• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建築資材・工法

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 秀充)は、優れた眺望・採光・開放感と、高い断熱性を両立した住宅用窓『APW511』大開口スライディングを2019年6月25日から発売する。
 
「APW511」大開口スライディング(メイン施工画像)
 
■概要
『APW511』大開口スライディングは、ウッドデッキからつながる開放的で一体感のあるリビング空間や、そこからの眺望と十分な光の取り込みなど、昨今の住宅の大空間・大開口ニーズの高まりに対応する一方、合わせて求められる省エネ・高断熱住宅づくりにも貢献する性能を有している。
窓種は、片引き窓、両袖片引き窓、FIX窓を設定。両袖片引き窓の場合、製作最大サイズが幅4,000mm×高さ2,730mm、或いは幅5,500mm×高さ2,000mmまで可能 ※1である。
また、対応するガラス種は、Low-E複層ガラスに加え、トリプルガラス、真空トリプルガラス ※2を設定。
一棟内で、樹脂窓と併せて使用できる高い断熱性能を実現している。
 

■特長
1.大開口を実現する窓種
窓種は、片引き窓、両袖片引き窓、FIX窓の3種を設定。単体での使用はもちろん、躯体柱を挟んで横並びに連続的に窓を配置することで、圧倒的な大開口も実現可能。
新築物件はもちろん、既存の柱を活かすリノベーション物件でも使用できる。
 

2.高い断熱性能を実現する構造とガラス種
アルミ樹脂複合構造のフレームと、Low-E複層ガラス、トリプルガラス、真空トリプルガラス※2を組み合わせることで、大開口でありながらも高い断熱性能 ※3、4を実現している。
 

3.軽い操作性と安全性へも配慮
複層ガラス・トリプルガラスの重量によって心配される操作性については、スムースムーヴィング機構により軽くてスムーズな動きを実現し、指はさみに対する安全性にも配慮している。
 

4.カラーバリエーション
空間に合せて選べる多彩なカラーをラインアップ。外観アルミ色と内観樹脂色の組み合わせに加え、意匠性にこだわった木目仕様(内外木目ラミネート色)も設定した。
 
 

※1:製作範囲は、幅と高さを同時に最大寸法にすることはできない。高さを最大の2,730mmにする場合は幅は4,000mmまで、幅を最大の5,500mmにする場合は高さは2,000mmまで、となる。
 
※2:真空トリプルガラス仕様は、2019年秋発売予定。
 
※3:断熱性能値の熱貫流率は、片引き窓(均等)[サイズ:幅2,600mm×高さ1,530mm]で、Low-E複層ガラス仕様が、Low-E複層ガラス・ブルー・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
トリプルガラス仕様が、ダブルLow-Eトリプルガラス・ブルー・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
 
※4:断熱性能値の熱貫流率は、片引き窓(均等)[サイズ:幅2,870mm×高さ2,230mm]で、真空トリプルガラス仕様が、真空トリプルガラス・グリーン・アルゴンガス入樹脂スペーサーの場合。
 
 
 

■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/

このページの先頭へ




大建工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:億田正則)は、ロックウール吸音板「ダイロートン」のラインアップ強化および、学校・文教施設に向けた提案力の強化を目的に、優れた吸音性能に加え、調湿性能とホルムアルデヒド吸着性能を付与した高性能天井材『スクールトーン』を5月21日より販売する。
 
スクールトーン
 

■製品の概要
『スクールトーン』は、学校・文教施設をターゲットとしている。
多くの人が閉め切った空間で長時間過ごすという点に着目し、そういった空間を安全かつ快適に保つために必要な機能として、反響音を抑える「吸音性能」に加え、湿気を吸放出することで快適な湿度環境を実現する「調湿性能」、シックスクール等の原因となるホルムアルデヒドを吸着・分解する「吸ホル性能」を付与した天井材である。
 

■特長
1. 優れた吸音性能
同製品の基材となる「ロックウール吸音板」は表面に数多くの吸音穴を持つ多孔質な材料の天井材である。
表面の無数の穴から入った音を内部の細かい繊維との摩擦により減衰、吸収することで、反響音を抑える。
化粧石膏ボード仕様の天井空間と比べ、話し声が明瞭に聞こえる空間を実現する。
 

2. 高い調湿性能
湿気を吸収・放出することによって、結露・カビの発生や過乾燥を軽減。
教室の天井一面に施工することで、快適で集中しやすい空間を実現する。
 

3. 優れたホルムアルデヒド吸着・分解性能
揮発性の化学物質により、健康に影響を及ぼす「シックスクール症候群」。
『スクールトーン』はそのシックスクールの要因のひとつといわれるホルムアルデヒドを吸着・分解し無害化するため、子どもたちはもちろんのこと、勤務する大人の方々も安心して過ごすことができる。
 

4. 選べる施工方法
下地用ボードの上から施工する「捨て張り工法」用の『スクールトーン』と、省施工・省コストに対応した「直張り工法」用の『スクールトーン スーパーワイド直張』・『スクールトーンワイド直張』をそれぞれラインアップした。
 
 

■問い合わせ先
大建工業株式会社
https://www.daiken.jp/

このページの先頭へ




大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田誉之)は、木造の軽さを損なわずに、優れた遮音性能(重量床衝撃音遮断性能)を有する木造躯体床(以下、CLT※1躯体床)構造『T-WOOD Silent Floor』を開発した。
本床構造を用いた建築物では、効果的な遮音対策と工期・工費の削減が可能となる。
 
T-Wood
 

■製品の概要
建築物の躯体床を木造とした場合、歩行や飛び跳ねなどで生じる重量床衝撃音を低減することは難しく、現状では遮音対策として躯体床上にコンクリートを打設する工法が多く用いられている。
しかし、この工法では床全体の重量と剛性を増加させることで、遮音性能を高めることはできるが、コンクリートを床に敷き詰めるため、木造の利点である軽さを阻害し、また打設したコンクリートの養生期間が必要となるため、工期が長くなることが課題だった。
そこで同社は、CLT躯体床の下階に無機系粒状体(ゼオライト)を敷き詰めた遮音天井を、上階に遮音性能を持つ乾式二重床を配置することで、木造建築の利点である軽さを損なわずに、重量床衝撃音を効果的に低減できる『T-WOOD Silent Floor』を開発した。
 
■製品の特長
1.CLT躯体床の上下階に採用した天井や床は、単体でも十分な遮音性能を有しており、それらを組み合わせることで、より効果的な遮音対策が可能となる。
 
2.本床構造では、CLT躯体床とその上下に存在する空気層を密閉しない構造とすることで太鼓現象※2を防止し、衝撃音が増幅しない仕組みとなっている。
 
3.現場で施工可能な乾式工法を採用しており、施工後の養生期間も最小限に留めることができるため、コンクリート床に比べて工期短縮が見込める。
 
4.CLT躯体床の施工では、軽量床を敷設するため、コンクリート床に比べて建物重量を軽減でき、躯体・基礎工事の軽減および建設コストの削減が見込める。
 
 

※1CLT(Cross Laminated Timber):木材を縦割りにした板を繊維方向が直交するように積層接着した厚みのある木質系材料
 
※2太鼓現象:乾式二重床とCLT躯体床、CLT躯体床と遮音天井の間にある空気層が密閉されている場合、空気層の振動作用で太鼓が振動するように衝撃音が増幅される現象
 
 
 

■問い合わせ先
大成建設株式会社
https://www.taisei.co.jp/

このページの先頭へ




三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、ビル用高性能省エネサッシシステム「ARM-S」のUシリーズ[U+タイプ]に、風の力を利用した新しい機構を持つ自然換気窓『風力すべり出し窓』を追加した。
 
風力すべりだし窓
 
■製品の概要
『風力すべり出し窓』は、風の力で開放角度を制御し室内に取り込む風量を調整して快適な室内環境を保つ。
また、独自の連動機構により、日常的に使う換気窓と非常時の排煙窓を一連のハンドル操作で切り替えることができるため、さまざまな用途で中高層建物に提案が可能である。
 

■製品の特長
1.風の力を利用した換気機能
受ける風の力によって障子の開放角度が変化する。風が弱い時は最大角度で開放し、室内に風を取り込むが、風が強くなるに従って開放角度を絞り、室内に取り込む風を調整する。
換気を行う際は、障子が開放して爽やかな風を取り込みながら、不意の強風が吹いても風の調整ができるため、快適な室内環境を実現できる。
 

2.排煙できる換気窓
「ARM-S」独自の連動機構により、日常で使う換気モードから非常時の排煙モードまで一連のハンドル操作で切り替えることができる。
 

3.配管工事・配線工事不要、簡単施工
換気と排煙の切り替えはハンドル操作でできるため、オペレーター装置(※2)の設置が不要となり、配管工事や配線工事は必要ない。
 

4.自由に連窓「ARM-S」独自のユニット連窓システムにより、「ARM-S」 Uタイプ、U+タイプの他の窓種と自由に連窓組み合わせが可能である。
 

※1 「ARM-S」Uシリーズ[U+タイプ]
Uシリーズは、「ARM-S」シリーズ共通のスリムなデザインを、より一般的に使用できるユニットサッシである。「ARM-S」シリーズ独自のユニットシステムにより、複数のユニットを組み合わせることで、連窓が可能となる。[U+タイプ]は、Uシリーズの耐風圧性や水密性などの基本性能をさらに向上させ、最大H3000mmまでの大開口も実現可能とした、中高層建物(地上約60m相当、地上15〜20階程度目安)にも対応できるビル用高性能省エネサッシである。
 
※2 オペレーター装置…排煙時に窓を開閉するために使用する装置
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp

このページの先頭へ




株式会社遠藤照明(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:遠藤邦彦)は、不二サッシ株式会社、フィグラ株式会社と共同で光建材『ALBEAM Plus(アルビームプラス)』を開発した。
 
ALBEAM Plus
 

■概要
1.建築ファサードに3種類の光の演出を可能にする「Curtain Wall(トランザムタイプ)」
近年のビル建築に多用されているカーテンウォール。その横桟部材である無目部材にLEDユニットを内蔵。
遠藤照明にて独自設計したレンズにより光の照射方向をコントロールすることで、建築ファサードに3種類の光の演出を加えることが可能となった。
建築デザインのみならず都市景観デザインの可能性を大きく押し広げることができるシリーズ。
レンズは室内天井照射・サッシ照射・ガラス照射の3タイプを用意しており、選択する装着レンズにより、ビルの外観意匠に異なる光の演出を加えることが可能。光源は、屋内側に設置することでメンテナンス性も十分に考慮されている。
 

2.美しく・薄く・シャープ、僅か35mm厚の間接照明建材「INDIRECT LIGHTING」
間接照明を簡単につくり出すアルミボディの建材型照明。
通常、間接照明造作には150〜200mmの厚みが必要だが、精度の高いアルミ形状により厚さ35mmと圧倒的な薄さを実現。連結可能なシステムは、光を途切れさせない。自由自在な組み合わせは、ベース照明・間接照明(コーニス・コーブ・足元)・ペンダント照明など多彩なアレンジも可能。
美しく・薄く・シャープな印象の間接照明空間をつくり出す。
 

3.歩く人を優しく誘導する手すり「HANDRAIL」
人の目線に配慮し、歩く人を優しく誘導する手すり。「ALBEAM Plus-HANDRAILシリーズ」は、墜落防止手すり・歩行補助手すり壁付タイプ・歩行補助手すり独立タイプといった3種類の手すりと、中角・広角・横長(スプレッド)配光の3種類の光の広がりを用意。
マンション共用部やさまざまな公共空間など、夜間の足元の明るさを確保する。
照明ユニットは工場で組み込まれた状態で納品されるため、現場での施工も容易である。
 
 

■問い合わせ先
株式会社遠藤照明
https://www.endo-lighting.co.jp/

このページの先頭へ




竹中工務店(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宮下正裕)は吉野石膏(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須藤永作)と共同で、せっこうを主成分に天然鉱物を添加した無機材料から成る放射線遮蔽ボード『RadBoardR-X』(特許出願済)を開発した。
 
RadBoard-X
 
■概要
『RadBoardR-X』は、主にγ線、X線に対して優れた遮蔽性能を発揮する内装材である。
放射線治療を実施する高度先進医療施設や最先端の研究施設の壁・天井・床面に適用でき、一般のせっこうボードと同様に内装工事としての施工にも対応している。
また、市販の遮蔽材である鉛ボードなどに比べ、環境に優しい天然素材から構成されており、分別処理をせずにリサイクルが可能。
 

■特長
遮蔽性能:従来の遮蔽ボードに比べ比重が1.8以上と高く、γ線・X線に対して高い遮蔽性能を有している。
 

環境性:素材は、せっこうと高濃度の重晶石(硫酸バリウム:BaSO4)などの天然素材から構成されている。高い放射線遮蔽性能を確保しつつ、各種法令で規制されている鉛などの有害重金属を使用しない、人と環境に配慮した素材を使用している。
 

施工性:一般のせっこうボードと同様の施工方法で施工できる。不燃材料のため、幅広い内装制限に対応可能。また、重ね貼りすることにより、さまざまな遮蔽仕様に応じて対応することも可能。
 

素材面:ガラス繊維を混入し補強したせっこうと高濃度の重晶石を芯材とし、その表・裏面の内側それぞれにガラス繊維不織布を伏せ込んだ紙のないせっこう板である。表裏両面にガラス繊維不織布を伏せ込んだ構造により、従来のせっこうボードと比べて格段の柔剛性、粘り強さを有している。
 
 

■問い合わせ先
株式会社竹中工務店
http://www.takenaka.co.jp/

このページの先頭へ




大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田誉之)は、集成材と鋼管柱を一体化し、木材の働きによる鋼管柱の強度、変形に対する補剛効果、耐火性および意匠性を備えたハイブリッド耐火柱『T-WOOD TAIKA』を開発し、このたび、公共建築物に初適用した。
 
T-WOOD TAIKA
 
近年、低炭素社会の実現および国内林業の活性化や健全な森林育成のため、国産木材の利用が促進されている。
2010年には「公共建築物等木材利用促進法」が施行され、住宅だけでなく事務所や教育施設、商業施設等の中・大規模建築物の木造化による木材利用にも期待が寄せられている。
しかし、これらの建築物に適用される従来型の木質耐火柱部材は、建物の荷重を支持する木製の芯材部をモルタルや石膏などの耐火被覆材(燃え止まり層)で囲み、表層を集成材などの木材で覆う構造となるため、同等の支持力を持つ鉄筋コンクリ―ト構造や鉄骨造の柱と比べて断面寸法が大きくなり、室内で利用可能な床面積が減少するといった課題があった。
そこで同社は、木材を使用しながら鋼管柱単独構造と同等の荷重支持力を持ち、耐火性を確保できるハイブリッド耐火柱『T-WOOD TAIKA』を開発した。この柱部材は、鋼管柱の外周に耐火被覆用のけい酸カルシウム板を配置し、さらにその周囲を鋼管柱の補剛効果、耐火性および仕上げ材の機能を兼ねた集成材で覆い一体化した構造になっている。
 

■特長
1.ハイブリッド耐火柱で用いる集成材は、鋼管柱を補剛し、鋼管柱の軸力に対する強度を約40%向上させることが可能。
そのため、鋼管単独の柱と比べ本耐火柱では、同じ外形寸法の鋼管柱を使用した場合、鋼管柱の厚さを薄くできる。
また、柱部材の断面寸法を25%程度小さくすることができ、室内で利用可能な床面積の増加が見込める。
 

2.集成材は火災時には燃え代層として、また鋼管柱周囲のけい酸カルシウム板は火災時の燃え止まり層として燃焼を止め、各々の効果で鋼管柱の温度上昇を抑制する。
 

3.集成材はそのまま仕上げ材として利用可能で、地元産の木材利用などにより地域産業の活性化をはじめ、国内林業の活性化や健全な森林育成にも貢献できる。
 

なお、同ハイブリッド耐火柱は、構造実験および耐火実験を経て安全性を確認の上、1時間耐火の大臣認定および日本建築センターの構造評定を取得し、現在建設中のさいたま市大宮区役所新庁舎に適用した。
木材による鋼管柱の補剛効果、耐火性および意匠性を備えたハイブリッド耐火柱部材の公共建築物への適用は業界初となる。
 
 

■問い合わせ先
大成建設株式会社
https://www.taisei.co.jp/

このページの先頭へ




アイカ工業株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:小野勇治)は、メラミン化粧板に抗ウイルス性能を付与した『アイカウイルテクト』を発売した。
 
アイカウイルテクト
 
 
■製品の概要
医療・福祉施設や学校・育児施設において集団感染対策は重要課題のひとつである。
特に、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行する冬季は、施設運営者にとって感染リスク対策の重要性が増す時期のひとつで、手指衛生の徹底などソフト面の対策に加え、抗ウイルス・抗菌仕様の建材を用いた環境整備などハード面の対策も重要である。
ソフトとハードの両面から対策を行うことは、目に見えないウイルスの感染リスク低減に有効である。
そこで同社は、表面物性に優れるメラミン化粧板に、新たに抗ウイルス機能を付与した『アイカウイルテクト』を開発した。
清掃・消毒などの普段のメンテナンスに『アイカウイルテクト』の機能を加えることで、感染対策をより強化することができる。
また、一般メラミン化粧板同様、耐熱性・耐薬品性に優れるため、熱湯や薬品による減菌・消毒が頻繁に行われる医療・福祉施設での使用に適している。
 

■商品の特長
・抗ウイルス性能に優れている。
 
・ 抗菌仕様で、SIAAマークを取得している。
(SIAAマークは、国際標準ISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されている)
 
・ 耐熱性・耐薬品性に優れている。
 
・ 傷がつきにくく、汚れが拭き取りやすいため、メンテナンスが簡単。
 
・ 垂直面用途・水平面用途の両方で使用可能。
 
 

■問い合わせ先
アイカ工業株式会社
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎)は、このたび、クラウド
ERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」 において『建築設計事務所/不動産デベロッパー業界向けテンプレート』を11月21日より販売開始した。
 
ビーブレイクシステムズ
 
 

■製品の概要
MA-EYESの建築設計事務所/不動産デベロッパー業界向けテンプレートは、建築設計事務所/不動産デベロッパー業界における見積管理、受注登録、実行予算立案、作業実績管理、原価管理、案件毎の利益予測など必要な日々の業務情報を集約化し経営の見える化を支援する。
建築設計事務所/不動産デベロッパー業界向けテンプレートにより、建築設計事務所/不動産デベロッパー業界特有の業務に対するカスタマイズを従来と比べ抑えることができ、これまで要していた開発期間を削減し低コストでシステム構築を行うことができる。
また、ユーザーのさまざまな要望に柔軟に対応し、企業の要件に合わせたシステム拡張にも柔軟に対応できる。
 
 

■問い合わせ先
株式会社ビーブレイクシステムズ
https://www.bbreak.co.jp

このページの先頭へ




凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)は、従来展開してきた建装材に各種センサーなどIoT機器を組み合わせることで、居住者の見守りや健康管理など社会課題解決に貢献する新しい建装材を提供する「トッパンIoT建材」事業に着手する。
 
トッパンIot建材
 
 

同事業の製品化第1弾として、床材と圧力センサーを組み合わせることで位置検出を可能とする『ロケーションフロア』を開発。2018年12月より、不動産事業者や住宅メーカー、医療・介護業界、自治体などに向け本格的な販売を開始する。

また今後、床材と体組成計を組み合わせることで日常的な健康管理ができる製品や、壁材とディスプレイを組み合わせることで情報を表示できる製品などを順次開発し、そのラインアップを強化していく。
 

■ロケーションフロアの特長
 
・居住者のさりげない見守りが可能
位置情報を測定するセンサーは床材と一体化しており、踏んだ感触も通常の床材と変わらないため、従来見守りサービスで主に使われているカメラや赤外線センサーと比較してより自然に、ストレスフリーな見守り機能を提供できる。この特長が最大限活かせる場として、脱衣場やトイレなど、ヒートショックが起きやすいプライベート空間での活用が可能。
 

・自己発電による省エネルギーの実現
同製品は、センサーが踏まれた圧力で自己発電するため、居住者は日常生活の中で床を歩いているだけで、その位置情報をクラウドサーバに発信できる。
 

・短納期、低コストでの施工が可能
自己発電により特別な配線工事などが不要で、通常の床材と同様の施工が可能なため、短納期・低コストで利用できる。新規物件だけでなく、リノベーションなどの用途でも活用できる。
 

■今後開発する「トッパンIoT建材」のラインアップについて
 
1. 日常的な健康管理ができる床材
体組成計を組み込んだ床材により、日常生活の中で自然に体重・体脂肪率などの身体情報を取得できる。管理ツールを組み合わせて、同居する家族それぞれのデータを管理することも可能。
 
2. 情報を表示できる壁材
ディスプレイと化粧シートを組み合わせた壁材で、生活情報や地域情報などを受信し、表示することができる。ディスプレイを非表示にすることも可能なため、日常生活において空間デザインを損なわない。
 
 

■問い合わせ先
凸版印刷株式会社 
https://www.toppan.co.jp

このページの先頭へ




前の10件
メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード