建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建築資材・工法

阿部興業株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 阿部 清英)は、『遮煙性能付き防火設備 EB-2418(フラットタイプ)』『EB-2801(ガラス入タイプ)』の発売を開始した。
 
遮煙性能付き防火設備
 
■特長
1.遮炎性能の認定書、遮煙性能の成績証明書を準備しているため、複合防火設備として安心して使用できる。
2.ガラス入りデザインも製作可能(ガラスの最大寸法は、框・上桟200?以上×下桟250?以上の確保が必要)。
3.オリジナルシートだけではなく、他社オレフィンシート、突板でも製作が可能。
 
■価格
EB-2418/フラットタイプ 200,000円〜(税込 220,000円〜)
EB-2801/ガラス入タイプ 460,000円〜(税込 506,000円〜)
 
※オリジナルシート、4.0mm耐熱結晶化透明ガラス(飛散防止フィルム別途)、額無垢塗装仕上。
※金物代、配送費、施工費等別途
 
 
■問い合わせ先
阿部興業株式会社
https://www.abekogyo.co.jp

このページの先頭へ




工事現場の仮設分電盤の遠隔操作システム。
工事現場内に遠隔電源指令盤と遠隔電源分電盤を配置し、遠隔電源分電盤のマグネットスイッチにより電源のON/OFFを操作する。
 
「JITAN-SW
 
操作は遠隔電源指令盤、遠隔電源分電盤の他にiPad、スマートフォン、パソコン、オプションのデジタルサイネージか行えるため、朝晩のON/OFFに費やす時間を短縮できる。
 
JITAN-SW?
 
NETIS登録番号KT-210001-A。
 
 
■お問い合わせ先
クェスタ株式会社
http://questar.ac

このページの先頭へ




1リットルサイズの小型の消火器をはじめ、最小限必要な工具類をコンパクトに収納することができる収納庫。
壁埋込みタイプで、スチール製のため市販のマグネットフック等を利用しての吊り収納も可能。
大手ハウスメーカーの依頼により分譲住宅モデル棟用の住宅用消火器と鍵類を収納するボックスを開発したところ、好評を得たことから今春より発売を開始した。
 
壁空間収納ボックス
 
 
■お問い合わせ先
綜合エンジニアリング株式会社
http://www.sogo-eng.com/

このページの先頭へ




住宅基礎の耐久性と美観を向上させるハイグレード基礎保護材。
住宅の基礎にひび割れが生じるとそこに雨水が浸入し、やがて鉄筋の腐食やコンクリートの欠損に至るが、本品は基礎表面を保護することでひび割れへの雨水の浸入やひび割れの発生や拡大を抑制し、長期にわたり美観を維持することができる。
最大の特長は、樹脂系トップコート品でありながら膨れにくく、はがれにくいことで、下塗材、トップコートともに透湿性のある材料を使用しているため、雨水の浸入を防ぎながら水蒸気の通り道をつくり、下地からの湿気を外気に放出する。
 
インサルキソッシュMore(モア)?
 
また、施工の安定性が高く補修の塗り替えも簡単で、樹脂系塗料ならではの均一でムラのない美しい仕上がりを実現。
酸性雨などが原因で起こるコンクリートの中性化を抑制し、構造物内部の鉄筋の腐食を防ぐとともに、優れた可とう性をもつ樹脂被膜を形成するため下地の動きに追従し、表面のひび割れを防止する。
樹脂系でありながら耐候性にも優れているため、紫外線劣化に強く、変色を抑制して長期間美しさを保つことが可能。
施工は2工程で、カラーはサンドグレー。
 
インサルキソッシュMore(モア)?
 
 
■お問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp/products/detail/9994.html

このページの先頭へ




奥行見込み寸法が40mmと薄いため、取り付ける木額縁の見込み寸法が40mmあれば設置可能な断熱内窓。
透明ガラス3mm、型板ガラス4mmのガラス面材タイプがあり、下表に示す6型番がグリーン住宅ポイント※の対象商品として登録された。
なお、いずれにも性能証明書が添付される。
 
「楽窓? ガラスタイプ」
 
本品の遮熱効果は熱貫流率(U値)2.84w/(m2・K)で、窓としての断熱性能H-4に相当する。また、遮音効果は高音域で高い性能を発揮し、窓としての遮音性能T-1等級に相当する。
断熱効果にも優れ、本品で室内と室外の間に新しい空気層を追加し、外気の影響を受けにくくすることで結露の発生を抑える。
取り付けが簡単なだけでなく、開閉操作も軽いため女性やお年寄りにもやさしい製品となっている。 
 
※グリーン住宅ポイントとは、グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」および「防災」に対応した追加工事やさまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度。
申請期間は202年3月29日から2021年10月31日まで(郵送の場合は必着)。
 
■製品詳細
「楽窓? ガラスタイプ」
 
 
■お問い合わせ先
セイキ販売株式会社
https://www.seiki.gr.jp/products/screen/rakumado

このページの先頭へ




株式会社エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は、高性能防音パネル『e-WOOL(イーウール)防音パネル』に本体と同色のカバーをかぶせ一体感のある仕上がりとなるオプション工法を追加した。
 
e-WOOL 防音パネル
 
■概要
『e-WOOL 防音パネル』は多孔質構造の吸音材とゴム・金属の複合下地材の組み合わせで、吸音・遮音・防振の基本性能に加え、パネル形状による音の反射など細部にこだわり設計された高性能な防音パネル。
音の振動を約80%カットし(D-20・30 タイプ)、近年増加傾向にある空調設備や発電機などから発する低周波音にも効果を発揮する。
内部の吸音材はポリエステル繊維で、すばやく水を排出するため雨水で劣化することがなく、グラスウールの防音パネルと比較し、長期間にわたり防音性能を保持できる。
遮音性能データや防音効果シミュレーションを参考に3タイプの中から必要な減音量に適した製品を選択することができる。
本体(角波折板部)のカラーは外壁などに合わせて10 色から選択可能。
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ニチベイ(本社:東京都中央区、代表取締役:福岡勇之輔)は、飛沫感染防止対策に使える、吊り下げ移動式パネル『ユニガードムーヴ』を発売した。
 

 

■概要
天井のレールに沿ってパネルを移動し、さまざまなレイアウトに仕切ることが可能。使用しないときはたたみ込んで一カ所に格納できる。
また、スクリーン上部はオープンなため、空気の流れを遮らない。
 
■特長
・対面や側面をパネルで仕切ることで、飛沫感染対策に適している
・専用レールとランナーで多種のレイアウト設置が可能
・人が立った状態でも座った状態でも広い範囲でブロックする
・スクリーン上部はオープンなため、空気の流れを遮らない
・パネルを吊り下げたまま、新しいスクリーンに交換可能
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ニチベイ
https://www.nichi-bei.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社ニチベイ(本社:東京都中央区、代表取締役:福岡勇之輔)は、飛沫感染防止対策に使える、吊り下げ移動式パネル『ユニガードムーヴ』を発売した。
 

 

■概要
天井のレールに沿ってパネルを移動し、さまざまなレイアウトに仕切ることが可能。使用しないときはたたみ込んで一カ所に格納できる。
また、スクリーン上部はオープンなため、空気の流れを遮らない。
 
■特長
・対面や側面をパネルで仕切ることで、飛沫感染対策に適している
・専用レールとランナーで多種のレイアウト設置が可能
・人が立った状態でも座った状態でも広い範囲でブロックする
・スクリーン上部はオープンなため、空気の流れを遮らない
・パネルを吊り下げたまま、新しいスクリーンに交換可能
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社ニチベイ
https://www.nichi-bei.co.jp/

このページの先頭へ




強い衝撃にも耐えられる複層ガラスであり、空き巣などの被害の防止や、台風時の飛来物・暴風によって窓が割れる恐れを排除する。避難所などの防災にも最適。ペアガラスの空気層に、透明樹脂板を挿入してある。(一財)建材試験センターでJIS R3108 P2A規格落球試験を実施し、3mの高さから4.1Kgの鉄球を3回落下させる試験を受け、結果は「貫通破損箇所なし」。省エネ効果も期待できる。
特許第6770723号。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社サンシバ複層
TEL:022-382-1051
http://www.sanshiba.jp/

このページの先頭へ




同タイプの従来品よりもさらに見た目をすっきりさせたいという要望に応えて開発された。嵌合アダプターがルーバー内部に入り込み取付部を見せない納まりのため、従来品と比較しフラットさがさらに際立つ。また、需要の多かった見付幅15mmのスタイリッシュなルーバーを嵌合型ルーバーとしては初めてラインアップした全6型が用意されている。仕上げ色はシルバーアルマイトと、木目オレフィンシート貼り7種がある。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社エービーシー商会
TEL:03-3507-7194
https://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード