建設資材データベーストップ > 話題の新製品

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)、トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長兼 COO:奥田昌孝)、応用技術株式会社(本社:大阪市北区、社長:船橋俊郎)は、BIMモデリングの進展度(LOD : Level of Development※)を管理するシステム「Smart BIM Connection」を開発、販売を開始する。
 

 
■概要
BIMモデル上で部材ごとの確定度合いの入力と、仕様情報の自動チェックにより、BIMモデリングとLOD管理を一元化するシステム『Smart BIM Connection」を開発した。BIMモデリングを進めながら、LODを即座に把握できるため、関係者間で確定度合いを共有することができる。確定度合いが共有されれば、BIMモデルが持つ膨大な情報の中から、既に確定した情報が判別できるため、BIMモデルの情報を円滑に利用できる。
 
■機能
1.BIMモデリングの目標LODが設定可能
従来 LODは、BIMモデルとは別に、その確定度合いを「200」や「300」といった数値ごとに定義した文書を作成し管理する。一方、同システムでは、プロジェクトのフェーズと部位(部材の集合単位)ごとにゴールとなる達成要件を定義し、目標LODとしてクラウド上に登録することができる。
 
2.ボタン操作で目標LODに対する部材の確定度合いが入力可能
部材を選択すると、パネル(ステータス管理画面)上に、登録した目標LODとその達成要件が表示される。達成要件に対する確定度合いを、「Good」や「NG」といったシンプルなボタン操作によって入力することで、進捗として数値に変換され表示される。さらに、進捗の数値ごとに部材をフィルタリングして着色し、視覚的に確定度合いを確認することができる。
 
3.目標LODに対する仕様情報を自動でチェック可能
目標LODの達成要件は、確定度合いの数値管理だけでなく、仕様情報が正しく入力されていることをシステムが自動でチェックすることで満たされる。BIMモデルに入力された仕様情報と、あらかじめクラウドに登録したチェック規則を突き合わせることで、仕様情報の誤りや作業漏れを発見できる。結果はBIMソフト上のダイアログで確認でき、このダイアログから修正することも可能。
 
4.BIMモデルの確定度合いをレポートし、進捗を閲覧可能
プロジェクトごとに部材に入力した確定度合いと仕様情報のチェック結果をクラウドにレポートできる。レポートはクラウドサーバー上で進捗率に換算し、グラフなどの形で閲覧可能。
 
 
※ 進展度(LOD:Level of Development)
アメリカ建築家協会がBIMモデルの進展度基準として 2008年に制定し、これを実施するための参照文書として2013 年に「LOD仕様書」が公開された。以降、おおよそ毎年更新されている。
LOD仕様書では6段階のレベル(100,200,300,350,400,500)とそのレベルで確定されているべき内容が部位ごとに定義されている(LOD 仕様書では 500 の定義は省かれている)
 
 
 
■問い合わせ先
株式会社大林組
https://www.obayashi.co.jp/

トランスコスモス株式会社
https://www.trans-cosmos.co.jp/

応用技術株式会社
https://www.apptec.co.jp/

このページの先頭へ




カメラ映像に施工に必要なバーチャル丁張や航路表示用のラインを拡張現実(AR)として表示することで、見える化技術として施工を支援するシステムである。捨石工における目印旗設置等の事前測量が不要なため経済性が向上する。捨石投入時に水中構造物と石材や作業船が接触しないこと、また、消波ブロックの設置誤差が小さくなるため品質が向上する。 NETIS登録番号QSK-200001-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
みらい建設工業株式会社
TEL:06-4950-0888(クロススタッフ株式会社)
https://www.mirai-const.co.jp/

このページの先頭へ




飛行範囲を紐状のライン上に制限したドローンによる構造物点検システムである。(有)エム・エイ・シーとの共同開発。ドローンに専用の治具を装着し、縦または横方向の2点間に紐状のラインを張る。治具にラインを通し、ドローンの移動を制限して危険範囲を特定。暴走・墜落を防止し、ふらつきが少ない飛行により、精度の高い構造物の点検・調査ができる。 NETIS登録番号KT-200065-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
西武建設株式会社
TEL:04-2926-3314
https://www.seibu-const.co.jp/

このページの先頭へ




強い衝撃にも耐えられる複層ガラスであり、空き巣などの被害の防止や、台風時の飛来物・暴風によって窓が割れる恐れを排除する。避難所などの防災にも最適。ペアガラスの空気層に、透明樹脂板を挿入してある。(一財)建材試験センターでJIS R3108 P2A規格落球試験を実施し、3mの高さから4.1Kgの鉄球を3回落下させる試験を受け、結果は「貫通破損箇所なし」。省エネ効果も期待できる。
特許第6770723号。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社サンシバ複層
TEL:022-382-1051
http://www.sanshiba.jp/

このページの先頭へ




従来は熟練作業員による「手書き」測定で対応していたのを、ハンマ打撃による杭打ち作業において、打ち止め時の変位量の計測、読み取りを非接触方式にて自動化する技術である。非接触方式測定により作業員の安全性が向上するとともに、貫入量とリバウンド量の自動計測と自動読み取りにより作業員の熟練度を必要とせず施工性が向上する。 NETIS登録番号QSK-200002-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
りんかい日産建設株式会社
TEL:03-5476-1718
https://www.rncc.co.jp/

このページの先頭へ




プラスチック鏝を用いた橋梁床版コンクリート仕上げやコンクリート素地仕上げの表層部強化方法である。床版コンクリート打設後の仕上げを、従来の人力による金鏝仕上げから機械式特殊プラスチック鏝に変えた。これにより、コンクリートを十分に加圧できるため表層部が緊密となり、コンクリートの表面強度や防水性が向上するため、耐久性の向上が図れる。 NETIS登録番号KT-200155-A。
 
 
 
 
 
■問い合わせ先
モノリスコーポレーション株式会社
TEL:042-851-4077
https://www.monolith-c.co.jp/

このページの先頭へ




適切な位置からの打設(コンクリートの打設高さや流れの変化に対応)および停止位置制御(リミットスイッチによる設定した停止位置での自動停止)が可能な移動台車を装備した打設システムである。任意な箇所へコンクリートを分配することが可能で左右均等打設ができる。 打込み後のコンクリート横移動が少ないため、材料分離を防止できる。 NETIS登録番号KT-200153-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
北陸鋼産株式会社
TEL:03-3851-1016
https://kenko-group.jp/kosan

このページの先頭へ




浅層管路またはケーブルなどを舗装カッターによる破損・切断事故から防護する防護板である。質量が20kg以下のため、一人で施工できる。高硬度鋳鉄製で耐切断性能が高い。相互に接続可能で接続作業は工具不要、かつワンタッチで可能。電線共同溝工事、情報BOX(CCBOX)、 上下水道・ガス工事に適用できる。 NETIS登録番号KK-200062-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
北勢工業株式会社
TEL:06-6723-0471
https://www.hokusei-kogyo.co.jp/

このページの先頭へ




GNSSから杭芯の2次元および3次元位置情報を取得し、平面位置+3次元表示で杭芯を誘導する地盤改良システムである。不動テトラ(株)との共同開発。3次元情報(海底地形データ、TINデータ、杭長情報など)を取り込み、表示できるソフトウェアを開発し採用した。海底ソナー(海底の地形データがない場合のオプション)との連動により、海底情報や杭などの3次元表示を可能にしている。
NETIS登録番号KTK-200015-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
西尾レントオール株式会社
TEL:06-7167-7733
http://www.nishio-rent.co.jp/

このページの先頭へ




大口径型低変位超高圧噴射攪拌工法である。空気を地中に噴射することなく、噴射する固化材スラリーの体積増加による内圧によって改良上部の原土を地上に排出することで周辺地盤の変位を抑制する地盤改良工法。排土盤のついたロッドヘッドに変えた事により、排土量の低減が図れコスト低減となるため経済性の向上が図れる。 NETIS登録番号KT-200141-A。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
ダイナミックジェット工法研究会
TEL:03-6386-7028
http://www.chemico.co.jp/construction/ldis-dy/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード