• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館
特集記事資料館
CIM解決研究会に入会した動機 当社(寺島コンサルタント)は、今後の3次元計測への取り組みの一環として、2016年にMMS(モービルマッピングシステム)を導入しました。MMSの活用の幅を広げるために、毎回のMMS研究会に参加していたところ、CIM解決研究会の会員である福士幹雄氏が講師として講演されて、CIM解決研究会の存在を知りました。当社が取り組んでいる3次元計測は、CIMの一部であること...
1.はじめに 港湾工事等に従事する作業船は,(一社)日本作業船協会が調査・発行している「現有作業船一覧2017」では6,277隻が掲載されている。その内の約90%を民間企業が保有している。 ...
はじめに 当社の設立は1967年。まだレンタルという言葉が一般化していない時代から、仮設資材のレンタルを中心に、52年にわたってその経験とノウハウを磨いてきました。「仮設事業」として仮設資材...
河川BIM/CIMを牽引「RFA研究会」設立 2017年12月、CADベンダーである川田テクノシステムの呼びかけにより、7社の建設コンサルタントが顔を揃え、「RFA研究会」のキックオフ集会が開か...
1 はじめに インフラは日常の生活や経済活動を支え,まち並みの整備で地域をより魅力的な観光地にしたり,交通網の整備で観光地へのアクセスを向上させたりと,観光をはじめとした地域経済の活性化および持...
はじめに 公益財団法人高速道路調査会は,11月28日,29日の両日,東京国際展示場(東京ビッグサイト)で『ハイウェイテクノフェア2018〜高速道路を支える最先端技術〜』を東日本高速道路(株),中...
はじめに〜施工BIM以前 当社は2010年10月よりBIM対応に取り組み始めた。当初は、施工段階におけるBIMの取り組み方として、「製作図作成・サッシ製作と連携するために、3次元モデルは詳細...
はじめに 私自身、3D-CADソフトに関与したのが、平成15年でした。当時、Autodesk社の3D-CADソフトは、現在のCivil 3Dの前身で、Land Desktop 2004だったと記...
1(一社)建築設備技術者協会の概要 一般社団法人建築設備技術者協会は,建築士法に基づく国家資格者である「建築設備士」,「設備設計一級建築士」および公益社団法人空気調和・衛生工学会の「設備士」を中...
はじめに 国土交通省は平成30(2018)年4月に「営繕工事において施工合理化技術の更なる活用推進〜i-Constructionの建築分野への拡大を踏まえて活用方針を策定〜」を報道発表した※...
前の10件
このページの先頭へ
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品