建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建築資材・工法

コンピュータ制御式ネットワーク管理型宅配ロッカーである。誰でも簡単に操作できるよう、視認性の高いタッチパネルを使用している。顔認証や専用ICカードをかざすだけで、タッチレスな荷物の受け取り、備品の貸し出しや履歴管理ができるほか、不在時でも荷物が受け取れ、ロッカーに荷物が届くと着荷のお知らせメールが届くなど、セキュリティ面や利便性に配慮した設計となっている。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社フルタイムシステム
TEL:03-3851-5831
https://www.fts.co.jp/

このページの先頭へ




20mm厚のセラミックタイルを浮き床に施工する工法である。同社では、衝撃に弱い・軽くて飛散の可能性があるというセラミックタイルの課題を解決するため、踏み抜き軽減策として、耐荷重性にプラスして独自の裏打ち材で補強することで耐衝撃性を高め、万が一の場合でも踏み抜くことを回避した。また、セラミックタイルは一般的に二重床に使用される石材と比較して軽量のため、新たにタイル固定工法を開発し、飛散防止策を施した。近年の強風対策にも有効である。 
本品はデッキ材と組み合わせることで複雑な形状、曲線などに対応できる。施工場所や使用環境に応じるべく、一般的な「簡易束工法」に加え、踏み抜き軽減策や飛散防止策を施した「バーシジャック束工法」、さらに大引・根太を組む「アースデッキジャック根太工法」の3工法がある。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7221
https://www.abc-t.co.jp/ 

このページの先頭へ




医療福祉施設、教育施設にて採用実績の多いビニル床シート「ホスピリュームNW」「SFフロアNW」「ケアセーフNW」「マチュアNW」の抗ウイルス対応が開始されている。当該商品は、春以降の完全切り替えを予定。今後はビニル系床材やカーペット、カーテン、壁装材(一部実現済み)も含め、順次、抗ウイルス化が進められる。なお、商品別の切り替え概要は随時、東リオンラインで案内される。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
東リ株式会社
TEL:06-6494-6605
https://www.toli.co.jp/

このページの先頭へ




壁紙ブランド「WhO(フー)」( 野原ホールディングス株式会社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:野原弘輔)は、複合ビルのエントランスやエレベーターホールなどの壁面や、スチールパーティション、鉄扉などの金属下地などにも使用できる粘着剤付き塩ビシートマテリアル『WhO Interior Sheet』を正式ラインナップした。
 

 
■概要
デザインは2000点を超えるWhOのプロダクトから制作が可能。
サイズ変更やカラーオーダーなどのカスタマイズにも対応。オフィスやホテルをはじめ、商業施設やアミューズメント空間など、耐擦過性、耐久性を求められる空間や大きな壁面にも最適なマテリアルである。
 
 
 

■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://nohara-inc.co.jp

このページの先頭へ




菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦)は、この度、標準品として新たに開発した内外装用パネル『パンチングウェーブ』を発売した。
 

 
■概要
KCT04『パンチングウェーブ』は、無数のパンチングを施したステンレス板に波のような曲げを加えた内外装用パネル。
パンチングピッチとパネル形状の標準パターンを設定し、施工性を高めているため、コストダウンを図りながら印象的な外観を形成することができる。窓ガラスの外側にかぶせることで、日射を遮るルーバーの役割も果たす、環境に配慮した建材である。
 
■特長
・カーテンのように波打つパネルで印象的な外観を形成
・標準品のため、従来のオーダー製作のパネルより短納期かつ安価での提供を実現
・窓ガラスの上にルーバーとしてかぶせることで、日射を遮る環境建材として機能
・ステンレスによるメタリックな質感
・室内外の明暗差で可視方向が変わるため、昼と夜で建物の印象が変化する
・全5パターンのパネル形状を組み合わせることにより、ランダムなウェーブ構成が可能
 
 
 

■問い合わせ先
菊川工業株式会社
https://www.kikukawa.com/

このページの先頭へ




株式会社エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は踏み抜き軽減策・飛散防止策を加えた『セラミックタイル二重床システム』3工法をラインアップした。
 

 
■概要
『セラミックタイル二重床システム』は、20mm厚のセラミックタイルを浮き床に施工する工法である。エービーシー商会では衝撃に弱い・軽くて飛散の可能性があるという課題を解決するため、独自の踏み抜き軽減策と飛散防止策を開発した。
踏み抜き軽減策として、耐荷重性にプラスして独自の裏打ち材で補強することで耐衝撃性を高め、万が一の場合でも踏み抜くことを回避する。また、セラミックタイルは一般的に二重床に使用される石材と比較して軽量のため、新たにタイル固定工法を開発し、飛散防止策を施した。近年の強風対策にも有効である。
 
同製品はデッキ材と組み合わせることで複雑な形状、曲線などに対応でき、空間を分けたり、新たなデザインが可能。内外の高さを合わせることで広がりのある空間を演出できる。一般的な「簡易束工法」に加え、踏み抜き軽減策や飛散防止策を施した「バーシジャック束工法」、さらに大引・根太を組む「アースデッキジャック根太工法」の3工法があり、施工場所や使用環境に応じて適切な工法を提案する。個性豊かな13種類のセラミックタイルより選択可能。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社サンシバ複層(所在地:宮城県名取市、代表取締役社長:大久保 良一)は、防災、防犯に効果を発揮する複層ガラス『エミネントペア セーフサイド』で特許を取得した。
 

 
■概要
『エミネントペア セーフサイド』は強い衝撃にも耐えられる複層ガラスであり、ピッキングなどの犯罪被害の防止や、台風時の飛来物・暴風によって窓が割れる恐れを排除する。避難所などの防災にも最適である。
 
■特長
・特許内容
複層ガラスの一種である『ペアガラス』の空気層に、透明樹脂板を挿入したガラス。複層ガラスの特長でもあるガラスとガラスの間に新たに樹脂板を挿入することで、一般的な窓ガラスと比較して衝撃に強くなった。
 
・安全効果に省エネ効果をプラス
複層ガラスの間に挿入された樹脂板がクッションとなり、断熱性能に高い効果が期待される。強い衝撃にも耐えられる安全効果に、省エネ効果も併せ持つ。
 
・品番型番 特許第6770723号
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社サンシバ複層
http://www.sanshiba.jp/

このページの先頭へ




NarukiJapan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:淺野 美希)は、建築現場のシーンで活用できる『RC造MK梁スリーブ』を、2021年度での販売に向けて公開した。
 

 
■主な特長
1. 作業効率向上
・狭い空間での釘打ちが不要
・ノロ除去が不要
・廃材が減少
 
2. 安全対策向上
・危険作業のリスク回避率を向上することで高所作業時間の削減
・かがむ仕事時間の短縮により腰痛労災削減
 
3. 作業時間の比較
・在来工法が63分/本に対して、新型工法(ワンタッチ工法)は17分/本
 
4. 作業人工(コスト)の比較(スリーブ取付)
・在来工法が13人工/100本 に対して、新型工法は3.5人工/100本
 
 
 

■問い合わせ先
NarukiJapan株式会社
http://www.naruki-japan.com/index.html

このページの先頭へ




厚膜型塗り床材と同等の性能を目指し開発した薄膜型塗り床材。薄膜でありながら一般的な防塵塗料よりも強靭な塗膜を形成し、水性タイプとして従来品に比べ高い耐久性、耐摩耗性、耐汚染性を実現。また完全水性で臭いがほとんどないため、臭気対策が必要な改修現場に最適。有機溶剤のプライマーを使用せず工具や器具は水洗いが可能。表面はマットな半ツヤ仕上げ。カラーは標準12色。
 
 

 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7236
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




建築家 隈 研吾氏と提携して開発された、「和」デザインの高級浴室。「拡がるユニットバス空間」をコンセプトに、洗面室と浴室をシームレスにデザインした一体型の広々としたゆとり空間を提供する。肌に触れる部分には自然石と天然檜がふんだんに使用されており、「一日の終わりのご褒美になるようなお風呂」「小さな住空間の中であっても豊かさを得られる場所」としてデザインされている。
 
 

 
 
■問い合わせ先
株式会社アステック
TEL:045-914-0026
https://www.ustech-jp.com/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード