建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 土木資材・工法

港湾・河川・湖等の護岸や、橋梁等における空洞補修工事に対応する空洞充填用袋体。
 
ジュウテンバッグ
 
小さな注入孔からでも挿入できるため作業効率が向上するほか、シート素材は柔軟性があり破損しにくく、充填材の流出を防止する。
なお、流動化処理土用のジュウテンバッグを活用した「ジュウテンバッグ工法」は、徳倉建設株式会社との共同開発でNETIS登録されている。
 
NETIS登録番号:CBK-210001-A
 
 
■お問い合わせ
アキレス株式会社
https://www.achilles.jp/

このページの先頭へ




ダム・河川の工事等において、大型船でも容易に流木止設備を通過できる浮沈式の通船ゲート。
 
工事用浮沈式 通船ゲート
 
個々のフロートをコンプレッサーとバルブコントロールユニットでエア量を調整し沈下させ、効率的に大型船を通過させることができる。
従来の通船ゲートと比べ安価であり、また設置日数の短縮も可能となる。
 
NETIS登録番号:KK-210047-A
 
 
■お問い合わせ
ノダック株式会社
http://www.nodak.co.jp/

このページの先頭へ




特殊加工により高いグリップ力を発揮する「点字シリーズ」のハイグレードモデル。
 
グリップ点字パネルシリーズ
 
すべり抵抗係数(BPN)は、乾燥時・促進摩耗後の湿潤時ともに基準値をクリアしており(下記表参照)、東京都建設局の認定を受けている。
 
基準値
 
 
■その他の特長
 
1、色飛び・色抜けがほとんどない
年間想定の促進耐候試験により、色飛びや色抜けがほとんど発生しないことを確認。
 
2、裏面全面粘着テープ付き
施工は離型紙を剥がして貼り付けるだけなので、容易に設置できる。
 
3、JIS規格適合
あらゆる場所に安心して設置できる。
 
■ラインアップ
「ポイントタイプ」(300角/400角)、「ラインタイプ」(300角/400角)、「ホームタイプ」の3種類。
 
ラインアップ
 
このほか、同社の点字シリーズにはラバータイプの「点字パネル」、再生エラストマー樹脂を使用した「エコ点字パネル」、1カ月程度の短期使用に最適な「仮設専用点字パネル」、設置・撤去が容易に行える「点字カバー」などが用意されており、用途に応じて最適な製品を選択することができる。
 
 
■お問い合わせ
アラオ株式会社
http://www.arao.co.jp/

このページの先頭へ




ポリエステル製織物(絡み織)にアクリルコーティングを施した、防風・防砂・防雪用の高強度繊維シート。
 
WSSレノシート
 
従来の鋼製有孔防風柵と比べ軽量なので作業員の負担を軽減できるほか、支柱間隔を4mスパンにすることで基礎数の削減が可能となり、施工性、経済性の向上および工程の短縮が図れる。
また、透過性が高く景観性も向上する。
 
NETIS登録番号KT-210064-A。
 
 
■お問い合わせ
前田工繊株式会社
https://www.maedakosen.jp/

このページの先頭へ




UAVなどに搭載したLidarセンサーを用いて、地形や施設等について高密度・高精度な空間情報を効率的に計測し、得られた3次元点群データをもとに2次元平面図および3次元地形モデルを作成する技術。
 
TERASU
 
センサーはUAVのほか車両にも搭載でき、さらに人が背負って歩行しながらの計測も可能で、目的に合致した計測を実現する。
 
NETIS登録番号QS-210031-A。
 
 
■お問い合わせ
東亜建設技術株式会社
http://www.toa-ct.co.jp

このページの先頭へ




微生物栄養剤(EDC)を用いて、VOC汚染土壌を原位置で浄化処理する技術。
 
バイオレメディエー ション
 
汚染土壌の場外搬出の手間がなくなるほか、搬出に伴う汚染土の大気中への拡散を防ぐことができる。
地下水部分を含めた広範囲の浄化対策が可能となるため、周辺環境への影響の低減が期待できる。
 
NETIS登録番号KT-210060-A。
 
 
■お問い合わせ
エコサイクル株式会社
http://www.ecocycle.co.jp

このページの先頭へ




ポンプ浚渫船のスイング操作を自動制御し、浚渫作業を行うシステム。
 
ポンプ浚渫船の自動浚渫制御システム
 
熟練オペレーターによる浚渫時の「スイング操作」を再現することで効率的な浚渫が可能となり、浚渫作業の省力化が図られる。
また、オペレーターの技術の習熟度に起因する浚渫出来形の品質低下が抑制されるため、品質確保が期待できる。
 
NETIS登録番号KTK-210010-A。
 
 
■お問い合わせ
五洋建設株式会社
http://www.penta-ocean.co.jp/

このページの先頭へ




トンネル切羽掘削における削孔工程を全自動で施工する、コンピューター制御のドリルジャンボ。
 
フルオートドリル ジャンボ
 
作業員の人員削減が可能となるため、省人化に貢献する。
オペレーターの監督下での自動削孔機能・ブーム位置決め機能を有し、削孔パターンに沿った自動削孔とデータ収集・レポートシステムにより、高い生産性と高品質な削孔を実現した。
 
NETIS登録番号KT-210062-A。
 
 
■お問い合わせ
サンドビック株式会社
https://www.home.sandvik/jp

このページの先頭へ




スリットデザインの工夫により、風切音を抑えることができるコンクリートカッターブレード。
 
低騒音ブレード
 
空転時特有の風切音を低減できるため、作業環境の向上が図れる。
また、切断作業時の騒音も低減するため、周辺環境への影響も抑制できる。
人口集中地区などの騒音抑制区域における切断工事などに適している。
 
NETIS登録番号KT-210059-A。
 
 
■お問い合わせ
三笠産業株式会社
https://www.mikasas.jp/

このページの先頭へ




高架道路のジョイント部において、ウォータージェットを応用した全自動の機械によりはつり作業を行う技術。
 
オートチッパー工法
 
従来の人力での作業とは異なり、低騒音・低振動での施工が可能となるため、周辺環境への影響抑制が図れる。
はつり深さや施工範囲を均一にでき、床版本体へのダメージを緩和するため品質も向上する。
 
NETIS登録番号KT-210057-A。
 
 
■お問い合わせ
株式会社サーフェステクノロジー
https://www.sf-tech.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード