達難易度判定会議

はじめに

この価格調査は、「積算資料」等で掲載していない緑化樹木、グラウンドカバープランツ(GCP)のうち、需要者ニーズの高いものについて情報提供し、需給の円滑化に資することをねらいとしている。
 
実施主体は、緑化樹木調達難易度判定会議((一財)日本緑化センター・(一社)日本植木協会)で、全国の調査モニターによる市場価格調査結果をもとに、判定会議による確認にもとづき行うものである。
 
調査対象は、緑化樹木、GCP および庭園樹木とし、樹種の内訳は、表- 1 に示すとおりである
(調査結果の詳細は後掲「掲載価格の見方」を参照)。
 
なお、別掲の価格調査結果に示す調達難易度は、本誌の造園樹木と同じ5 段階評価による(表- 2)。

【表- 1 調査対象樹種の内訳】
【表- 1 調査対象樹種の内訳】
【表- 2 調達難易度】
【表- 2 調達難易度】

 
 

緑化樹木をめぐる最近の動き

供給可能量の中でグラウンドカバープランツ(以下、GCP)の数量は全体のおおむね半分(48%)を占める。
2015 年以降、そのシェアは安定している。
以下にGCP の最近の供給動向を検討する。
 

(1)GCP 供給の推移

2022 年GCP 総数は1,793 万鉢、内訳は木草本類が全体の8 割以上(1,482 万鉢)を占め、タケ・ササ類、ツル性類はともに1 割未満(160 万鉢と151万鉢)である(図- 1)。
2014 年から2 年毎の推移をみると、いずれも減少傾向にある。
 
木草本類をさらに2 つに分けると、木本類22%(320 万鉢)に対し、草本類はほぼ4 倍の78% (1,162 万鉢)を占め、2014 年以降、おおむね木本 2:草本8 の割合は変わらない。

【図- 1 GCP形態別の供給可能量の推移(単位:万鉢)】
【図- 1 GCP形態別の供給可能量の推移(単位:万鉢)】

 

(2)GCP 種類数と供給規模

GCP の調査種類数は248 で木本類49、草本類 130(球根類11 を含む)、ツル性類60、タケ・ササ類9 の内訳となる。
GCP は樹木のように1 樹種多規格の供給とは異なり、1 種類1 規格がほとんどであり、一部2 ~ 3 規格によって供給されているものも見られる。
 
2022 年の複数規格を含めた289 件のデータをもとに、鉢数階層別に集計すると図- 2 となる。
供給可能量5 千鉢未満の種類が半数近く(46%)を占め、5 万鉢未満までで全体の8 割(82%)の種類が含まれる。
50 万鉢以上の最上位クラスに含まれる種類を表- 3 に示す。
タマリュウ(5 芽立、径7.5cm)1 種類で5 分の1 を占め、ヒメイワダレソウまでの7 種類で、GCP 全体の半分以上を占めていることがわかる。

【図- 2 GCP 供給可能量の鉢数階層別種類数(2022年)】
【図- 2 GCP 供給可能量の鉢数階層別種類数(2022年)】
【表- 3 50 万鉢以上を供給するGCP の内訳】
【表- 3 50 万鉢以上を供給するGCP の内訳】

 

(3)最近 3 年間の GCP 増減傾向

2020 ~ 2022 年の3 年間のデータをもとに、2021/2020 年と2022/2021 年の鉢数増減を計算し、2 期とも増加、2 期とも減少、増加ないし減少の3グループに分けて種類数を示すと図- 3 となる。
6割以上の種類が増加から減少またはその逆の傾向を示す。
2 期とも減少している種類は4 分の1(62種)となる。
2 期とも増加しているおよそ1 割(25種)について表- 4 に掲載する。
 
参考に、「全国屋上・ 壁面緑化施工実績調査」(国土交通省)から屋上緑化の植栽タイプ別面積を見る。
植栽タイプは「芝生・セダム・コケ・その他草本・低木」主体、および複合となり、セダムから低木までの4 区分を図- 4 に示す。
 
直近2020 年では、メキシコマンネングサ、オノマンネングサなどセダム類が主体となり、最近 5 年間は6 ~8 万m² 台を推移している。
その他草本は1.5 ~3 万m² 台、 低木は7 千~1 万7 千m² の範囲を増加・横這いと動き減少に転じている。
コケ類は減少傾向を辿っている。
 
GCP は都市の暑熱環境の改善や豪雨による水害防止対策として、屋上緑化における雨水貯留・排水機能を高める。
さらに、生きものの生息場所を創り出す重要な役割を発揮できる植栽材料であることから、今後の利用拡大を期待したい。

【図- 3 最近3 年間のGCP 鉢数の種類別増減傾向】
【図- 3 最近3 年間のGCP 鉢数の種類別増減傾向】
【表- 4 2 期続けて増加しているGCPの内訳】
【表- 4 2 期続けて増加しているGCPの内訳】
【図- 4 最近5 年間の屋上緑化タイプ別植栽面積】
【図- 4 最近5 年間の屋上緑化タイプ別植栽面積】

 
 

一般財団法人 日本緑化センター、一般社団法人 日本植木協会 

<    【出典】


積算資料2023年8月号

最終更新日:2023-11-23

 

同じカテゴリの新着記事

ピックアップ電子カタログ

最新の記事5件

カテゴリ一覧

話題の新商品