建設資材データベーストップ > 特集記事資料館
特集記事資料館
はじめに 熊本地震は,全国的にも地震の発生確率が低いと予想されていた熊本で起きたこと,平成28(2016)年4月14日の前震(M6.5),同16日の本震(M7.3)と震度6強を超える地震が立て続けに発生したことなど,前代未聞の出来事であった。これまでに熊本城が経験した災害の最も古い記録は,築城から18年後の寛永2(1625)年7月に発生した地震で,その後も地震や大雨,洪水などで度々被災し,明...
1.はじめに 国土交通省では,建設事業に使用される主要な建設資材の年間需要量の見通しを公表することにより,建設資材の安定的な確保を図り,円滑に建設事業を推進することを目的として,昭和51 年度よ...
1. はじめに…モダニズム建築保存にあるねじれ 20世紀建築,とりわけモダニズム建築と呼称される装飾性や記念性などを有す,19世紀までとは異なった建築に対する価値観で建てられた建築物は,2016...
はじめに 平成30年度末時点における全国の下水道管路総延長は約48万km。近年は,高度経済成長期以前に敷設した下水道管路の老朽化が進行している。標準耐用年数である50年を経過した管路の延長は約1...
はじめに 日本下水道事業団(JS)技術戦略部では,試験研究/技術開発の一環として,国土交通省の「下水道革新的技術実証事業」(B-DASHプロジェクト)を地方公共団体,民間企業,大学などと共同で受...
はじめに 首都高速道路は,1962年の京橋〜芝浦間(4.5km)の開通に始まり,2019年度末時点で延長327.2kmが供用している。 最初の供用から50年以上が経過し,進行する構造物の高...
1. はじめに 我が国の建設投資は,社会経済活動・市場動向等に与える影響が極めて大きい。 このため,国土交通省では,国内建設市場の規模とその構造を明らかにすることを目的とし,1960 年度...
第1 令和3年度予算概算要求の基本方針 (基本的な考え方) ○ いま,日本は,新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う社会経済や国民生活等への甚大な影響,そして,令和2 年7 月豪雨など,連年発生...
総 論 タイル張りは,高級感にあふれる外装を表現できる反面,基本に則って正しい施工を行わなければ剥離,剥落するリスクがある。タイル剥落による第三者への被害を未然に防ぐ趣旨で,建築基準法により,竣...
総 論 美しい都市景観には、建築物のイメージを形づくる外装材は必要不可欠である。 また、都市計画と都市デザインを円滑にすすめるためには、外装材の種類や意匠の選定はもちろん、メンテナンス回数...
前の10件
このページの先頭へ

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品