• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館
特集記事資料館
1 はじめに 建築物をめぐっては,建築技術の進歩,大規模な災害の発生,市街地環境の変化等,建築物を取り巻く社会経済情勢のさまざまな変化に対応するため,建築規制制度の合理化・実効性の向上を図ってきたところであるが,近年,新たな課題が生じている。 例えば,古民家の商業的利用や,空き家等のグループホーム・保育所としての活用といった新たなニーズに対応するため,既存建築物の用途を円滑に変更するた...
1. はじめに わが国の建築物は古来より木造でつくられ,長く「木の時代」が続いていましたが,戦後,耐震性や防耐火性の観点から「鉄・コンクリートの時代」になり,中大規模建築物は専ら非木造でつくられ...
1 はじめに 平成30年6月末,台風第7号や梅雨前線の影響によって,西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な豪雨となった。この影響で,各地で河川の氾濫や,浸水被害,土砂災害等が発生し,甚大な災害とな...
地形が生んだ人類 前回(2019年11月号)に引き続き,“異端の説”と呼ばれたアクア説に基づき私なりの人類の起源を紐解いていきたい。 約1,000万年前から700万年前にかけて,大地溝帯(グレ...
ヒトは何処から来たのか? ヒトの進化について,まだ多くの謎が残されている。その中で最も大きな謎を挙げろと言われたら「ヒトは何故,直立二足歩行したか?」である。 哺乳類,霊長類の中でヒトだけが,...
第1 令和2年度予算概算要求のポイント (基本的な考え方) ○ 東日本大震災や近年相次ぎ発生している大規模自然災害を踏まえ,切迫する巨大地震等や気候変動の影響により頻発・激甚化が懸念される気象...
2012年秋号から2019年夏号までの8年間にわたり合計22回,筆者を含め7名で「材料からみた近代日本建築史」を連載させていただいた。まずは,連載を終えるにあたって読者の皆様にお礼申し上げたい。 ...
インフラツーリズムの第3弾として,水資源機構(みずしげんきこう)にご寄稿いただきました。水資源機構では,国,自治体,地元住民の皆様方と共に地域の活性化に向け連携してイベントを行っており...
1. はじめに 平成25年6月の道路法改正を受け,平成26年7月より道路管理者は全ての橋梁,トンネル(シェッド・大型カルバート・横断歩道橋・門型標識等),道路附属物等の道路構造物について,健全性...
1. はじめに CLTとはCross Laminated Timberの略称で,板状に製材して乾燥させた木材を横に並べた後,繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料である(図−1)。これま...
前の10件
このページの先頭へ

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品