• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建築資材・工法

アイカ工業株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:小野勇治)は、柄に同調した繊細なグロスマット表現※により高い意匠性を実現させたメラミン不燃化粧板『セラール セレント』を発売した。
 

 
■概要
柄と艶を同調させる繊細なグロスマット仕上げで素材の奥行き感を表現した、高い意匠性が最大の特長である。ダイナミックな流れ模様の大理石柄、アンティークな風合いを表現した錆柄、繊細な導管表現が美しい木目柄など、トレンド感と使い勝手のバランスがとれた柄7点をラインナップした。
従来のセラールとは一線を画す高意匠なメラミン不燃化粧板として、ホテル、オフィス、商業施設、マンションエントランスの壁面など、ラグジュアリーな空間演出が求められる部位へのさらなる用途拡大を図る。
 
■特長
・独自開発したグロスマット同調表現で今までにない高い意匠性を実現させた。緻密な光沢差で色柄に深みを持たせ、天然素材のようなリアルな質感を表現している。
・木口は表面の近似色にて塗装可能(受注対応)。ソリッドな印象で、美しく仕上がる。
・高い表面物性を誇り、衝撃や傷に強く、耐久性に優れている。
・熱や湿気に強く、国土交通大臣認定の不燃認定を取得している(不燃認定番号:NM-2183)。
 
※グロス:艶あり、マット:艶なし。柄の部分に異なる艶をかけ、1枚の化粧板の中で光沢差を出す新しい表現技法。艶の高い部分と低い部分が掛け合わされることで、柄と質感が同調しているように見える。
 
 
 

■問い合わせ先
アイカ工業株式会社
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




アルミの押出成形技術を駆使し、製造の際に天然木に由来したゆらぎのある形状をルーバー表面に施したアルミ製ルーバーである。天然木表面の様相を周波数化したデータを基に設計された金型を使用することで、規則性を持たない凹凸仕上げを実現している。表面の形状が陰影を生み出すため、特殊な表面加工を行わずにルーバー単体で表情豊かな外装にできる。
材工共価格は44,600円(100㎡基準価格)〜。
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7194
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




窓の外部に取り付けて室内への日射熱の侵入をカットする外付けロールスクリーン。新たにソフトクローズ機能を搭載した。住宅の断熱性能が向上する中でより重要性が増してきた夏場の日射遮蔽を手軽に実現できる製品である。
窓の外側に設置することで室内への日射熱の侵入を80%程度カットできる。室内の温度上昇を抑え、熱中症のリスク削減にも役立ち、冷房費を削減できる。
本製品はスプリングによる自動巻き上げとなっている。今回、ダブルブレーキによるソフトクローズ機構を搭載することで、スクリーンが収納しきる直前でブレーキが掛かってゆっくり巻き上がり、ボトムバーが静かに収納される。スクリーンを使用しない時はボトムバーがボックス内に完全収納される。また、スクリーン収納時は、強風が吹き続いてもボトムバーがバタつくことがなく安心。
フレームは5色、スクリーンは11色から選べる。オプション部品として、サッシ枠付けやシャッター付けなどの設定に、今回天井付け金具が追加されて、バルコニーの下や各種エクステリア商品にも設置しやすくなった。材料価格は、16520(幅1820×高2090mm)
標準色で36,500 円、25622( 幅2730×高2290mm、生地2枚仕様)標準色で66,000円(税別。搬入費・取付工事費別途)。
 

 
 
 
■問い合わせ先
セイキ販売株式会社
TEL:03-5999-5825
https://www.seiki.gr.jp/

このページの先頭へ




チタンとアルミの2種類の素材を用い、200mm角の正方形モジュールとしてパネルの取り付け方向を変えることで、整然と揃った表情やランダムな変化のある表情など、設計者や施主のイマジネーションによって、洋にも和にもなり得る個性的な壁面を創ることができる材料である。KENOKUYAMA DESIGN(奥山清行代表はピニンファリーナ在籍時にフェラーリ・エンツォなどのデザインを手がけた)との共同開発。
 

 
 
 
■問い合わせ先
アイジー工業株式会社
TEL:0237-43-1810
https://www.igkogyo.co.jp/

このページの先頭へ




アイカ工業株式会社(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:小野勇治)は、粘着剤付化粧フィルム『オルティノ』のラインナップを拡充し、新柄24点を発売した。
 

 
■概要
粘着剤付化粧フィルム『オルティノ』は、裏面に粘着剤がついたシート状の塩化ビニル樹脂(塩ビ)製素材である。大面積から複雑な形状の箇所までさまざまな部分に容易に貼れるため、ホテル、オフィス、商業施設、大型複合ビルなどの壁面を中心に、幅広い用途で使用できる。
今回のラインナップ拡充では、マットな質感の化粧材に対する需要の高まりを受け、天然の木肌のような手触りのインパクトマットシリーズに、木目エンボスタイプを追加する。
マットタイプと木目エンボスを掛け合わせた塩ビ化粧フィルムは、業界初(同社調べ)となる。
また、エルム・オーク柄や、パウダーレザーエンボスを、オルティノに展開する。メラミン化粧板や化粧ボードと同柄での施工が可能なラインナップが増え、さらに使いやすくなった。
 

■特長
・インパクトマット木目10柄
天然木のような手触りのインパクトマットシリーズに、木目エンボスタイプを追加する。
塩ビ化粧フィルムとしては業界初となるマットタイプと木目エンボスの掛け合わせにより、繊細な木肌感を実現させた。
 
・リファインドウッド11柄
木目柄とエンボスを同調させた高意匠タイプを拡充する。
うち9柄は、セルサスPT(プレミアムテクスチャー)シリーズから、エルム・オーク柄をオルティノに展開している。メラミン化粧板、化粧ボード、オルティノが同柄で揃う柄連動商品のラインナップが増え、用途の幅が広がる。
 
・メラミン化粧板連動のレザーエンボス3柄
パウダーレザーエンボスと連動した、オルティノ用のエンボスを開発した。
従来の化粧フィルムにはない、本物のレザーを思わせる質感で、高級感を演出する。
 
 
 

■問い合わせ先
アイカ工業株式会社
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




三和シヤッター工業株式会社(本社:東京都板橋区、社長:高山盟司)は、組み立てが簡単なプラスチック製ダンボールのパネルを採用した『ファミプラ』に透明パネルを追加して7月1日よりリニューアルする。
 

 
■概要
同社では、必要な時に自由なレイアウトで簡単に組み立て、設置が可能な避難所間仕切『ファミプラ』を2016年から販売開始し、避難生活時のプライバシー確保に寄与してきた。
今回、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、病院の待合室での密集・密接防止、オフィスの打合せスペースでの飛沫対策など、さまざまな用途に対応できるようにアクリルの透明パネルをバリエーションに追加した。
 
■特長
・透明パネルのバリエーションを追加
飛沫、接触による感染を防止しながら、コミュニケーションも取れるよう透明パネルを追加。
スペースに制限があり人と人の距離が保てない場合でも円滑なコミュニケーションが可能。
 
・感染リスクの軽減
仕切高さを約1.8mと目線より高めに設定し、外側からの飛沫を遮り、感染リスクを軽減させる。さらに、カーテン(オプション)を出入り口に付けることで、より安心感が高まる。
 
・組み立て方法が簡単
ポスト(支柱)にパネルや補強材を差し込むだけで、簡単に組み立てができる。
部材をばらせば再び保管ができ、繰り返し使用することが可能。
 
・アルコール消毒も可能な耐水性
紙製や布製と比べて耐水性があるため、繰り返しアルコール拭きが可能。また、保管時の湿気にも強く、長期保管が可能。
 
 
 

■問い合わせ先
三和シヤッター工業株式会社
https://www.sanwa-ss.co.jp/

このページの先頭へ




三和シヤッター工業株式会社(本社:東京都板橋区、社長:高山盟司)は、意匠性に優れたガラス入り防火引き戸『スライドクールF(防火)』を発売した。
 

 
■概要
『スライドクールF(防火)』は、遮炎性能(20分)を有する防火引き戸で、一部の避難規定が緩和される避難安全検証法ルートB※に対応可能。
天井の高いフロアでもランマパネル等を必要とせず、透明な耐熱強化ガラスと細框により、枠を目立たせずすっきりとした印象を与え、デザイン性の高いオフィスビルや公共施設等の防火設備として最適である。
 
■特長
・遮炎性能(20分)を有し、避難安全検証法ルートBに対応可能
引き戸と袖窓を組み合わせたガラス入り防火引き戸として、防火設備(20分)の大臣認定を取得している。
また、従来用いられていた仕様規定ルートAから性能規定の避難安全検証法ルートBにも対応でき、ルートBで避難安全性能を有することが確認されると、排煙設備や内装制限といった一部の避難規定が緩和され、デザインや建築設計における自由度が向上し、コスト削減にもつながる。
 
・すっきりとした開放感を実現し、高い意匠性を確保
網入りガラスを使用せずに透明な耐熱強化ガラスを使用したことで、クリアな視界を実現している。さらに、ランマパネルなしで天井高さ3.12mまで対応し、框幅が50〜70mmとスリムな設計となっており、より広いガラス面が洗練された空間をつくり、すっきりとした開放感をもたらす。
 
 

※避難安全検証法(ルートB)とは
建物内での火災発生時に避難者が安全に避難できることを検証する方法のひとつ。
検証方法には3パターン。
・「ルートA」:従来の仕様規定に適合させる方法
・「ルートB」:告示で定められた計算を用いる方法
・「ルートC」:告示で定められた以外の高度な計算を用いる方法。国土交通大臣への認定が必要。

 
 
 

■問い合わせ先
三和シヤッター工業株式会社
https://www.sanwa-ss.co.jp/

このページの先頭へ




「ドルメン ロッチェ」はポルフィード(斑岩:硬質で吸水率が低く、摩耗に強い)の質感を再現しつつ、現代の建物にもマッチするデザインのイタリア製セラミックタイルである。カラーバリエーションは深みのあるグレー系を2色、茶系を1色に加え、先述の3色を掛け合わせたミックスの4色。
カウンターや什器として使用可能な大判サイズの「ドルメン ロッチェ スラブ」もある。
 
 

 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7221
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




新型コロナウイルスの感染拡大に伴い治療施設や病床が逼迫する日本国内の医療現場および自治体向けに販売している、医療施設システムである。
本製品は、本体とも言える施設部分に巨大なエアーテントを採用することで、極めて短時間での設置を可能とし、(写真左から)検温ゲート、クリーンスペーステント、隔離用陰圧テント、医療従事者休憩用テントを1セットとした。 
入口には0.5秒(±0.2℃)で体温測定のできる検温センサ付きゲートを配置し、外来の第一段階である検温の効率化および接触リスクの最小化を行う。
施設本体の前に次亜塩素酸水を利用したクリーンスペーステント、続いて、外部へのウイルス拡散を防ぎながらも施設内に空気の流れを作り出す高性能の陰圧フィルターシステムを設置した施設本体、その後ろに医療従事者の控え室として活用できるテントまでを一つのセットとする。医療従事者の二次感染が生じにくい環境を作りだす。
同社はこれまで新型コロナウイルスの感染拡大がより深刻なイタリアやメキシコなど海外で本製品の積極的な導入を進めてきた。日本でも医師会や自治体から相談を受け5月14日から一般販売を開始し、その後、製品のアップデートをしている。
税込定価5,651,250円/セット。詳細は、要問い合わせ。
 



 

 
■問い合わせ先
株式会社イケガミ
TEL:0761-24-2322
https://medical-tent.ikegami.tech/

このページの先頭へ




竹中工務店(本社:大阪市中央区、社長:佐々木正人)は、仕上工事における現場の進捗管理をPC・モバイル端末でかんたんに管理できるアプリ『位置プラス進捗』(特許出願済)を開発した。
 

 
■概要
作業員がスマートフォン等で部屋ごとの工事の進捗状況を登録することで、現場での情報共有をリアルタイムで行うことが可能となり、元請、協力会社、作業員それぞれの手間を削減する。
 

■特長
①各部屋の出入り口に設置したシートに記載された作業別2次元コードを読み取ることで、作業員が簡単に進捗状況を登録できる。
 
②登録された進捗状況を鳥かご表・棒グラフ・進捗図の3種類の形式で表示することができるため、目的に合わせて使い分けることができる。
 
③作業順序には、順序を飛ばすとアラートが表示される直列作業と、順序を飛ばしてもアラートが表示されない並列作業の2種類が設定できる。
 
④残工事がある状態で次作業へ移行するダメ残し※を表現できる。
 
⑤作業員が着手可能な部屋を確認することができるため、工事担当者および作業員の作業前確認や調整にかかる時間を削減できるようになる。
 
⑥指定日数の期間中に作業に進捗があったかどうかを表示できるため、工事担当者が確認する必要のある部屋を限定でき、業務の効率を上げることができる。
 
⑦各部屋の作業に対して、その作業に要した人数が入力可能であるため、該当エリアの工事の施工数量(㎡数)と合わせることで、1部屋あたりの作業歩掛の算出に活用できる。
 
⑧部屋および作業順序等の各種設定は、ユーザーが任意に設定できるため、管理したい工事に合わせることが可能。
 
 

※3 ダメ残し:作業の大半は終わっており次の工事を始めるのに支障はなく、軽微な修正作業のみが残っている状態をいう。
 
  

■問い合わせ先
竹中工務店
https://www.takenaka.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード