建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建築資材・工法

アイカ工業株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:小野 勇治)は、素材の奥行き感を表現した高い意匠性が特長のメラミン不燃化粧板「セラール セレント」に新柄11点を追加した。
 
高意匠メラミン不燃化粧板「セラール セレント」に新柄追加
 
■発売の背景
「セラール セレント」は、柄と艶を同調させる繊細なグロスマット仕上げにより素材の奥行き感を表現した、高い意匠性が最大の特長のメラミン不燃化粧板である。
「セラール セレント」
は、ホテルやオフィスビル、商業施設の内装壁面など、高いデザイン性が求められる部位に採用され、不燃化粧板の用途を拡大してきた。
 
今回、トレンドを反映させた11点の新柄を追加し、計18点にラインナップを拡充。
ダイナミックな流れ模様の大理石柄、リアルな質感のメタル柄、使いやすい配色を取り揃えたコンクリート柄など、トレンド感と使い勝手のバランスがとれたデザインで洗練された空間演出に寄与。
従来のセラールとは一線を画す高意匠なメラミン不燃化粧板として、ホテル、オフィスビル、商業施設、マンションエントランスの内装壁面などを対象に提案し、さらなる拡販・用途拡大を図る。
 
 
■新柄11点
 
・石目柄 (5点)
ダイナミックな流れ模様の大理石柄など、空間に高級感を与える石目柄。
中でも発売以来人気を博している「フィオルカルニコ」にレイアウトの異なる2点を追加。
3点をランダムに組み合わせることで、大面積でも壁面材特有の柄の繰り返しが目立たず、空間を自然な印象に仕上げることができる。
 
石目柄 (5点)
 
 
・メタル柄 (2点)
経年変化した金属のアンティークな風合いが人気のメタル柄に新柄2点を追加。
素材本来が持つ無骨な雰囲気や風格を、落ち着きのあるデザインに仕上げており、大面積にも使用することができる。
 
メタル柄 (2点)
 
 
・コンクリート柄 (4点)
住宅、非住宅を問わず人気を集めているコンクリートを表現した柄を新たに設定。
不規則な割れや見え隠れする骨材を緻密に描写し、年月をかけて風化したコンクリートの表情を再現した。
 
コンクリート柄 (4点)
 
 
■標準価格
木口塗装なし(常備品):30,200円/枚(2枚入) 32,800円/枚(1枚入)
木口塗装あり(受注品):33,000円/枚(2枚入)
※いずれも設計価格、消費税抜き
 
 
■問い合わせ先
アイカ工業株式会社
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




既存の浴室に設置することができるヒーター。
 
お風呂ヒーター
 
税別2万円台からという低価格を実現し、これまで浴室暖房機の導入が難しかった古い住宅でも設置しやすい。
 
 
■商品の特長
 
1、1秒で暖かくなる「速暖」
現在の主流である、遠赤外線によりじんわり暖める温風タイプの浴室暖房機に対して、本製品では近赤外線を放出する「ハロゲンヒーター」を使用。
スイッチを押してからわずか1秒で暖かさを感じることができる。
 
2、防水仕様
屋外の防水暖房機を専門に開発している同社が、そのノウハウを取り入れて開発。
公的機関で防水性能「IPX5」という厳しい規格に合格している。
 
3、長尺の電源ケーブルと2カ所の電源スイッチ
電源ケーブルは6mのロング仕様で、脱衣所のコンセントまで余裕をもって届く長さ。
また、脱衣所の製品本体とプラグ部の2カ所に電源スイッチを搭載し、設置位置に合わせてスイッチのON・OFFが選べる。
 
設置方法により、「吊り下げモデル」(物干し竿等から吊り下げるタイプ)と「DIYモデル」(専用の取付金具により購入者が設置するタイプ)の2種類から選択でき、ともに重量は約2kg、設計寿命は6,000時間となっている。
 

  • 吊り下げモデル

    吊り下げモデル

  • DIYモデル

    DIYモデル


 
 
■お問い合わせ
株式会社コンフォー
https://k-comfort.co.jp

このページの先頭へ




老朽化した改修現場などにおける、躯体への重量負担低減を目的として開発された軽量セルフレベリング材。
 
ABCライトフロー
 
従来品と比べ約40%の軽量化を実現しているほか、梱包も1袋15kgと従来品よりも軽く、材料の持ち運びも容易に行える。
上水道水で混練するだけで施工が可能なプレミックスタイプで、長尺シートやタイルなどの張物下地として歩行および台車程度の使用ができる。
 
また、速硬性があり、施工後約10時間で軽歩行、約24時間で張物施工が可能(気温20度、湿度65%、施工厚50mmの場合)となる。
標準施工厚は10〜50mm、施工可能面積は1.4〜1.6m2(塗り厚10mmの場合)。
 
ABCライトフロー2
 
今後は、本製品を店舗や商業施設などの改修市場へ提案していく予定である。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




完全樹脂製の免震構造用大可動エキスパンションジョイントカバー。
 
アーキウェイブM(免震)シリーズ
 
■開発背景
完全樹脂製の耐震構造用エキスパンションジョイントカバー「アーキウェイブEシリーズ」を2005年に発売。
そこで近年増加する免震建築物にも樹脂製のエキスパンションジョイントカバーを望む声が多く寄せられたことを受け開発された。
 
全方位に最大±900mmの高い可動追従性能を実現。
樹脂ならではの柔軟性と波型の特異形状により、可動時に本体カバー材のせり上がりによる危険がないほか、軽量のため脱落などの二次災害における安全性も担保できる。
 
クリアランス内部に納まるコン パクト設計
 
クリアランス内部に納まるコンパクト設計で、金属製のエキスパンションジョイントカバーと比べ製品幅を40%縮小(同社製品比)。
工事竣工日より10年間の長期保証も設けられている。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、単窓・連窓の開口において室内側で防火性能を確保する、大臣認定防火設備(個別認定)のビル向けアルミ防火内窓「LAYLUS【ウインドウ仕様】」を12月13日から発売した。
 
LAYLUS(レイラス)のウインドウ仕様が発売
 
「LAYLUS」は、窓やカーテンウォールの室内側に内窓として新たな「層(LAYER:レイヤー)」を設け、外窓の持つ特長(意匠・性能)に内窓の性能を加える(PLUS:プラスする)ことができる商品で、大臣認定防火設備としての対応を可能にするアルミ防火内窓である。
今回発売するウインドウ仕様は、業界初の網のない耐熱強化ガラスを採用した大臣認定防火設備のアルミ防火内窓で、防火窓でありながら、窓辺のクリアな眺望性と透明感のある建物の外観意匠を実現した。
さらに、2020年7月に発売した「LAYLUS【カーテンウォール仕様】」に加えてウインドウ仕様を追加設定することで、より幅広くさまざまな物件に対応が可能になった。
 
 
■耐熱強化ガラスを採用したビル向けウインドウ用アルミ防火内窓の大臣認定防火設備
耐火建築物などを設計する際、延焼のおそれのある部分の開口部には防火設備の設置が義務付けられている。
「LAYLUS」であれば、防火設備が必要とされる開口部で、外窓に非防火商品を使用することができる。そのため、非防火部との建物外観の意匠を統一できる上、延焼の恐れのある部分にかからないように開口部のサイズを変更するなど、設計上の制約も不要となる。
 
■商品の特長
 
・防火部、非防火部に関わらず外観意匠統一
内窓(室内側)で防火性を確保するため、外窓は非防火商品で対応することができ、焼付塗装仕上げや無目の位置合わせなどが必要な場合でも意匠統一が可能。
また、網目のない耐熱強化ガラスを採用しているため、開放感や眺望性も確保することができる。
 
防火部、非防火部に関わらず、外観意匠統一
 
 
・大開口の建築モジュール
最大製作可能サイズは幅(W)1,800?×高さ(H)3,000mm。
天井高3,000mmのフルハイトな大空間で開放感の演出や、一般的な柱間7,200mmを4等分するなど建築モジュール(基準寸法)に合わせた大開口が可能である。
 
大開口の建築モジュール〈ワイドスパン・フルハイト〉
 
 
・アルミ形材によるシャープな内観意匠
アルミ押出形材を用いることで、室内側の窓回りが引き締まって見える仕様になった。
また、ガラス押えはシーリング材を用いない形材嵌合式(はめ込み式)とすることでガラスの納まる見込み寸法(奥行)を極力抑え、すっきりとした印象を与える。
 
アルミ形材によるシャープな内観意匠
 
 
■商品概要
商品名:アルミ防火内窓「LAYLUS(ウインドウ仕様)」
窓種バリエーション:FIX窓
ガラス厚:6.5mm、8mm
参考本体価格:186,100円
サイズ:幅(W)1,200×高さ(H)2,500mm
発売日:2021年12月13日
 
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
https://www.ykkap.co.jp/company/

このページの先頭へ




野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔)は、2022年1月より、内装・建具工事におけるBIMを活用した設計-生産-施工プロセスの業務効率化と脱炭素化を支援するプラットフォーム「BuildApp(ビルドアップ)」(β版)を開始する。
それに伴い、2021年12月6日(月)〜8日(水)に開催される第1回建設DX展(東京ビックサイト西展示棟)にて、一部のサービスを先行公開予定である。
 
内装工事の業務効率化・脱炭素化の基盤環境「BuildApp」を2022年1月に公開
 
■BuildApp(ビルドアップ)とは
設計積算、生産、流通、施工管理、維持管理の5つのプロセスごとに次工程との連携が容易になるサービス群を整備。
BIMを起点としたデータが、設計から維持管理までの建設プロセス全体と関係者を繋ぐ役割を果たす。
 
期待できること
・設計・施工の手間・手戻りの減少
・これまで手動だった作業の自動化
・建設プロセス全体の大幅な生産性向上とコスト削減
・生産・流通の最適化、施工現場での廃棄物・CO2排出量の削減により建設産業の脱炭素化
 
 
■商品詳細
名称:BuildApp(β版)
開始時期:2022年1月
※正式版は2022年7月開始予定
価格:β版は月額費用無料
※初期費用は要問い合わせ
 
 
■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://nohara-inc.co.jp/

このページの先頭へ




阿部興業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿部 清英)は、家具同士を連結させて転倒を防止させるAK Connectシリーズ 移動式家具&木製フェンスを、2021年度(第77期)新商品シリーズ第11弾として新たに発売開始した。
 
 
AK Connectシリーズ移動式家具&木製フェンスを新発売
 
■商品の特長
・キャスターの無い移動家具
・家具同士の連結による安全確保
・集成材と化粧板を組み合わせた製品仕様
・木製フェンスの標準設定
 
 
・家具同士の連結方法
 
家具同士の連結方法
 
 
・集成材と化粧板の組み合わせ
 
集成材と化粧材の組み合わせ
 
 
・カラーバリエーション
 
カラーバリエーション
 
 
■商品詳細
製品名:AK Connectシリーズ 移動式家具&木製フェンス
発売開始:2021年12月8日
 
価 格
ロッカー   :175,000円 (税込 192,500円)
片開フェンス :105,000円 (税込 115,500円)
フェンス   :80,000円 (税込 88、000円)
コーナー欄  :80,000円 (税込 88,000円)
調整式フェンス:130,000円 (税込 143,000円)
絵本棚B   :155,000円 (税込 170,500円)
 
 
■問い合わせ先
阿部興業株式会社
https://www.abekogyo.co.jp

このページの先頭へ




パネルと格子のブレードで構成された格天井(ごうてんじょう)デザインの軽量天井シリーズ。
 
かるてん®abc コファ
 
パネルには石膏ボードの約10分の1の重量(0.7kg/m2)の軽量素材「かるてん®」を使用しており、地震などにより万が一天井材が脱落した場合でも、けがなどのリスクを軽減する。
また、ルーバーを含め天井質量は2kg/m2以下のため、「特定天井」に該当せず安全面に優れている。
 
格子ブレードは、従来の15mm幅を40mmへ変更し、施工時にパネルを曲げて差し込む手間を減らしている。
パネルのカラーはホワイトとブラック、また格子ブレードは従来のホワイトとブラックに加えて、この度新たに木目柄のウォールナットカネルとクラシカルオークが追加され、組み合わせのラインアップが7種に増えている。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会 
https://www.abc-t.co.jp

このページの先頭へ




ケイミュー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:木村 均)と、住友金属鉱山シポレックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:青野 義道)は、窯業系サイディングとALC(軽量気泡コンクリート)の技術を融合させた非住宅向け新工法「FIRDOLA(フィルドラ)」を開発した。
2021年11月1日より首都圏・関東エリアにて先行販売を開始し、その後全国に展開する。
 
非住宅向け新工法「FIRDOLA(フィルドラ)」を新発売
 
■概要
今回開発された工法は、窯業系サイディングとALCパネルを組み合わせたダブルレイヤー(2層)工法である。
工場内で胴縁用アンカーを埋め込んだALCパネルをベース版「フィルドラ・ベース」とし、窯業系サイディングをデザインパネル「フィルドラ・デザイン」とする新しい工法。
ALCパネル「シポレックス」の優れた耐火性・耐震性で建物を守る性能と、窯業系サイディングパネル「ケイミュー」の多彩なデザインや光触媒技術の相乗効果が非住宅に新しい意匠性を生み出す。
また、長い年月を得ても高い防水性を保ち続けるため、再塗装や打診検査などのメンテナスコスト低減にも活躍。建物の長寿命化に貢献する。
 
フィルドラ
 
■問い合わせ先
ケイミュー株式会社
https://www.kmew.co.jp/

このページの先頭へ




木粉を55%配合し、優れた木質感を持つ人工木材「ルポウッド(REPOS WOOD)」の新たなバリエーションとして誕生したデッキフェンス。
 
デッキフェンス ルポウッドタイプ
 
ルポウッドはリアルな木質感を実現した環境に優しい人工木材で、
・天然木のような自然な風合いと高い耐候性、耐腐朽性
・施工性が高く、メンテナンスも容易
・安心なノンホルムアルデヒド商品
という特長を持ち、デッキ材として2020年4月の発売以来、戸建て住宅、学校、保育園・幼稚園、高齢者施設、商業施設などで採用実績がある。
 
新製品のデッキフェンスは天然木のような温もりがある人工木のルポウッドとシャープな印象のアルミを組み合わせており、シンプルでも高級感のあるデザインになっている。
パネルデザインはシンプルな「横板2本格子」、足掛け防止に配慮した「板塀格子」、採光性とプライバシーに配慮した「ポリカパネル」の3タイプから選べる。
また、人工木の色(サンドブラウンまたはチャコールブラウン)とアルミ部分の色(ステンカラーまたはダークブロンズ)をそれぞれ選ぶことができるため、4パターンの配色の組み合わせが可能。
 
 
■お問い合わせ
セイキ販売株式会社
https://www.seiki.gr.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード